fbpx
クレジットカード

ANA VISA ワイドゴールドカードを徹底解説!マイルを大量にゲットする裏技、キャンペーン情報も

こんにちは。RANDYです。今回は、RANDYがANAマイルを大量にゲットするために利用している「ANA VISAワイドゴールドカード」というクレジットカードを紹介したいと思います。

また、このクレジットカードは、記念すべき1枚目のゴールドカードでもあり、かつ、現在ではSFC(スーパーフライヤーズカード)に変更して利用し続けています。

なお、SFCの特典や入会方法に関しては、以下の記事に詳細にまとめていますので、よろしければご覧くださいませ。

【2021年にSFC修行をされる方へ】ANA スーパーフライヤーズカード(SFC)会員の特典、SFC入会方法を徹底解説!こんにちは。RANDYです。 今回は、2021年にSFC修行をされる方や、そもそもSFCとは何かよく分からない方に向けて、SFC(スー...

このANA VISAワイドゴールドカードのすごいところは、通常の利用でも、もちろんANAマイルがどんどん貯まりますが、リボ払いの支払方法を工夫したりソラチカカードと併用しつつ、貯まったポイントをANAマイルに変換するときに工夫することにより、得られるマイル数が大幅に増加します

さっそく、そのための利用方法、裏技を徹底的に紹介しますね。

 

【DMM FX】入金

Contents

ANA VISA ワイドゴールドカードとは

ANA VISAワイドゴールドカードは、数あるANAカードの中でも、三井住友カードと提携して発行しているANAカードです。また、ANA VISAカードは3種類(一般カード、ゴールドカード、プラチナ(プレミアム)カード)ありますが、その中で中間に位置するカードです。

そのため、ANAゴールドカードの特典だけでなく、三井住友ゴールドカードの特典も併せてることができます。

カードブランドは、VISAです。VISAは、全クレジットカードブランドのうち、売上高の約半分を占めています。そのため、このカードは、日本はもちろん、世界中のあらゆる場所で利用することができ、まず1枚は持っておいて間違いないといえるでしょう。

電子マネーの支払いに対応しており、楽天EdyiDを利用することができます。

年会費は14,000円(税抜)です。家族カードもあり、本会員よりも安く発行することができ、年会費が4,000円です。なお、これらの年会費は、いわゆる定価であり、付帯サービスを申し込むことにより、それぞれ、本会員カードが9,500円家族カードが2,500円まで安くなります。

具体的には、紙ではなくWEB明細を利用することにより、次年度以降は1,080円安くなります
また、リボ払いに登録して、年1回以上利用すればさらに3,500円安くなります

その結果、年会費を10,000円以下に抑えることができます。

なお、リボ払いは手数料が高いので、本来、全額を払うことができる場合には不要かもしれません。
しかし、後で詳しく説明いたしますように、リボ払いの手数料が1円以上になるように、毎月のリボ払いの支払額を増額すれば、わずか1円とか数円とかの手数料しか発生させずに、大幅に毎月に得られるポイント数を増やし、これによって得られるマイル数も増やすことができるのです。

そのため、リボ払いの登録は、年会費を抑えるだけでなく、大量のマイルを得るためにも必須となります。

 

EPOSカード

毎月の決済額によって得られるポイント(ワールドプレゼントポイント)について

ANA VISAワイドゴールドカードは、決済額1000円ごとに、「ワールドプレゼントポイント」というポイントが貯まります。

なんと、このワールドプレゼントポイントは、「税抜」ではなく、「税込」の決済額を基準に付与されるのです!

そのため、普段の買い物で、利用額に対して付与されるポイントが分かりやすいだけでなく、高額の買い物をした場合には、消費税分のポイントも獲得できるので、とてもお得ですね!

また、「ワールドプレゼントポイント」は、電気代・水道代・ガス代・携帯電話料金、各種保険料の支払いなどにカード決済する場合にも付与されます。

そのため、毎月の保険料の支払いなどをカード決済にすれば、毎月多くのポイントが確実に貯まりますね

貯まったワールドプレゼントポイントは、3年間有効です。

この間に、ワールドプレゼントポイントを、ANAマイルや各種ポイントサイトのポイントに移行したり、商品の購入に利用したりすることができるので、3年間を経過してポイントが無くなることはほぼありません。

たとえば、ANAマイルに移行すれば、ANAマイルの有効期限が3年ですので、より長くポイントを生かし続けることができます

ポイントサイトを経由してからANAマイルに移行すれば、ポイントサイトでの有効期限がさらに追加されるので、さらに有効期限を延ばすことができます。

さらに、ポイントサイトによっては、他のポイントサイトのポイントに等価交換できる所もあるので、複数のポイントサイトを経由させることにより、ポイントを減らすことなく、有効期限を延ばすことができます。

