fbpx
クレジットカード

<驚異のマイル交換率最大5%>アメックススカイトラベラーカードとスカイトラベラープレミアカードを徹底解説

こんにちは。RANDYです。「アメリカン・エキスプレス・カード」(通称アメックス)の中には、特にマイルを貯めることを重視したハイステータスカードがあります。

アメックススカイトラベラーカード

アメックススカイトラベラープレミアカード

です。

これらは、いずれもアメックスのステータス性や、数々の優れた特典を維持したまま、15社の航空会社のマイルポイント無期限で貯めることができ、さらに、27社の航空会社での航空券の購入、2社の旅行代理店での旅行商品の購入の際に、得られるポイントが3~5倍になります。

そのため、貯めたポイントをマイルに移行する場合、マイル交換率が、

驚異の5%(アメックススカイトラベラープレミアカード)

驚異の3%(アメックススカイトラベラーカード)

なります。

ANA VISAワイドゴールドカードのようなマイル交換率の優れたカードですら、年間決済額を300万円以上にしたり、リボ払いを併用したりなどの数々の裏技を駆使してマイルを交換しても1.648%が限界ですので、この3%や5%といったマイル交換率は、もはや異次元です。

そこで、アメックスの中でも、マイルを貯めることに関しては右に出るものは無い「アメックススカイトラベラーカード」と、その上位カードである「アメックススカイトラベラープレミアカード」に関して、それぞれを比較しながら、詳細に説明したいと思います。

また、現在、アメックスでは、ボーナスポイントキャンペーンを実施中です。
さらに、当ブログからの紹介で入会されると、さらに追加でボーナスポイントが得られるキャンペーンも行われています。
これらキャンペーンに関しても、詳細に説明いたします。




なお、アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードでマイルを交換できる15社を超えて、40社以上の航空会社のマイルを交換できるアメックスとしては、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン ・エキスプレス・カード」(通称SPGアメックス)が有名です。

このSPGアメックスも、素晴らしい特典がたくさん付帯しており、初年度から年会費を充分に上回る恩恵を受けることができます。

以下の記事でSPGアメックスの詳細に説明しておりますので、よろしければご覧くださいませ。

SPGアメックス 特典とキャンペーン情報 (2021年8月) ポイントでホテルも飛行機も無料!旅行をお得に!こんにちは。RANDYです。 今回は、RANDYが使用しているクレジットカードの中でも、不動のNo.1である「スターウッド プリフ...

このSPGアメックスを利用することにより、高級ホテルグループ「マリオットボンヴォイ」の全世界6700以上のホテルに無料宿泊できるポイントを貯めたり、これらのホテルの宿泊代金を大幅に安くすることが可能です。

<SPGアメックス>マリオットベストレート保証で大成功!驚異のホテル代60%オフ!申請方法のご紹介こんにちは。RANDYです。今回は、「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン ・エキスプレス・カード」(通称SPGアメックス)の...

それでは、「アメックススカイトラベラーカード」と、その上位カードである「アメックススカイトラベラープレミアカード」に関して、それぞれを比較しながら、詳細に説明いたします。

Contents

アメックススカイトラベラーカードとアメックススカイトラベラープレミアカードの比較① 申込資格、年会費等の概要

アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードは、いずれも本家アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッドが発行しているクレジットカードです。

アメックススカイトラベラーカードは、プロパーカードの中でも一般カードに位置づけられます。

一方、アメックススカイトラベラープレミアカードは、アメックススカイトラベラーカードの上位に位置づけられるカードです。
プロパーカードの中では、ゴールドカードに位置づけられます。

アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードの申込資格、年会費(本会員・家族会員)は以下のとおりです。

スカイトラベラー スカイトラベラープレミア
申込資格 ・原則として20歳以上
・日本国内に定住所があり、安定した収入がある方
・原則として20歳以上
・日本国内に定住所があり、安定した収入がある方
年会費 10000円+税 35000円+税
家族カード 5000円+税 17500円+税
入会ボーナス 3000ポイント 5000ポイント
ファーストトラベル
ボーナスポイント
5000ポイント 10000ポイント

アメックススカイトラベラーカードとアメックススカイトラベラープレミアカードの申込資格

アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードの申込資格は、いずれも20歳以上です。

そのため、安定した収入さえあれば、社会人1年目でも申し込むことができそうですね。

また、たとえば夫婦でアメックスに申し込む場合、一方が主婦(主夫)である場合などでも、他方に収入があれば、世帯収入の要件が満たされるため、申し込みが認められる可能性が高いようです。

また、当然ですが、信用情報(クレジットカードヒストリー)に不審な点やマイナス評価となる点が少ないことが前提となります。
支払の遅延や、他社への借り入れなどが多いと、申し込んでも審査を通過できない可能性があります。

申込資格は、

アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラーカードともに20歳以上

いずれも日本在住で安定収入(世帯収入)があれば申し込み可能

アメックススカイトラベラーカードとアメックススカイトラベラープレミアカードの年会費

アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードの年会費を説明いたします。

まず、アメックススカイトラベラーカードの年会費は、10000円+税です。
これは、世間一般の他のゴールドカードと同程度ですので、一般カードとしては高額といえます。

ただし、順に説明いたしますように、アメックスは、アメックススカイトラベラーカードであっても他社のゴールドカードに引けを取らないような数々の特典がありますので、この年会費は充分に元を取れる額です。

アメックススカイトラベラーカードの家族カードは、半額の5000円+税です。

一方、アメックススカイトラベラープレミアカードの年会費は、35000円+税です。

これは、他社のゴールドカードよりははるかに高額であり、場合によっては他社のプラチナカードと同程度です。
そのため、ゴールドカードの中でもトップクラスの年会費であるといえます。

