海外旅行

<マカオ>有名2大エッグタルトを食べ比べ マーガレットカフェとロードストウズカフェ

こんにちは。RANDYです。
マカオの名物といえば、やはりエッグタルトですよね。

今回は、マカオを代表するエッグタルトの名店であるマーガレット カフェ イ ナタ (瑪嘉烈蛋撻店(Margaret’s Café e Nata)「ロード ストウズ ベーカリー (澳門安徳魯餅店 (Lord Stow’s Bakely)」を両方とも訪問しましたので、詳しくご紹介したいと思います!

特に、エッグタルト発祥の地で食べた出来立て熱々は最高でした!

なお、RANDYは、「マーガレットカフェ」を訪れた際、マカオの世界遺産30か所を半日で周る弾丸観光の真っ最中でした。
このマカオ世界遺産30か所の弾丸観光は、以下の記事で詳細に紹介しておりますので、よろしければご覧くださいませ!台風がマカオを直撃している中、何とか達成できましたが、めちゃくちゃ疲れました。。。

<マカオ>世界遺産30か所全制覇!効率よく周るための最短ルートをご紹介!こんにちは。RANDYです。8月にマカオを訪れました。 マカオは、アジアで最大規模のカジノや、名物のポルトガル料理を楽しむことができた...

また、この時は、客室数4000室の世界最大のシェラトン「シェラトングランド・マカオホテル」に宿泊しました。豪華なショッピングモールやフードコート、おもちゃ売り場などとも直結した、とてつもなく大きなホテルです。
時間がいくらあっても足りないほど充実しており、朝食会場の規模も内容もトップクラスでした。

<シェラトングランド・マカオホテル宿泊記>世界最大4000室のシェラトンに宿泊!こんにちは。RANDYです。8月にマカオを訪れました。 マカオは、アジアで最大規模のカジノや、名物のポルトガル料理を楽しむことができた...
<朝食>シェラトングランド・マカオホテル 世界最大のシェラトンの豪華ブッフェこんにちは。RANDYです。8月にマカオを訪れました。 マカオは、アジアで最大規模のカジノや、名物のポルトガル料理を楽しむことができた...

マカオ二大エッグタルト1件目「マーガレット カフェ イ ナタ (瑪嘉烈蛋撻店 Margaret’s Café e Nata)」

1件目は、「マーガレット カフェ イ ナタ (瑪嘉烈蛋撻店 Margaret’s Café e Nata)」です。この「マーガレット カフェ イ ナタ」は、2件目に紹介するロードストウズ・ベーカリーと人気を二分するエッグタルトの名店です。

ちなみに、マーガレットさんは、ロードストウズのオーナーであるストウさんの元奥様だそうです。

元々はご夫婦らしいので、レシピも似ているかもしれませんね。
両方ともおいしい理由も納得です。

【DMM FX】入金

マーガレット カフェ イ ナタ (瑪嘉烈蛋撻店 Margaret’s Café e Nata)の場所・営業時間

「マーガレット カフェ イ ナタ」は、マカオ世界遺産の中でも一番有名な「セナド広場」から徒歩で行くことができます。
世界遺産を訪問しつつ、絶品エッグタルトを食べることができますので、おすすめです!

「セナド広場」から大通りに沿って南東方向に徒歩6分ほどです。

大通りに沿って南東に進むと、とても大きな通りに出ます。
この大きな通りを渡り、左に1ブロック進みましょう。

そのあと、少し細い通りを入れば、あとは「瑪嘉烈蛋撻店(Margaret’s Café e Nata)」の看板が見えます。

店の前は多くの人で賑わっていますので、近くにくれば、見落とすことはありません。

そして、行列が店の外まで続いているときがあるそうですが、とても回転が速いそうです。
RANDYはほとんど待ちませんでした。

「マーガレットカフェ」の営業時間は、

マーガレット カフェ イ ナタの営業時間

月曜日 8時30分から16時30分

火曜日 8時30分から16時30分

水曜日 定休日

木曜日 8時30分から16時30分

金曜日 8時30分から16時30分

土曜日 10時から18時

日曜日 10時から18時

です。
売り切れによって早く閉まることもあるようですので、余裕をもって訪問して下さいね。

「マーガレットカフェ」の前には、テーブルと椅子が用意されていますが、いつも満員ですので、なかなか座ることは難しいかもしれません。
また、この日は雨で濡れていました。