このように、多くのポイントを貯めて、短期間のうちにANAマイルに移行すれば、数万~数十万マイルを獲得することも可能です。

家族で国際線のビジネスクラスの特典航空券を取り、お得に優雅に家族旅行に行くことも可能ですね。

RANDYは、昨年、マイルでエコノミークラスからビジネスクラスに2回アップグレードしました

初めてのビジネスクラスでしたが、素晴らしいサービスを受けることができ、これからもずっと1年に1回はビジネスクラスで旅行に出かけたいと思います。

ビジネスクラスの搭乗レビューは、以下の記事に詳細に記載していますので、よろしければご覧くださいませ。

ANA最長路線!メキシコシティ-成田 14時間20分 ビジネスクラス搭乗レビュー プラチナメンバー達成記念フライト ANA NH179こんにちは。RANDYです。 9月に仕事でメキシコのカンクンに出張しました。カンクンからの復路はメキシコシティを経由しました。 ...
成田-ヒューストン 初のビジネスクラス搭乗レビュー ANA NH174こんにちは。RANDYです。 9月に仕事でメキシコのカンクンに出張しました。 カンクンへの往路はアメリカのヒューストンを経由して...

 

JCBオリジナルシリーズ

 ANAマイルへの移行手数料が無料!

貯まったワールドプレゼントポイントをANAマイルに交換する場合、「一般カード」は10マイルコースと5マイルコースの2つがあります。

10マイルコースは、1ポイントが10マイルと交換できるためお得に思えますが、この場合、「マイル移行手数料」として1年ごとに6000円かかります。

一方、ANA VISAワイドゴールドカードの場合、マイル移行手数料が無料であり、かつ、1ポイントあたり10マイルと交換することができ、とてもお得です。

リボ払いを行うことにより、マイル付与率が0.3%増えます

ANA VISAワイドゴールドカードには、「マイ・ペイすリボ」というサービスがあります。
このサービスは、毎月にリボ払いとして支払う額を指定しておくことにより、毎月の支払額が一定額以上とならないように支払額を自動的に調整するサービスです。

たとえば、毎月のリボ払いの上限額を30000円にしておくと、その月のカード利用額が50000円だった場合、そのうちの30000円のみを翌月に支払い、残った20000円にはリボ払い手数料がかかりますが、翌月に支払うことができます。

これにより、毎月の支払い負担を軽減する効果があります。

また、リボ払いの手数料は、通常よりも高いので、支払いに余裕がある場合は、支払額の増額を申請して、全額または一部を支払うこともできます。

このリボ払いを行うことにより、「リボ払い手数料」が発生した月は、「ワールドプレゼントポイント」とは別に、「ボーナスポイント」というポイントがさらに付与されますボーナスポイントは1ポイントあたりANAマイルでは3マイルに交換することができます。

そのため、「ワールドプレゼントポイント」と「ボーナスポイント」によって、1000円のカード決済額あたり、13マイルが得られるのですこれは、マイル還元率が1.3%であることを意味します。凄まじい高還元率です。

また、このリボ払いのサービスは、驚くべきことに、リボ払いの手数料が1円でも発生した場合に、「ワールドプレゼントポイント」が獲得できるのです。
すなわち、上での例では、その月のカード利用額が50000円だった場合、そのままでは、そのうちの30000円のみを翌月に支払い、残った20000円にはリボ払い手数料がかかります。
これに対し、リボ払い金額の増額を行うことにより、翌月の支払額を49000円にすることができます。この場合、残った1000円に対してしかリボ払い手数料がかからず、かつ、ボーナスポイントに関しては、50000円に対して付与されるのです

このように、数十円か数百円にだけリボ払い手数料が発生するようリボ払い額を臨時増額すれば、実質的には数円しかリボ払い手数料を発生させるだけでボーナスポイントを丸々獲得でするのです

なお、初回支払い日が10日の場合は、必ず500円以上残す必要があります。
これは、ANA VISAワイドゴールドカードのリボ払いの金利が15%であり、初回の金利が発生する日数が5日間が基本となるためです。
こまかな計算は面倒ですし、万が一のことを心配するのがいやなので、最初は、1000円程度に対してリボ払い手数料が発生するよう臨時増額すれば、煩わしくもなく、安心ですね

 

ANAJCBカード

年間の利用額に応じてステータスが決まります

ANA VISAワイドゴールドカードは、年間の利用額に応じて、V1~V3というステータスが得られます。
これによって、翌年度のポイント付与率が上がります。

ここで得られるボーナスポイントも、1ポイント当たりANAマイルであれば3マイルに移行することができます。

その結果、最高のV3ステージのステータスが得られれば、年間のマイル付与率を、1.48%まで上昇させることができます

<裏技!>ソラチカカードとの併用(ソラチカルート)でマイル付与率を最大約1.648%まで増加させることができます!