ただし、こちらも、アメックススカイトラベラープレミアカードの特典は、他社プラチナカードでしか見られないような優れた特典(たとえばポイント有効期限なしや、マイル交換率5.0%、旅行先での手厚い補償内容等)が付帯しておりますし、こちらも年会費は充分に元を取れる額です。

アメックススカイトラベラープレミアカードの家族カードは、半額の17500円+税です。

年会費のポイント

アメックススカイトラベラーカード10000円+税

アメックススカイトラベラープレミアカード35000円+税

アメックススカイトラベラーカードとアメックススカイトラベラープレミアカードの入会ボーナスポイント

アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードともに、入会すると、ボーナスポイントが無料でもらえます。

アメックススカイトラベラーカードは、3000ポイントです。

アメックススカイトラベラープレミアカードは、5000ポイントです。

これらは、初年度年会費を支払ったのちにポイントとして加算されます。

アメックススカイトラベラーカード3000ポイントは、通常のカード利用であれば30万円分の決済が必要です。
また、アメックススカイトラベラープレミアカード5000ポイントは、通常のカード利用であれば50万円分の決済が必要です。

これらのポイントを無料で入手できますので、大変お得ですね。

入会ボーナスポイントとして、

アメックススカイトラベラーカード3000ポイント

アメックススカイトラベラープレミアカード5000ポイント

がもらえます。

アメックススカイトラベラーカードとアメックススカイトラベラープレミアカードのファーストトラベル・ボーナス

アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードともに、

・入会後1年以内に、対象の27社の航空会社の航空券を購入するか、

・対象の2社の旅行代理店の旅行商品を購入した場合に、

それぞれ「ファーストトラベル・ボーナス」として、ボーナスポイントがもらえます。

アメックススカイトラベラーカードは、5000ポイントです。
アメックススカイトラベラープレミアカードは、10000ポイントです。

対象となる27社の航空会社のは、以下のとおりです。

アシアナ航空

アリタリア-イタリア航空

エア タヒチ ヌイ

ANA

エールフランス航空

エティハド航空

エバー航空

エミレーツ航空

オーストリア航空

ガルーダ・インドネシア航空

カンタス航空

キャセイパシフィック航空

KLMオランダ航空

シンガポール航空

スイス インターナショナル エアラインズ

スカンジナビア航空

スターフライヤー

タイ国際航空

大韓航空

チャイナエアライン

デルタ航空

日本航空(JAL)

バニラエア

フィリピン航空

フィンランド航空

ブリティッシュ・エアウェイズ

ルフトハンザ ドイツ航空

特筆すべきは、ANAだけでなく、JALも含まれているということです。

これら27社が対象ですので、入会後に1年以内に国内や海外を問わず、飛行機に乗って旅行をすることにより、ほぼ確実にこのキャンペーンの条件は達成できそうです。

また、対象となる2社の旅行代理店は、以下のとおりです。

・日本旅行(ウェブサイトおよび日本旅行の全店舗)

上記対象航空会社の航空券、パッケージツアー、前払いで手配されるホテルなどの宿泊代金、JR・バスのチケットのご購入

・アップルワールド(アメックスカード会員様専用ウェブサイト)

前払いで手配されるホテルなどの宿泊代金

驚くべきことに、JRやバスのチケットを購入する場合も対象となっています。

そのため、飛行機を利用しないJRやバスを利用した国内旅行などに申し込む場合であっても、条件を達成することができます。

ファーストトラベル・ボーナスポイントとして、

入会後1年以内に、

・対象の27社の航空会社の航空券を購入するか、

・対象の2社の旅行代理店の旅行商品を購入することにより、

アメックススカイトラベラーカードは、5000ポイント
アメックススカイトラベラープレミアカードは、10000ポイント

がもらえます。

アメックススカイトラベラーカードとアメックススカイトラベラープレミアカードのお得な入会キャンペーン

現在、アメックス公式サイトでは、アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードともに、ボーナスポイントがもらえる入会キャンペーンを実施しています。

そして、アメックスでは、すでにアメックスのプロパーカードを所持している方からの紹介で入会することにより、利用額に応じたボーナスポイントをさらにもらえるキャンペーンを実施しています。

具体的には、アメックススカイトラベラーカードに入会する場合、当ブログからの紹介で入会すると、

当ブログからの紹介でアメックススカイトラベラーカードに入会すると

①ご紹介プログラム入会特典1

3000ボーナスポイント

②ご紹介プログラムご入会特典2

7000ボーナスポイン

(入会後3か月以内に計7万円のカード利用で7000ボーナスポイ

のポイントが得られます。

そして、アメックススカイトラベラーカードは、7万円のカード利用を、上で説明いたしました27社の航空会社の航空券の購入代金や、2社の旅行代理人の旅行商品の購入に利用すれば、3倍のボーナスポイントが得られますので、

7万円 = 2100ポイント

が得られます。

この時、ファーストトラベル・ボーナスとして5000ポイントももらえますので、

入会後、3か月以内に7万円を航空券代金等として決済すれば、

合計17100ポイント

が得られます。

得られた17100ポイントは、たとえばANAマイル17100マイルに交換したり、他社航空会社のマイルにも交換することができます。

一般に、マイルの価値は、少なくとも1マイル2円であるといわれていることから、この紹介プログラムによって入会しますと、アメックススカイトラベラーカードの場合、現金換算で

34200円分

もお得となります!

これは、年会費10000円をはるかに上回るほどの特典です!