みんな向かいのビルの前でエッグタルトを立って食べていたりしますので、無理に席が空くまで待たなくてもよいように思います。

ほとんど待つことも無く、名物のエッグタルトを2個買いました。
1個7MOP(パタカ)です。
なお、マカオの通貨であるMOP(パタカ)は、香港ドル(HKD)と同じ価値ですので、1個当たり90円ほどですね。
そして、香港ドルで支払うことも可能です。

店の向かい側に移動し、立って食べます。

思っていた以上に小ぶりな感じです。
周りのシュー生地がホロホロとした食感なのに対し、クリームはとてもトロトロでした。

それほど甘くなく、卵とカスタードの風味がとても濃いです。

めっちゃおいしい!

この味を覚えつつ、2件目の「ロードストウズベーカリー」に行きましょう!

マカオ二大エッグタルト2件目「ロード ストウズ ベーカリー 澳門安徳魯餅店 (Lord Stow’s Bakely)」

2件目は、「ロード ストウズ ベーカリー 澳門安徳魯餅店 (Lord Stow’s Bakely)」です。

エッグタルトは、この「ロード ストーズ ベーカリー」のシェフであるアンドリュー・ストウ氏が発明したともいわれています。
日本でも一時期とても有名になりました。今でも大阪の鶴橋駅のホームには「アンドリューのエッグタルト」という店舗があります。

日本にもたくさん店舗があるので、食べたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
でも、やはりおすすめは、エッグタルト発祥の地である、マカオ「コロアン地区」にある「ロード ストウズ ベーカリー」の本店で食べる出来立て熱々のエッグタルトです。

「ロード ストウズ ベーカリー 澳門安徳魯餅店 (Lord Stow’s Bakely)」の場所・営業時間

「ロードストウズベーカリー」へは、まずは、コロアン地区に向かうバスに乗ります。
乗るべき路線バスは、25番線です。

RANDYは、「シェラトングランド・マカオホテル」に宿泊していましたので、ホテル前のバス停から、25番線に乗ることができました。

バスに揺られること20分。
コロアン地区の「VILA DE COLOANE」で下車します。

バスを降りると目の前に、いきなり目的地の「ロードストウズベーカリー」があります。
こちらが本店であり、正真正銘のエッグタルト発祥の地です。

ですが、「ロードストウズベーカリー」は、テイクアウト専門店です。

今回は、せっかくですので、すぐ近くの「ロードストウズカフェ(安德魯花園咖啡店)」に行きましょう。こちらでは、店内で出来立てのエッグタルトをいただくことができます。

なお、これらの「ロードストウズベーカリー」と「ロードストウズカフェ」とは、とても隣接しており、店員が出来立てのエッグタルトや焼き立てパンを持って、店を行き来しています。

「ロードストウズカフェ」は、「ロードストウズベーカリー」から徒歩1分もかかりません。
川沿いを北に進んで角を曲がるとすぐです。

すぐに到着しました。
こちらの「ロードストウズカフェ」も、すぐに行列ができる名店です。
そのため、RANDYは、9時の開店に合わせて15分ほど前に到着しました。

ANAJCBカード

「ロウドストウズカフェ」の営業時間は、

ロードストウズカフェの営業時間

月曜日 9時から17時

火曜日から日曜日 9時から22時

です。

店内は、ソファ席やテーブル席を合わせて、15人ほどが入ることができます。
厨房では、店員が忙しそうに、朝食メニューを作っています。

ここはカフェですので、エッグタルト以外にも、たくさんの朝食メニューがあります。

「ロードストウズカフェ」のメニュー

豊富なドリンクメニューに加え、スープなどもたくさんあります。
ホットアップルパイや、アフォガードなどもあります。

また、食事としては、エッグタルト以外にも、各種サンドイッチや、手作りハンバーガーなどがあります。
特に、ホットサンドイッチやビーフサラダなどが、ボリュームたっぷりでとてもおいしそうでした。
今度来たときは、96MOPの大きなビーフハンバーガーにもチャレンジしたいです。