ここからは裏技です!
ANA VISAワイドゴールドカードボーナスポイントは、裏技を使うことにより、さらにマイル付与率を向上させることができます。

それは、ポイントサイトと、「ANA To Me CARD PASMO JCB」(通称ソラチカカード)との併用です。

(1)まずは「G-Point」のポイント(Gポイント)に交換します

まずは、ボーナスポイントを、有名なポイントサイトである「G-Point」のポイント(Gポイント)に交換します。

1ボーナスポイントは、通常、「G-Point」では、5Gポイントに交換することができます。

これにより、10,000ボーナスポイントは、50,000Gポイントに交換されます

このように、「G-Point」は、ANA VISAワイドゴールドカードのマイル交換率をアップさせるために必須です。
また登録されていない方は、ぜひご登録くださいませ!

Gポイント

(2)Gポイントを、「LINE」のポイント(LINEポイント)に交換します

次に、Gポイントは、「G-Point」のポイント交換先として提携されている「LINE」のポイント(LINEポイント)に交換することができます。

この時の交換レートは、等価交換です。

そのため、50,000Gポイントは、50,000LINEポイントに交換されます。

(3)LINEポイントを、「東京メトロ」のポイント(メトロポイント)に交換します

さらに、LINEポイントは、「LINE」のポイント交換先として提携されている「東京メトロ」のポイント(メトロポイント)に交換することができます。

この時の交換レートは、90%です。

そのため、50,000LINEポイントは、45,000メトロポイントに交換されます。

(4)メトロポイントを、ANAマイルに交換します

最後に、メトロポイントは、「東京メトロ」のポイント交換先として提携されているANAのマイルに交換することができます。
そして、この交換を行うためには、「ANA To Me CARD PASMO JCB」(ソラチカカード)が必要なのです。

この時の交換レートは、90%です。

そのため、45,000メトロポイントは、40,500マイルに交換されます。

以上をまとめると、10,000ボーナスポイントが、40,500マイルに交換されますので、マイル付与率は、0.405%となります。

その結果、さきほど上で説明しましたステータス(V1~V3)による優遇率が合わさって、最終的なANAマイル付与率は、

・V1(前年50万円以上利用)では、約1.486%

・V2(前年100万円以上利用)では、約1.527%

・V3(前年300万円以上利用)では、約1.648%

まで増加させることができます。

なお、ソラチカカードは、2,000円の年会費がかかります。
ただし、マイル付与率を増加させるためには必須であり、かつ、ソラチカカードのカード更新時には毎年1,000マイルがもらえます

そのため、年会費を支払ってでも、ソラチカカードを取得して、上記ルート(ソラチカルート)でマイル付与率を増加させるメリットは、充分にあります

ANAJCBカード

なお、このソラチカカードは、ANAマイルを大量ゲットするのに最適です。
以下の記事で、ソラチカカードの特典、年会費やキャンペーン情報を徹底解説しておりますので、よろしければご覧くださいませ。

https://randy-blog.com/creditcard/ana-soratika

https://randy-blog.com/creditcard/ana-soratika-newservice20190416

飛行機に乗るたびに、得られるマイルが25%アップします

ANA VISAワイドゴールドカードを持っていれば、飛行機に乗った際に得られるマイルが25%アップします。
対象となるフライトは、ANA便だけでなく、ANAが加盟しているスターアライアンス加盟航空会社を含めた提携航空会社すべてです。

なお、搭乗者がダイヤモンドメンバーやプラチナメンバー等の上級会員である場合、もともと、マイルが加算されます。

この場合は、より高いほうである加算率が適用されます。

 

カード入会時と継続時にもボーナスマイルがもらえます

ANA VISAワイドゴールドカードは、入会時継続時(更新時)に、ボーナスマイルとして、2,000マイルが無条件でもらえます
また、ANAの上級会員であるダイヤモンドメンバーやプラチナメンバーであれば、さらに2,000マイルがもらえます。