17100ポイントは、通常のカード利用ですと、171万円を決済して獲得できるポイント数です。
このようなポイントを、たった7万円の決済だけで、獲得できるのですから、このキャンペーンがいかに優れているかご理解いただけると思います!

同様に、アメックススカイトラベラープレミアカードに入会する場合、当ブログからの紹介で入会すると、

当ブログからの紹介でアメックススカイトラベラープレミアカードに入会すると

①ご紹介プログラム入会特典1

5000ボーナスポイント

②ご紹介プログラムご入会特典2

15000ボーナスポイン

(入会後3か月以内に計15万円のカード利用で15000ボーナスポイ

のポイントが得られます。

そして、アメックススカイトラベラープレミアカードは、15万円のカード利用を、上で説明いたしました27社の航空会社の航空券の購入代金や、2社の旅行代理人の旅行商品の購入に利用すれば、5倍のボーナスポイントが得られますので、

15万円 = 7500ポイント

が得られます。

この時、ファーストトラベル・ボーナスとして10000ポイントももらえますので、

入会後、3か月以内に15万円を航空券代金等として決済すれば、

合計37500ポイント

が得られます。

得られた37500ポイントは、たとえばANAマイル37500マイルに交換したり、他社航空会社のマイルにも交換することができます。

一般に、マイルの価値は、少なくとも1マイル2円であるといわれていることから、この紹介プログラムによって入会しますと、アメックススカイトラベラープレミアカードの場合、現金換算で

75000円分

もお得となります!

これは、年会費35000円をはるかに上回るほどの特典です!

37500ポイントは、通常のカード利用ですと、375万円を決済して獲得できるポイント数です。
このようなポイントを、たった15万円の決済だけで、獲得できるのですから、このキャンペーンがいかに優れているかご理解いただけると思います!

なお、繰り返しますが、公式ページからの申し込みでは、入会ボーナスポイントの3000ポイントまたは5000ポイントしか得られません。
一方、当ブログからの申し込みにより、入会ボーナスポイントだけでなく、

アメックススカイトラベラーカードでは、

入会ボーナスポイント
3000ポイント

最大7000ポイント
(7000マイル、14000円相当)

7万円分利用の3倍ボーナスポイント
2100ポイント
(2100マイル、4200円相当)

ファーストトラベル・ボーナス
5000ポイント
(5000マイル、10000円相当)

合計17100ポイント
(17100マイル、34200円相当)

がもらえます。

一方、アメックススカイトラベラープレミアカードでは、

入会ボーナスポイント
000ポイント

最大15000ポイント
(15000マイル、30000円相当)

15万円分利用の5倍ボーナスポイント
7500ポイント
(7500マイル、15000円相当)

ファーストトラベル・ボーナス
10000ポイント
(10000マイル、20000円相当)

合計37500ポイント
(37500マイル、75000円相当)

がもらえます。

のボーナスポイントを獲得することができます!

この紹介制度利用して入会される方は、以下のリンクより、公式サイトへ移動してください。
これにより、紹介制度と利用して入会する場合と、まったく同じ条件で、お得に入会することができます。

アメックスお申込ページ(公式サイトへ移動)

ぜひ紹介キャンペーンを利用して、お得にご入会くださいませ。

アメックススカイトラベラーカードとアメックススカイトラベラープレミアカードの比較② ポイント制度の概要

アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードは、利用によって、いずれもアメックス独自のポイントプログラムである「メンバーシップ・リワード」のポイントが貯まります。

メンバーシップ・リワードで貯まるポイントの概要は、以下のとおりです。

スカイトラベラー スカイトラベラープレミア
ポイント制度 メンバーシップ・リワード メンバーシップ・リワード
ポイント還元率 1.0% 1.0%
ポイント有効期限 無期限 無期限
ポイント交換先 ・ANA、デルタ等15社の航空会社のマイル ・ANA、デルタ等15社の航空会社のマイル
マイル還元率 ・1%(1ポイント=1マイル)
・27社の航空会社の航空券を購入すると、3倍ボーナスポイント
・1%(1ポイント=1マイル)
・27社の航空会社の航空券を購入すると、5倍ボーナスポイント
マイル提携 ANA、デルタ等15社の航空会社 ANA、デルタ等15社の航空会社
マイル移行手数料 ANAのみ年間5000円+税が必要 ANAのみ年間5000円+税が必要

アメックススカイトラベラーカードとアメックススカイトラベラープレミアカードのポイント還元率

ポイント制度に関して、アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードとでは、差がありません。

ポイント還元率は、いずれも原則1%です。
100円(税込)の利用につき、1ポイントが貯まります。
税込で換算される点が、隠れたメリットですね。

アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードのポイント制度内容には差はなし!

そして、アメックススカイトラベラーカードは、上で説明いたしましたANAやJALを含む27社の航空会社の航空券を購入する際に利用すると、3倍のボーナスポイントが得られます。

アメックススカイトラベラープレミアカードは、上で説明いたしましたANAやJALを含む27社の航空会社の航空券を購入する際に利用すると、5倍のボーナスポイントが得られます。

そのため、これら27社の航空会社の航空券を購入する際に利用すれば、マイル交換率は、驚異の3%または5%です!

これは、現在有効なすべてのクレジットカードの中でも最高のマイル交換率です。
そのため、アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードは、マイル交換率に関しては世界No.1のクレジットカードです。

アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードを使えば、上で説明いたしました入会キャンペーンでのポイント獲得も合わせれば、とてつもない高効率でマイルを貯めることができます。

驚異のマイル交換率!

アメックススカイトラベラーカードは、マイル交換率3%

アメックススカイトラベラープレミアカードは、マイル交換率5%

アメックススカイトラベラーカードとアメックススカイトラベラープレミアカードのポイント有効期限とポイント交換先

アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードのポイント有効期限は、無期限です!