RANDYは、もちろんエッグタルトを注文しました。今回も2個です。
1個10MOP(パタカ)ですので、130円ほどですね。
こちらも香港ドルで支払うことも可能です。

ホットカフェラテとともにいただきます。

こちらのエッグタルトは、「マーガレットカフェ イ ナタ」のエッグタルトよりも、さらにトロリとしていました。
卵の風味がとても豊かで、それほど甘くありません。

出来立てでしたので、生地がサクサクです。
RANDYは、こちらの方が好みかもしれません。
開店と同時に来て本当によかった!

マカオ二大エッグタルトのまとめ

以上、いかがでしたでしょうか。

マカオ名物のエッグタルトは、どちらも甲乙つけがたいほどおいしかったです。
同時に食べ比べたわけではないので、はっきりした違いは分かりませんでしたが、今回は、出来立て熱々の「ロードストウズカフェ」の方がおいしかったように思います。

なお、「ロードストウズカフェ」は、ホテルゾーンにも小さな店舗がありますので、わざわざコロアン地区までバスで行かなくても、同じものを食べることができます。

でもやはり、エッグタルト発祥の地で食べるのは格別ですし、歴史あるコロアン地区の散策もできますので、おすすめです。
ホテルゾーンからコロアン地区に向かう場合、路線バスは25番線ですので、間違わないようにしてください(某地図アプリの情報は間違っています)。

マカオ歴史地区の世界遺産めぐりの休憩に利用できる「マーガレットカフェ」も、もちろんおすすめです。
30か所の世界遺産を回るのは、とても疲れますので、ぜひ途中でエッグタルトの休憩を挟んでください!

<マカオ>世界遺産30か所全制覇!効率よく周るための最短ルートをご紹介!こんにちは。RANDYです。8月にマカオを訪れました。 マカオは、アジアで最大規模のカジノや、名物のポルトガル料理を楽しむことができた...

また早くマカオを再訪したい!

なお、今回の「ロードストウズカフェ」のように、日本でも支店を出しているお店では、基本的には同じ味を楽しむことができるのですが、おすすめは、やはり本店で本場の味を楽しむことです。

RANDYは、これまでもいくつかのカフェやレストランについて、日本でも支店を出している有名店の、本店を訪れました。
たとえば、RANDYは、オーストラリアのシドニーで、パンケーキの名店「Bills」の本店を訪れました。
日本でも「Bills」の支店があるのですが、やはり本店でオリジナルを食べるのがお気に入りです。

Bills シドニー 本店(ダーリンハースト店)で味わう世界一の朝食 リコッタパンケーキを堪能こんにちは。RANDYです。今回は、オーストラリアのシドニーにて、ホテルの朝食に飽きた方のために、是非おすすめのカフェ Billsを紹介...

また、ロンドンのお楽しみとして、英国王室御用達のカフェやアイテムを購入することがおススメです。
RANDYは、ロンドンの滞在中、エリザベス女王からの「英国王室御用達(ロイヤルワラント、Royal Warrant)」の称号を得ているカフェ「H.R.Higgins(H.R.ヒギンス)」を訪問し、カフェを楽しみ、お土産にコーヒー豆とフレーバーティーを購入しました。
とても安く、お得に王室御用達の味を楽しむことができますので、おすすめです!

<ロンドン・H.R.ヒギンス>英国王室御用達(ロイヤルワラント)の絶品コーヒーこんにちは。RANDYです。9月にイギリスのロンドンを訪れました。 イギリスは、ヨーロッパの中でもとても人気があり、その首都であるロン...

RELATED POST