一般に、カード決済で2,000マイルを獲得するためには、単純計算で20万円の決済が必要となります。
そのため、確かにANA VISAワイドゴールドカードは、年会費が9,500円かかるのですが、2,000マイルを獲得するためにかかるコストを考えれば、このANA VISAワイドゴールドカードを所持するだけで2,000マイルが得られるので、これだけでも充分に元が取れていますね。

ポイントUPモールを経由してAmazonや楽天で買い物をすると、ワールドプレゼントポイントが倍増します

VISAカードのウェブサイト(ポイントUPモール)を経由してAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング等で買い物をすることができます。

この際、得られるワールドプレゼントポイントが、通常の2~20倍となります。
Amazonや楽天などで買い物をすることが多ければ多いほど、普段よりも多くのポイントが得られるので、とてもお得ですね。

電子マネーのiDを利用することができます

ANA VISAワイドゴールドカードは、電子マネーのiD(アイディー)を利用することができます。

iDは、ファミリーマートやセブンイレブンなどの大手のコンビニや、多くのレストラン、カフェ等でも採用されている電子マネーです。マクドナルド等のファストフードでも利用することができます。

専用の端末にかざすだけで支払いが完了しますので、とても便利です。

もちろん、iDで決済した分にも、ポイントが付与されます

 

空港ラウンジを利用することができます

多くのゴールドカードと同様に、ANA VISAワイドゴールドカードを所持していれば、国内の主要空港のラウンジ(カードラウンジ)を無料で利用することができます

ラウンジの入り口で、カードと当日の搭乗券を提示するのみです。

多くのラウンジでは、コーヒーやジュース等のソフトドリンクが無料で飲め、用意されている新聞や雑誌を自由に閲覧できます。また、つまみなどのスナックが用意されているラウンジもあります。

さらに、羽田空港では、朝の時間帯には、無料のベーグルがサービスされます。
同様に、伊丹空港では、無料のクロワッサンをもらうことができます。

そのため、余裕をもって空港に到着した後、搭乗までの時間をゆっくりと過ごすことができます。

ANA VISAワイドゴールドカードのその他の特典について

ANA VISAワイドゴールドカードは、以下の特典を受けることができます。

ビジネスクラス専用チェックインを利用することができます

空港でのチェックイン時に、エコノミークラスを利用する場合であっても、ビジネスクラスのチェックインカウンターを利用することができます。

海外旅行では、スーツケースなどの大きな荷物をもったままチェックインをする必要があります。
また、小さな子供が一緒にいる場合などは、列に長時間並ぶことは大変です。

そのため、この特典があれば、すぐに荷物を預けることができ、列に並ぶこともほとんどありませんので、たいへんお得です。

 

IHGのホテル利用時に、宿泊代金の割引、朝食無料、ウェルカムドリンクのサービスを受けることができます

ANAは、IHG(InterContinental Hotels & Resorts)のホテルグループと提携しているので、これらのホテルに宿泊する場合には、ホテルの宿泊代金が5%割引となります。

また、朝食無料サービスや、ウェルカムドリンクをいただくこともできます。

RANDYは、たとえば、「ANA ホリデイ・イン リゾート宮崎」に家族4人で宿泊した際に、IHG特典としてホテル内のレストランやバーで利用することのできるウェルカムドリンクのチケットを2枚もらえました。また、ANA VISAワイドゴールドカードを所持していたため、ウェルカムドリンクのチケットをさらに2枚もらえました

その結果、RANDYは、SFCの家族会員である妻の分も合わせて合計4枚のウェルカムドリンクをもらうことができ、夜に子供たちを連れて、バーでゆっくりと過ごすことができました。

ANA銀聯カードを発行することができます

ANA VISAワイドゴールドカードを発行する際に、ANA銀聯カードも同時に発行することができます。

この銀聯(ユニオンペイ)ブランドは、主に中国で利用されているクレジットカードです。
日本でも、加盟店が増えてきているので、利用することができます。

ただし、ANAマイルへの交換率を考えると、ANA VISAワイドゴールドカードで決済することが多いと思います。
そのため、このANA銀聯カードは、あまり国内では利用する場面がないかもしれません。

それでも、このANA銀聯カードを発行するメリットは、これだけではありません。
実は、三井住友VISAカードのキャンペーンで、銀聯カードで決済することにより、大量のポイントが得られるキャンペーンが度々行われるのです。

そのため、ANA VISAワイドゴールドカードを申し込む際に、ANA銀聯カードのキャンペーンもやっていれば、ぜひ申し込むことをお勧めします。

ANA銀聯カードは、年会費が無料ですが、新規入会時に2,000円のカード発行手数料がかかります。
ただし、このカード発行手数料に関しても、無料キャンペーンが度々行われます。