というのも、多くのアメックスカードは、「メンバーシップ・リワード・プラス」というポイントサービス(年間3000円+税(翌年以降は自動更新))に申し込むことにより、無期限に延ばすことができます。
そして、アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードは、この「メンバーシップ・リワード・プラス」の年会費が無料なのです。

そのため、アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードのポイントは、無期限になり、クレジットカードでの年間決済額の少ない方や、1年に数回しか飛行機に乗る機会のない方であっても、ゆっくりとポイントを貯めることができます。

貯まったポイントは、15社の航空会社のマイルに交換できますので、世界中のほぼすべての場所に、特典航空券でお得に旅行することができます。

アメックススカイトラベラーカードとアメックススカイトラベラープレミアカードの比較③ 旅行保険の概要

アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードは、とても手厚い旅行保険サービスを受けることができます。

保険に関する概要は、以下のとおりです。

スカイトラベラー スカイトラベラープレミア
海外旅行保険
付帯条件
利用付帯 利用付帯
海外旅行保険
死亡・後遺障害
3000万円 5000万円
海外旅行保険
傷害・疾病
100万円 100万円
海外旅行保険
携行品損害
30万円 30万円
海外旅行保険
救援者費用
200万円 200万円
国内旅行保険
傷害
2000万円 5000万円
乗継遅延費用保険金(国内・海外)
客室料・食事代
20000円 海外のみ 20000円 海外のみ
出航遅延費用等保険金(国内・海外)
食事代
20000円 海外のみ 20000円 海外のみ
受託手荷物遅延費用保険金(国内・海外)
衣料購入費等
20000円 海外のみ 20000円 海外のみ
受託手荷物紛失費用保険金(国内・海外)
衣料購入費等
40000円 海外のみ 40000円 海外のみ
キャンセルプロテクション 10万円
リターンプロテクション 30000円
カード盗難・紛失の際の緊急発行 あり あり

アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードともに、付帯保険がいずれも「利用付帯」です。
そのため、旅行代金等をアメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードで支払った場合には、上記の手厚い旅行保険の補償を受けることができます。

もしも海外で大きなけがや入院・手術などを行う必要があった場合には、莫大な治療費がかかる可能性があります。
このような場合に、アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードであれば、治療費を余裕をもって賄うことができるかもしません。

なお、海外で入院等になった場合、莫大な医療費がかかるおそれがあります。
そのため、アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードの上記補償額は、充分でないとお考えの方がいらっしゃるかもしれません。

そのように考えると、上記補償額は、アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードの唯一のウィークポイントになります。

そのような場合には、予備のクレジットカードを持参するか海外旅行前に、短期間の海外旅行保険に加入されることをお勧めいたします。
このような単位間の海外旅行保険は、よほど手厚い補償内容にしたとしても、1週間で1000~5000円程度です。
空港での保険の入会は、出国の直前に空港に設けられた保険会社のブースで手続きできますので、とても簡単です。

よほどのことがない限り、アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードの保険内容は、充分!

もし、それでも不安のある方は、他のクレジットカードで補うか、出国前に短期間の海外旅行保険に加入しましょう。

ANA VISAカード

また、カードの盗難・紛失時の緊急再発行は、アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードも対応しています。
この特典は、アメックスの目玉の1つであり、海外でも即日再発行をしてもらえるほど素早い対応のようです。

そのため、海外旅行に行く際には、やはりアメックスというブランドが信頼されるのでしょうね。

アメックススカイトラベラーカード、アメックススカイトラベラープレミアカードともに、航空便の乗り継ぎ遅延費用や手荷物の遅延・紛失にも手厚い保険適用あり

海外旅行中に、アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードも、航空便の乗継遅延や荷物の遅延・紛失が起こった時に、特に手厚い保険サービスを受けることができます。

そのため、アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードによって航空券を購入したり、ツアー旅行を申し込んだ場合には、海外旅行中に飛行機の乗継遅延が生じたことによって、急遽、宿泊を余儀なくされてしまったり、長時間の拘束によって食事を採らざるを得なくなることがあったとしても安心です。

このような臨時の出費に関し、2万円まで補償されます。

また、預けた荷物が到着遅延したり紛失された場合であっても、負担した衣類、生活必需品の購入費用が補償されます。
しかも、それぞれ最大2万円ずつまで補償されますので、多くの場合は、急遽新品の衣類や生活用品を購入しても間に合いますね。

このように、アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードともに、海外旅行中の急なトラブルに対して、とても手厚い補償が得られます。

できればこのような場面には遭遇したくありませんが、海外旅行でのロストバゲージは、割と起こりうることですので、もしもそのような場面に遭遇したとすると、本当に救われた気分になるでしょうね。

アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードともに、

海外旅行でのトラブルもしっかり補償!

乗継便の遅延やロストバゲージの際にも慌てることはありません!

アメックススカイトラベラープレミアカードは、急な旅行やコンサートのキャンセルもしっかり補償 「キャンセル・プロテクション」

この特典は、旅行だけではなく、コンサートのチケットにも適用があります。
急な病気やケガなどで旅行やコンサートをキャンセルせざるを得なくなった場合、ホテルや交通機関などのキャンセル費用が10万円まで補償されます。

このような特典は、アメックススカイトラベラーカードにはなく、アメックススカイトラベラープレミアカードの独自の特典です。
また、アメックス以外には見られないとても優れた特典です。

アメックススカイトラベラープレミアカードは、海外旅行だけでなく、コンサートチケットなどに対してもキャンセル費用が補償されます!

