fbpx
台湾

<緑豆蒜啥咪>1個丸ごとマンゴーが乗ったマンゴーかき氷<台北 松江南京駅すぐ>

こんにちは。RANDYです。台北は6月で既に35℃の真夏です。
そんな日は、旬なマンゴーを丸ごと1個乗せたマンゴーかき氷を食べましょう!

マンゴーは、日本では高ければ数千円もしますよね。
でも、台湾(台北)では、なんと700円ほどで、注文してから切って、丸ごと1個を乗せたマンゴーかき氷を食べることができます。

6月から9月までは、丁度マンゴーが旬な季節なので、とても甘くて最高においしいですよ。
大きなマンゴーがゴロゴロ乗った豪快なマンゴーかき氷は、インスタ映えも抜群です。

今回は、松江南京駅から徒歩5分程度のマンゴーかき氷カフェ「緑豆蒜啥咪」をご紹介します。
元々は、マンゴーかき氷以外に、緑豆を使ったスイーツが有名なお店です。

暑い台北で、エアコンの効いた店内で食べる豪快なマンゴーかき氷は、最高ですよ!

マンゴーかき氷「緑豆蒜啥咪」の場所

マンゴーかき氷カフェ「緑豆蒜啥咪」は、台北のMRT(台北捷運)松山新店線(Green Line、Songshan-Xindian Line)中和新廬線(Yellow Line、Zhonghe-Xinlu Line)が交わる「松江南京站」(Songjiang Nanjing Station、松江南京駅)から徒歩5分です。

まずは、松江南京站を降り、8番出口を目指します。

改札を出てすぐに7番出口と8番出口への通路がありますので、迷うことはありません。
構内の案内図に従って進みます。

8番出口から地上に出ますと、道路を挟んだ反対側に、7番出口が見えます。

ここから、車の進行方向と反対側に、道沿いを進みます。
台湾は、車が右側通行ですので、日本と反対です。

2~3分ほど進みますと、道路を挟んで向かい側に、ファミリーマートと、その横の商店街への入り口が見えます。

この商店街は、「四平陽光商圏(Si Ping Sun Square)」といいます。

朝ですのであまりお店は開いていませんが、カフェや衣料品を扱うお店が軒を連ねています。

マンゴーかき氷カフェ「緑豆蒜啥咪」に到着するまで、2回ほど道を曲がります。

位置関係をもう一度Google Mapで確認しましょう。

最初はまっすぐに1ブロック進んでから左折
そのあとは、1ブロック進んでから右折です。

最後の路地は、かなり道幅が狭いので注意して進みましょう。

徐々に「緑豆蒜啥咪」の看板が見えてきます。

 

マンゴーかき氷「緑豆蒜啥咪」の目印は、巨大な緑豆のゆるキャラ!

マンゴーかき氷カフェ「緑豆蒜啥咪」は、狭い路地を1分ほど進んだところです。

目印は、巨大な緑豆のゆるキャラのオブジェです!

マンゴーかき氷カフェ「緑豆蒜啥咪」の営業時間

マンゴーかき氷カフェ「緑豆蒜啥咪」の営業時間は、

月・火・水・木・金 12時00分~20時30分

土・日 13時00分~19時30分

です。

土日のみ、開店が遅く、閉店も早いのでご注意ください。

ANAJCBカード

マンゴーかき氷カフェ「緑豆蒜啥咪」の店内

さて、それでは中に入りましょう。

店内は、珍しく階段が設けられてたロフト状の構造です。

下段に位置する手前側には2人掛けのテーブル席が5つ。

上段には2人掛けのテーブル席が2つと、壁側にカウンターテーブルがあります。

注文カウンターも上段側です。

RANDYが訪問したときは、ほぼすべてのテーブル席が埋まっていましたので、注文カウンター近くのカウンター席に座りました。

マンゴーかき氷カフェ「緑豆蒜啥咪」には日本語メニューあり!

メニューは、英語メニューに加えて、ちゃんと日本語メニューが用意されていました。

この時期の一番人気は、やはり「マンゴーかき氷」です。

これからの暑い時期は、ちょうどマンゴーの旬の時期です。

もちろんRANDYも、一番人気の「新鮮なアップルマンゴーのかき氷」を注文しました!

値段は200台湾ドルですので、700円ほどですね。

この「緑豆蒜啥咪」は、元々、緑豆を使った台湾スイーツのカフェです。
そのため、マンゴーかき氷以外にも、緑豆を使った甘いスープメニューがたくさんあります。

自分でトッピングを選ぶことができます。
甘く煮込んだ寒天やキクラゲがとてもおいしそうでした!

お待ちかね!1個丸ごと乗った新鮮「マンゴーかき氷」

待つこと数分。

大きなマンゴーがゴロゴロと乗ったマンゴーかき氷が運ばれてきました。

このマンゴーは、注文後にカットされますので、とても新鮮です。

お皿の中間が窪んでいますので、かき氷もたっぷりです。

マンゴーシロップと、練乳がたっぷりとかけられています。

マンゴーがとても新鮮なので、果肉部分が密のように光っていますね。

とても柔らかく、甘みたっぷりです。

この日の台北は最高気温が34℃の真夏日でした。

こんな暑い日は、涼しい店内でのかき氷がぴったりですね。

とてもボリュームがあるので、食べても食べてもマンゴーが無くならないような感じです。

めちゃくちゃおいしかった!




マンゴーかき氷カフェ「緑豆蒜啥咪」のまとめ

いかがでしたでしょうか。

「緑豆蒜啥咪」のマンゴーかき氷は、いまが旬なマンゴーをたっぷり丸ごと1個使った贅沢なかき氷です。

これからの暑い夏にもぴったりです。

なお、帰りにスーパーマーケットでマンゴーを見つけましたので、値段をチェックしてみました。

すると、あのおいしいアップルマンゴーが、3個で109台湾ドル(約380円)でした。

日本の数千円のマンゴーは、何だったんでしょうか。
これほど安くておいしいマンゴーが食べれるなら、飛行機に乗って台北を訪れる価値があるかもしれませんね。

さすが。南国台湾です。

今回は、マンゴーかき氷を食べましたが、次回は緑豆を使ったスイーツにもチャレンジしたいと思います。

グループでお越しの際は、数種類のスイーツを食べ比べてみてはいかがでしょうか。




(おまけ)台北のおすすめスイーツ!カラフルなタピオカドリンクはいかが?

台北には、マンゴーかき氷以外にも、たくさんのおいしいスイーツがあります。

RANDYは、カラフルタピオカのカフェ「Bobii Frutii」を訪れました。

ここのカラフルタピオカは、デザイナーであるオーナーが創作した色鮮やかなタピオカドリンクです。
マンゴーかき氷と同様に、これからの暑い時期にぴったりです。

ぜひこちらもお楽しみくださいませ!

<BoBii Frutii>デザイナーのオーナーが創作するカラフルタピオカ<台北 永康街>こんにちは。RANDYです。最近のタピオカブームは凄まじいですよね。 タピオカドリンクの本場である台湾(台北)には、さらに多くのバ...
RELATED POST