なお、5年後の更新時には、1,000円の更新手数料がかかります。
もしも不要の方は、5年以内に要否をご判断されてはいかがでしょうか。

 

ショッピング保険、海外旅行保険に自動的に加入されます

ANA VISAワイドゴールドカードは、カード決済して購入した商品に対して、年間300万円までのショッピング保険がかけられます。

300万円もあれば、よほど高額な商品でない限り、ほぼすべての購入した商品に関して保険でカバーされると考えてよいので、とても優れた特典であるといえます。

また、海外旅行傷害保険が自動付帯されます。
旅行代金等をカードで決済する必要はありませんので、会社の出張などでも適用されますね。

国内の航空機遅延保険が自動付帯します

搭乗した航空便が遅延したり、手荷物が遅延した場合等によって、目的地に向かうことができず、ホテルに宿泊する必要が生じた場合などに、ホテルの客室料金(上限2万円)、食事代(上限1万円)、衣料購入費(上限1万円)等が補償されます

このような場面に遭遇したことは、幸いまだありませんが、困ったときに助けてもらえるのはとてもありがたいですね。

ANA VISAワイドゴールドカードの入会審査基準について

ANA VISAワイドゴールドカードは、入会に審査が必要です。

ただし、それほど困難な審査条件ではありません。

一般には、安定的な収入があり、勤続年数が長いほど有利です。年齢は30歳以上が目安ともいわれていますが絶対条件ではないようです。

また、これまでのクレジットカードやカードローン、消費者金融等の支払いに遅延等があった場合、履歴(いわゆるクレジットカードヒストリー、クレヒス)が悪くなりますので、審査に不向きになるといわれています。

なお、支払いの遅延に関しては、支払遅延後にカード会社から通知される期限内に支払えば問題ありません。

この過去の履歴は、一般に5年を経過すると記載が消滅します。
そのため、大昔に支払いの遅延があったとしても、それだけは原因でANA VISAワイドゴールドカードの審査に落ちることはありません。

 

ANA VISAカード(一般カード)との比較

ANA VISAカードには、ワイドゴールドカードのほか、一般カードやプレミアムカード(プラチナカード)もあります。

一般カードは、年会費が安くなりますが、一部の付帯サービスが無くなったり、グレードが低下します。
また、ANAマイルにワールドプレゼントポイントを移行する際に、マイル移行手数料が6,000円かかります。

そのため、一般カードでは、年会費の差額と同程度にマイル移行時のコストが生じます。
したがって、付帯サービスを考慮すれば、一般カードよりも、ANA VISAワイドゴールドカードを申し込むほうが多くのメリットがあります。

ANA VISAワイドゴールドカードのまとめ

ANA VISAワイドゴールドカードは、リボ払いを登録し、ウェブ明細サービスを申し込むことにより、年会費が9,500円になる、ゴールドカードの中ではとても安価なカードです。

これまでゴールドカードを所持していなかった方にとって、「年会費が高い」等のゴールドカードのイメージを変えることができたかと思います。
RANDYも、35歳を超えた頃に、何となくゴールドカードの1枚は持っておいてもよいかと思っていましたが、ANA VISAワイドゴールドカードが、これほどお得に所持でき、かつ、優れた特典のあるカードとは知りませんでした。
今では、一生持ち続けるカードであると思っています。

リボ払いを駆使して獲得ポイントを増やすことができ、前年度の利用額によるステータスと、「ソラチカルート」によるポイントの移行を駆使することにより、マイル付与率を最大でが1.648% まで増加させることができます

このマイル付与率は、すべてのANAカードの中でも最高です。

普段の生活でも、保険料等の支払いを集約させることにより、驚くほどポイントが貯まりやすく、結果として大量のマイルを安定的に獲得することができます。

サービスに関しても、空港でのカードラウンジを利用できたり、チェックイン時にビジネスクラスカウンターを利用できるなど、非常に利便性が高いです。

また、ソラチカカードとの2枚持ちによって、劇的に獲得マイル数を増やすこともできます。

EPOSカード

貯まったマイルで特典航空券に交換できますし、提携先であるIHG・ANAホテル等に宿泊すれば、宿泊料金を割引されますし、朝食無料ウェルカムドリンクのサービスを受けることもできます。

現在も、入会キャンペーンが実施されており、さっそく大量のANAマイルを獲得することも可能です。

そのため、これまでは飛行機に滅多に乗らなかった方であっても、これを機に、安定的にANAマイルを獲得し、お得な旅行を計画されてはいかがでしょうか。

 

【DMM FX】入金

RELATED POST