アメックススカイトラベラープレミアカードは、商品の返品もおまかせ 「リターン・プロテクション」

アメックススカイトラベラープレミアカードを利用して購入した商品に関し、何かの理由で返品を希望する場合に、購入点が返品を受け入れない場合であっても、購入日から90日以内であれば、購入金額の払い戻しを受けることができます。

1商品について3万円まで。年間15万円までの特典ですが、本来は返品できない商品を引き取ってもらえるため、いざというときは非常に助かります。

アメックススカイトラベラープレミアカードを利用すると、

・本来返品できない商品も返品、引き取りしてもらえます

アメックススカイトラベラーカードとアメックススカイトラベラープレミアカードの比較④ 空港や海外旅行先でのサービス

アメックスといえば、T&E(トラベル&エンターテインメント)カードの第一人者です。
そのため、アメックススカイトラベラープレミアカードはもちろんですが、アメックススカイトラベラーカードに関しても、空港でとても手厚いいサービスを受けることができます。

空港で受けることのできるサービスに関しては、以下のとおりです。

スカイトラベラー スカイトラベラープレミア
空港ラウンジの利用 ・29空港の空港ラウンジ
・同伴者1名無料
・29空港の空港ラウンジ
・同伴者1名無料
手荷物無料宅配 帰国時1回 無料
成田空港、中部空港、関西空港で利用可能
帰国時1回 無料
成田空港、中部空港、関西空港、羽田空港で利用可能
海外旅行先での日本語サポート グローバル・ホットライン オーバーシーズ・アシスト
ツアー旅行・宿泊優待サービス エクスペディア エクスペディア

アメックススカイトラベラーカード、アメックススカイトラベラープレミアカードともに空港ラウンジを利用可能

国内の主要な27空港と海外の2空港には、各航空会社の提携ラウンジのほか、主にゴールドカードを所持している方が利用することのできるカードラウンジがあります。

ゴールドカードを所持していない場合、1000~2000円程度を支払うことで入室することができます。

アメックススカイトラベラーカードまたはアメックススカイトラベラープレミアカードを持っていれば、その日のフライトチケットを提示することにより、カードラウンジに入室することができます。

カードラウンジは、主にソフトドリンクや軽食が置かれており、半個室のスペースにてゆっくりとフライトまでの待ち時間を過ごすことができます。

新聞、雑誌類が置かれていたり、パソコンが置かれているラウンジもあります。

中には、ビール等のアルコール類や、軽食を無料で提供しているラウンジもあるようです。

RANDYは、羽田空港のカードラウンジがお気に入りです♪
この羽田空港のラウンジは、朝はベーグルが無料で提供されます。
他にも、伊丹空港のラウンジは、朝はクロワッサンが提供されます。

なお、RANDYは、最初に取得したゴールドカードが、ANA VISAワイドゴールドカードでした。
このゴールドカードを取得した主な理由は、ANAの上級会員になるためにSFC修行を行う際に、ANAのマイルを大量に獲得するためでした。

ほかにも、実は、

空港でラウンジを利用したい!

という気持ちがありました。

なぜか分かりませんが、混雑する空港で、ゆっくりとラウンジで過ごすことが、とても優雅に見えたからです。

また、空港ラウンジの存在をよく知らないときに、空港ラウンジの入り口前を通る度に、「ここはどんなところなんだろう」といつも思っていました。

ゴールドカードを取得する理由は人それぞれだと思いますが、ラウンジを利用できるということは、1つの大きな魅力ではないでしょうか。

アメックスの場合、アメックススカイトラベラープレミアカードだけでなく、アメックススカイトラベラーカードであっても空港ラウンジを利用することができます。

これはとても魅力的なポイントだと思います。

そして、なんと!

同伴者1名無料

です。
これは、通常の他社ゴールドカードでも、なかなか見られない特典です。

カードラウンジは、通常、2歳以下の乳幼児でないと同伴入室できません。
しかし、アメックススカイトラベラーカードまたはアメックススカイトラベラープレミアカードがあれば、無条件で同伴者1名と一緒にカードラウンジに入室することができます。

そのため、夫婦で本会員と家族カードがあれば、子供2人を連れて4人で入室できます。

また、会社での出張などで、同僚と行動する際、もし仮に同僚がゴールドカードを所持していなかったとしても、同僚を誘って入室することができます。
一人だけカードラウンジに入るのも気が引けることがあるので、とても助かります。

アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードともに、

同伴者を連れて

空港ラウンジを利用することができます!

プライオリティパスは付帯なし

「プライオリティパス」とは、世界130か国の1200を超える空港に設けられた豪華ラウンジを利用することのできるサービスです。

このプライオリティパスは、通常は、99米ドル支払って「プライオリティパス・メンバーシップ」に登録する必要があり、これにより、1回あたり32米ドルを支払うことによって豪華ラウンジに入室することができます。

アメックスの場合、アメックスグリーンアメックスゴールドを所持していれば、このようなプライオリティパス・メンバーシップに、年会費無料で登録することができます。

そして、アメックスグリーンの場合、利用に際しては、1回あたり32米ドルが必要です。
一方、アメックスゴールドの場合、年2回までは、無料で利用することができます!

なお、アメックスグリーンアメックスゴールドに関しては、以下の記事で詳細に紹介しています。

<アメックスグリーン>初めての年会費有料クレジットカードはアメックスグリーンで間違いなし!こんにちは。RANDYです。クレジットカードは、年会費無料のものから10万を超える高額な年会費のものまで、さまざまなものがあります。 ...
<アメックスゴールド>海外旅行も食事も最大限楽しむならアメックスゴールドで間違いなし!こんにちは。RANDYです。社会人になって数年を経過するころ、そろそろ年会費無料のクレジットカードや一般カードだけでは満足できず、ゴール...

