fbpx
航空券・マイルお得情報

ANA最新ビジネスクラスを体験!追加料金なし!ANA国内線で国際線のビジネスクラスの座席を取る方法

こんにちは。RANDYです。実は、先日、伊丹空港から成田空港に向かう国内線で、偶然にも国際線仕様の飛行機に乗ることができました。

さらに!偶然ですが、前側の座席を指定していたため、幸いにも国際線ビジネスクラスの最新ビジネススタッガードシートに座ることができました!

わずか1時間のフライトでしたが、何度もフルフラットにシートを倒し、優雅な気分を満喫することができました♪

どうやら、ANAでは、ごく一部の国内線において、機材の関係上、国際線仕様の機材で運航されている便があるようです。
そして、このような国際線仕様の国内線では、前方の座席を指定することができれば、ビジネスクラスファーストクラスの座席を、国内線でも体験できるようです。

そこで、このような国際線仕様の機材が、いつ飛んでいるのか調べてみました。

結論!伊丹発のANA国内線で国際線仕様の機材で運用されている便は1日1便のみです

最初に結論を言ってしましましたが、伊丹→成田は、1日1便だけでした。。。
私はすごく幸運だったんですね。

具体的には、 伊丹→成田は、07:50発のANA2176便のみです。
この便のみ、国内線であるにもかかわらず、国際線仕様の機材が運用されています。

なお、他の発着地も見ておきますと、 合計6便あるようです。

成田→伊丹が、18:05発のANA2179便

成田→中部が、18:50発のANA339便

中部→成田が、07:40発のANA338便

羽田→関西が、07:10発のANA093便

関西→羽田が、21:35発のANA100便

です。

ちなみに、私の乗った便は、その後、アメリカのヒューストンへ飛び立っていきました。

私も実は、その便に乗りました。
これが私の人生初の本当の国際線ビジネスクラスだったのです。

なお、その際はマイルでエコノミークラスをビジネスクラスにアップグレードしましたが、マイルを使って特典航空券を取ることももちろん可能です。
ただし、特典航空券は、各フライトで数に限りがあります。
そのため、繁忙期の人気路線では、かなり特典航空券を取ることが難しいです。
しかし!ANAのマイルを使って『国際線』特典航空券を取る場合には、以下の裏技がおすすめです。

<陸マイラー必見!ANA国際線特典航空券を取る裏技>海外人気路線を繁忙期に発券するための2通りの方法をご紹介こんにちは。RANDYです。 陸マイラーの皆さんの目標の1つは、『国際線特典航空券』を取ることだと思います。 でも、ハワイ・ホノ...

この方法であれば、繁忙期の超人気路線であっても特典航空券を取ることができる可能性が格段に上がります!
ぜひご覧くださいませ!

さて、その際は、本当は、成田→ヒューストン便で、初のビジネスクラスに搭乗する予定でしたが、幸か不幸か、それよりも前に、国内線でビジネスクラスの最新スタッガードシートを体験できてしまいました。。。

なお、この時に利用した人生初のビジネスクラス搭乗は、以下の記事で詳細にレビューしております。よろしければご覧くださいませ。

成田-ヒューストン 初のビジネスクラス搭乗レビュー ANA NH174こんにちは。RANDYです。 9月に仕事でメキシコのカンクンに出張しました。 カンクンへの往路はアメリカのヒューストンを経由して...

また、昨年にメキシコに出張したのですが、その際に、復路をメキシコシティから成田へのビジネスクラスを利用しました。

このメキシコシティ-成田路線は、ANAの最長路線であり、飛行時間は驚異の14時間20分です。

なお、RANDYは、このフライトによって、プレミアムポイント(PP)が50,000PPを達成し、晴れてスターアライアンスゴールドメンバーになることのできました。

この記念のフライトでは、サプライズで特製のフルーツプレートを準備していただくなど、一生忘れない素晴らしい体験をすることができました!
以下の記事で、このANA最長路線のビジネスクラス搭乗レビューを公開しています。
ぜひご覧くださいませ。

ANA最長路線!メキシコシティ-成田 14時間20分 ビジネスクラス搭乗レビュー プラチナメンバー達成記念フライト ANA NH179こんにちは。RANDYです。 9月に仕事でメキシコのカンクンに出張しました。カンクンからの復路はメキシコシティを経由しました。 ...

いずれにしましても、国内線で国際線の飛行機に乗れるのは大変貴重です。

また、前側の座席を指定しておけば、私のようにビジネスクラス(のシートだけ)を体験できるかもしれません。
もちろん、足を完全に伸ばせますよ。

 

国際線機材が運用されている国内線の探し方

なお、そのような機材を探す方法は、とても簡単です。
まず、ANAのウェブサイトにて、国内線予約画面にて発着地と日程を入力します。

以下は、たとえば1月2日(水)の、中部→成田便の検索結果です。

赤丸で示しておりますように、国際線仕様の機材が使用される便は、プレミアムクラスの設定がありません。

念のため、機材名の763をクリックしますと、以下の表示が示されます。

このように、シートレイアウトの片隅に、

「国際線仕様機」

である旨が明記されております。

この場合、前から11番目までがビジネスクラスシートとなります。

なるべく早く、前側の座席を予約しましょう!

 

ANAJCBカード

ANA国内線で国際線のビジネスクラスの座席を取る方法まとめ

以上、いかがでしたでしょうか。

このように、ごく稀ですが、国内線において国際線仕様の機材に搭乗することができます。
国際線機材は、国内線よりも大型であったり、ビジネスクラスやファーストクラスの座席などは、とてもゆったりとした乗り心地のよいものです。

そのため、上で説明しましたような便を利用する機会がありましたら、ぜひお試しくださいませ!