特に、アメックスの数々の素晴らしい特典を知るには、ベーシックなアメックスグリーンと、その上位カードであるアメックスゴールドを比較すると分かりやすいです。
以下の記事では、アメックスグリーンアメックスゴールドを詳細に比較しています。
アメックスの特典やメリットをご理解いただけると思います。
ご興味のある方はぜひご覧くださいませ。

<2021年8月最新版>アメックスグリーンとゴールドはどちらがおすすめ?はじめてアメックスを検討されている方へこんにちは。RANDYです。「アメリカン・エキスプレス・カード」(通称アメックス)は、誰もが知るハイステータスカードです。 アメッ...

一方、アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードには、プライオリティパスの特典が付帯しておりません。
そのため、海外での空港ラウンジの利用は、アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードのみを所持している場合は、難しいと考えられます。

ただし、上で説明しましたように、アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードは、海外旅行保険の補償内容が、人によっては他のクレジットカードを併用して補った方がよいかもしれません。

その場合、たとえば、SFC(スーパーフライヤーズカード)を海外旅行に持参することがおすすめです。

RANDYは、ANAのSFC修行を行い、ANA VISAワイドゴールドカードのSFC(スーパーフライヤーズカード)を所持しています。
そのため、プライオリティパスほどではありませんが、スターアライアンスゴールドメンバーの資格を有していますので、スターアライアンスの提携ラウンジは、いつでもで利用することができます。

たとえば、メキシコのメキシコシティ空港で、夜中のフライトを待っている間に、ラウンジでゆっくりと過ごすことができました。

<空港ラウンジ>メキシコシティ空港 グランドラウンジ・エリート(Grand Lounge Elite) レビューこんにちは。RANDYです。 今回は、メキシコシティ国際空港(ベニート・フアレス国際空港)にありますグランドラウンジ・エリート(Gra...

ほかにも、SFC修行でシンガポールに行った際に、シンガポール・チャンギ空港のSATS Premier Loungeや、タイのバンコクに行った際に、バンコク・スワンナプーム空港のMIRACLE Loungeというスターアライアンスの提携ラウンジを利用することができました。

SFC修行シンガポール編5夜景観賞後にプレミアムエコノミーで帰国しOKAタッチANA SFC修行の一環として、弾丸シンガポール旅行に行きました。 前の記事では、マリーナベイサンズ観光後、2度目の昼食として絶品...
SFC修行タイ編6(完結編) MBKでマッサージ スワンナプーム空港からプレミアムエコノミーで帰国+OKAタッチこんにちは。RANDYです。ANA SFC修行の一環として、弾丸タイ旅行に行きました。 さて、午前のアユタヤ観光、午後のバンコク三...

これらのラウンジでは、充分な食事や、アルコール類や各種ドリンクのサービスがあります。
インターネットのWi-Fi接続もできる場合がほとんどですので、出発の直前までゆっくりと過ごすことができますね。
また、いずれもシャワーが設置されており、フライト前にリフレッシュすることができます。

海外の空港では、まず確実に、スターアライアンスの提携ラウンジがありますので、SFCを所持していれば、豪華な空港VIPラウンジを利用することができます。

ANA VISAカード

また、たとえばANA VISAワイドゴールドカードの場合、以下のような補償が自動付帯で得られます。

ANA VISAワイドゴールドカード SFC
海外旅行保険
付帯条件
自動付帯 かっこ内は利用付帯の場合
海外旅行保険
死亡・後遺障害
1000万円 (5000万円)
海外旅行保険
傷害・疾病
傷害・疾病それぞれ150万円 (同じ)
海外旅行保険
携行品損害
50万円 (同じ)
海外旅行保険
救援者費用
100万円 (同じ)

このように、たとえばANA VISAワイドゴールドカードを併用すれば、傷害・疾病などでも150万円ずつ補強することができます。

アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードの補償内容と合算すると、250万円となりますので、かなり安心なところまで補償内容を充実させることができます。

アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードには、プライオリティパスの付帯は無し

SFCのANA VISAワイドゴールドカードなどの他のカードを併用して、空港ラウンジを利用しましょう。

これにより、アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードの唯一のウィークポイントである海外旅行保険の補償内容も補うことができます!

空港から手ぶらで自宅へ!手荷物無料宅配サービス

海外旅行の際、どうしてもスーツケースが大きくなり、重くて大変ですよね。

アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードともに、

帰国時は空港から自宅まで

スーツケース1個を無料で配送してもらえます。

対象となる空港が異なる点に注意が必要です。

アメックススカイトラベラーカードは、成田空港、中部国際空港(セントレア)、関西空港で、この手荷物無料宅配サービスを利用することができます。

一方、アメックススカイトラベラープレミアカードでは、成田空港、中部国際空港(セントレア)、関西空港に加え、羽田空港でも手荷物無料宅配サービスを利用することができます!

これらの3つ~4つの空港がカバーされていれば、大抵の海外旅行では利用することができそうです。

帰国後の疲れた状態で、大きなスーツケースを抱えて駅まで徒歩移動したり、混みあう電車などの公共交通機関を移動することを考えれば、このサービスはぜひとも利用したいですよね。

スーツケースの無料宅配は、他社のゴールドカードでも付帯していないことがほとんどですので、大変魅力的な特典ですね。

アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードともに、

・重いスーツケースを、「空港から自宅」まで無料宅配!

アメックススカイトラベラーカード、アメックススカイトラベラープレミアカードとも、海外旅行先で手厚い日本語サポートあり

アメックスを所持していると、海外旅行先での様々なことに関して、日本語サポートを受けることができます。

それぞれ、

アメックススカイトラベラーカードでは、「グローバル・ホットライン」

アメックススカイトラベラープレミアカードでは、「オーバーシーズ・アシスト」

という特典です。

このコンシェルジュサービスは、年中無休でフリーダイヤルから問い合わせることができます。

いずれも、至れり尽くせりなサービスであり、サービス内容には、たとえば以下のものが含まれます。

「グローバル・ホットライン」と「オーバーシーズ・アシスト」の共通サービス

・航空券の予約、発券等の手配

・ホテルなど宿泊施設の紹介、予約等

・レンタカーやリムジンサービスの案内、予約等

・ローカルツアーの案内予約等

・レストランの案内、予約等

・ゴルフコースの案内、予約等

・ミュージカル等のチケットの案内

・最寄りの日本大使館、領事館の案内

・アメリカン・エキスプレスのトラベル・サービス・オフィスの案内

・カード紛失・盗難、再発行の手続き

・パスポート、所持品の紛失・盗難時のサポート

・電話による簡単な通訳サービス

・通訳派遣の手配

・緊急メッセージの伝言サービス

・医師、歯科医、病院、弁護士の紹介

・海外旅行に関する保険金請求のサポート など

これらだけでも、海外で何か困ったことやお願いしたいことがあれば、ほぼすべての希望が叶うのではないでしょうか。

そして、アメックススカイトラベラープレミアカードに付帯している「オーバーシーズ・アシスト」は、上記に加え、さらに以下のような手厚いサービスがあります。

アメックススカイトラベラープレミアカード「オーバーシーズ・アシスト」のサービス

<メディカルサービス>

・24時間の電話医療相談、病院紹介

・病院の予約や入院の手配

・電話での日本語アシスト

・医療機関への信用保証

・上限5000米ドルの立替え資金援助

・家族への緊急連絡

・緊急移送、治療経過管理、帰国手配 など

<リーガルアシスタントサービス>

・緊急時の弁護士の紹介

・1件あたり上限1000米ドルまでの弁護士費用立て替え

・1件あたり上限1000米ドルまでの保釈金立て替え

・日本語通訳派遣の手配

アメックススカイトラベラープレミアカードの「オーバーシーズ・アシスト」では、このように、海外で深刻なトラブル(ケガや病気や犯罪)に巻き込まれた場合であっても、自分だけでなく、連絡先の家族も含めてアシストしてもらえます。

とりあえず、海外で何か困ったことがあれば、どんなことでも相談できそうです。

ここまで手厚く補償されるのであれば、海外旅行前の心配も少しは和らぎますね。
あとは、旅行を楽しむだけです!

アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードともに、

海外で困ったことがあれば、いつでも電話相談が可能!

アメックススカイトラベラープレミアカードの「オーバーシーズ・アシスト」なら、

万が一のケガ、病気、犯罪に巻き込まれても、具体的に助けてもらえます!

アメックススカイトラベラーカード、アメックススカイトラベラープレミアカードともにツアー旅行や宿泊優待サービスあり

アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードを利用してツアー旅行やホテル宿泊に申し込む際に、エクスペディアを利用すると、代金が8%割引されます。

通常、エクスペディアを利用してツアーやホテルを予約する場合、すでに充分に安くてお得な条件で予約できる場合が多いと思います。
アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードを利用すれば、そこからさらに割引を受けることができますので、大変お得ですね。

アメックススカイトラベラーカードとアメックススカイトラベラープレミアカードの比較⑤ エンターテイメント関連の特典あり

アメックスは、T&Eカードですので、旅行だけでなく、エンターテイメント関連でも多数の優れた特典を受けることができます。

たとえば、アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードを利用することにより、「チケット・アクセス」という特典を受けることができます。

「チケット・アクセス」では、音楽、演劇、スポーツ、イベント、アートなど、様々なエンターテイメントのチケットを、一般販売よりも前に良席を予約できたりします。

お気に入りの海外アーティストの来日公演など、確実にチケットを抑えたい場合には、とても助かりますね!

アメックススカイトラベラーカードとアメックススカイトラベラープレミアカードのお得な入会キャンペーン

現在、アメックス公式サイトでは、アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードともに、ボーナスポイントがもらえる入会キャンペーンを実施しています。

そして、アメックスでは、すでにアメックスのプロパーカードを所持している方からの紹介で入会することにより、利用額に応じたボーナスポイントをさらにもらえるキャンペーンを実施しています。

具体的には、アメックススカイトラベラーカードに入会する場合、当ブログからの紹介で入会すると、

当ブログからの紹介でアメックススカイトラベラーカードに入会すると

①ご紹介プログラム入会特典1

3000ボーナスポイント

②ご紹介プログラムご入会特典2

7000ボーナスポイン

(入会後3か月以内に計7万円のカード利用で7000ボーナスポイ

のポイントが得られます。

そして、アメックススカイトラベラーカードは、7万円のカード利用を、上で説明いたしました27社の航空会社の航空券の購入代金や、2社の旅行代理人の旅行商品の購入に利用すれば、3倍のボーナスポイントが得られますので、

7万円 = 2100ポイント

が得られます。

この時、ファーストトラベル・ボーナスとして5000ポイントももらえますので、

入会後、3か月以内に7万円を航空券代金等として決済すれば、

合計17100ポイント

が得られます。

得られた17100ポイントは、たとえばANAマイル17100マイルに交換したり、他社航空会社のマイルにも交換することができます。

一般に、マイルの価値は、少なくとも1マイル2円であるといわれていることから、この紹介プログラムによって入会しますと、アメックススカイトラベラーカードの場合、現金換算で

34200円分

もお得となります!

これは、年会費10000円をはるかに上回るほどの特典です!

17100ポイントは、通常のカード利用ですと、171万円を決済して獲得できるポイント数です。
このようなポイントを、たった7万円の決済だけで、獲得できるのですから、このキャンペーンがいかに優れているかご理解いただけると思います!

同様に、アメックススカイトラベラープレミアカードに入会する場合、当ブログからの紹介で入会すると、

当ブログからの紹介でアメックススカイトラベラープレミアカードに入会すると

①ご紹介プログラム入会特典1

5000ボーナスポイント

②ご紹介プログラムご入会特典2

15000ボーナスポイン

(入会後3か月以内に計15万円のカード利用で15000ボーナスポイ

のポイントが得られます。

そして、アメックススカイトラベラープレミアカードは、15万円のカード利用を、上で説明いたしました27社の航空会社の航空券の購入代金や、2社の旅行代理人の旅行商品の購入に利用すれば、5倍のボーナスポイントが得られますので、

15万円 = 7500ポイント

が得られます。

この時、ファーストトラベル・ボーナスとして10000ポイントももらえますので、

入会後、3か月以内に15万円を航空券代金等として決済すれば、

合計37500ポイント

が得られます。

得られた37500ポイントは、たとえばANAマイル37500マイルに交換したり、他社航空会社のマイルにも交換することができます。

一般に、マイルの価値は、少なくとも1マイル2円であるといわれていることから、この紹介プログラムによって入会しますと、アメックススカイトラベラープレミアカードの場合、現金換算で

75000円分

もお得となります!

これは、年会費35000円をはるかに上回るほどの特典です!

37500ポイントは、通常のカード利用ですと、375万円を決済して獲得できるポイント数です。
このようなポイントを、たった15万円の決済だけで、獲得できるのですから、このキャンペーンがいかに優れているかご理解いただけると思います!

なお、繰り返しますが、公式ページからの申し込みでは、入会ボーナスポイントの3000ポイントまたは5000ポイントしか得られません。
一方、当ブログからの申し込みにより、入会ボーナスポイントだけでなく、

アメックススカイトラベラーカードでは、

入会ボーナスポイント
3000ポイント

最大7000ポイント
(7000マイル、14000円相当)

7万円分利用の3倍ボーナスポイント
2100ポイント
(2100マイル、4200円相当)

ファーストトラベル・ボーナス
5000ポイント
(5000マイル、10000円相当)

合計17100ポイント
(17100マイル、34200円相当)

がもらえます。

一方、アメックススカイトラベラープレミアカードでは、

入会ボーナスポイント
000ポイント

最大15000ポイント
(15000マイル、30000円相当)

15万円分利用の5倍ボーナスポイント
7500ポイント
(7500マイル、15000円相当)

ファーストトラベル・ボーナス
10000ポイント
(10000マイル、20000円相当)

合計37500ポイント
(37500マイル、75000円相当)

がもらえます。

のボーナスポイントを獲得することができます!

この紹介制度利用して入会される方は、以下のリンクより、公式サイトへ移動してください。
これにより、紹介制度と利用して入会する場合と、まったく同じ条件で、お得に入会することができます。

アメックスお申込ページ(公式サイトへ移動)

ぜひ紹介キャンペーンを利用して、お得にご入会くださいませ。

アメックススカイトラベラーカードとアメックススカイトラベラープレミアカードの比較まとめ

以上、いかがでしたでしょうか。
アメックススカイトラベラーカードアメックススカイトラベラープレミアカードは、いずれもアメックスの優れた特典を維持しつつ、爆発的な高効率でマイルを貯めることができます。

アメックススカイトラベラーカードでは、27社の航空会社の航空券を購入することにより、3倍のボーナスポイントが得られます。

また、アメックススカイトラベラープレミアカードでは、5倍のボーナスポイントが得られます。

貯めたポイントには有効期限が無く、無期限で貯めることができますので、旅行の機会が少ない方でも、コツコツとポイントを貯めて、数年に一度のファーストクラスでの海外旅行も可能です。

そして、アメックススカイトラベラーカード倍ボーナスポイントや、アメックススカイトラベラープレミアカードの5倍ボーナスポイントは、航空券だけでなく、旅行会社で申し込んだツアーのツアー代金を支払う場合でも適用されます。

そのため、航空券購入だけでなく、JRやバスの交通費でもマイルを貯めることができるのがとても魅力的です。

唯一のウィークポイントと考えられる海外旅行保険の補償内容に関しては、出国前に短期間の海外旅行保険に加入したり、他のクレジットカード(たとえばSFCのANA VISAワイドゴールドカード)を併用することにより、充分に補うことができます。

そのため、年会費のコストをなるべく抑えたい方や、旅行の機会が少ないけれども、確実にマイルを貯めていきたい方は、アメックススカイトラベラーカードがおすすめです。

一方、5倍ボーナスポイントやラウンジサービスなどの優れた特典を満喫したい方や、旅行の機会が年に数回以上であったり、飛行機だけでなくJRやバスでの旅行の機会もある方は、アメックススカイトラベラープレミアカードがおすすめです。

どちらのカードも、年会費をはるかに上回る優れた特典を受けることができます。

ぜひ、お得な入会キャンペーンを利用してご入会され、いち早く、どんどんとアメックスの優れた特典を享受してみてください。

ご検討中の皆様にとって、最適なアメックスが見つかりますように。

アメックスお申込ページ(公式サイトへ移動)

RELATED POST