fbpx
空港ラウンジ紹介 PR

<プライオリティパス利用!チャンギラウンジ>シンガポール・チャンギ空港の最新ラウンジ!ラクサがおすすめ!シャワー室もあり

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは。RANDYです。

今回は、アジアを代表する巨大空港であるシンガポールのチャンギ国際空港にあるラウンジ『チャンギラウンジ』をご紹介いたします!
このチャンギラウンジは、プライオリティパスを所持することによって利用可能なラウンジです。

2019年にオープンした複合施設『Jewel(ジュエル)』のすぐ近くで、充実したフードやドリンク類のほか、シャワー室もあり、大満足のラウンジです。
また、出国前のエリアにあるため、ジュエルで食事をしたり、遊んだりする際にも利用しやすいです。

実はこの後、チャンギ空港にあるラウンジを、合計5か所訪問したのですが、この『チャンギラウンジ』が最も良かったかもしれません。

なお、チャンギ空港第3ターミナルにある、プライオリティパスで利用できるラウンジは、他にも3か所あります!

それら『SATSプラミアラウンジ』、『マルハバラウンジ』、『アンバサダートランジットラウンジ』は、以下の記事で詳細にご紹介しておりますので、ぜひご覧くださいませ!

<プライオリティパス利用!SATSプレミアラウンジ>シンガポール・チャンギ空港のおすすめラウンジ!ホットミールが充実!シャワー室もありこんにちは。RANDYです。 今回は、アジアを代表する巨大空港であるシンガポールのチャンギ国際空港にあるラウンジ『SATSプレミア...
<プライオリティパス利用!マルハバラウンジ>軽食やスイーツが充実!ナシレマもあり!シンガポール・チャンギ空港にあるエミレーツ航空系列ラウンジ!シャワー室もありこんにちは。RANDYです。 今回は、アジアを代表する巨大空港であるシンガポールのチャンギ国際空港にあるラウンジ『マルハバラウンジ...
チャンギ シンガポール アンバサダートランジットラウンジ プライオリティパス
<プライオリティパス利用!アンバサダートランジットラウンジ>ライブキッチンもあり!チャンギ空港のおすすめラウンジ!シャワー室も完備!こんにちは。RANDYです。 今回は、アジアを代表する巨大空港であるシンガポールのチャンギ国際空港にあるラウンジ『アンバサダートラ...

そこで今回は、詳細にご紹介します。

なお、当ブログ『RANDY-BLOG』のYoutubeチャンネル『RANDY-VLOG』では、マリオット・ボンヴォイの系列ホテルを中心としたホテル紹介ホテルラウンジレビュー国内や海外を問わず、これまで旅行した場所のご紹介ビジネスクラスやファーストクラスのフライトレビュー空港ラウンジレビューなどを中心に、旅を楽しくするための情報を発信します!
ぜひご覧くださいませ!

 

<海外旅行のお供に!おすすめのeSIM>

海外でスマホなどを使うには、追加料金を払って現地でローミングしたり、無料Wi-Fiスポットを探す必要があり、大変面倒です。

そのため、Wi-Fiルータをレンタルしたり、SIMカードを購入したりする方も多いと思います。
しかし、Wi-Fiルータは、毎回の充電が面倒だったり、もし紛失した場合には弁償しなければならず、不安が残ります。SIMカードの差し替えも、細かな作業なので、苦手な方もいらっしゃるでしょう。

しかし、『eSIM』さえあれば、Wi-Fiルータを準備したり、SIMカードを差し替えたりする必要がありませんので、大変便利です!

こちらの『Airalo』は、世界初のeSIMストアで、世界中の200以上の国と地域に対応するデジタルデータパックをダウンロードしてインストールすれば、世界中のどこででも訪問先に到着したその瞬間から接続サービスをご利用いただけます!

その便利さは凄まじく、もう二度とWi-Fiルータをレンタルしたり、物理SIMを差し替えたりすることは無さそうです。
いつものスマホを、いつも通り利用できますので、ぜひ、ご検討くださいませ!

↓海外旅行の前はぜひご検討くださいませ↓

Airalo eSIM

チャンギ空港「チャンギラウンジ」の場所

シンガポールのチャンギ空港のチャンギラウンジ ジュエルの中にあるプライオリティパス利用可能

「チャンギラウンジ」は、チャンギ空港の制限エリアの外、複合施設『ジュエル』の中にあります。
そのため、出国してしまうと利用できませんので要注意です。

そのターミナルからもアクセスしやすいように、無料のスカイトレインも走っています。

まずは、チャンギ空港内の『ジュエル』に向かって進みます。
RANDYは、シンガポール航空を利用しましたので、第3ターミナルだったのですが、第3ターミナルからは徒歩5分程度の距離です。
案内表示に沿って、まっすぐ進むだけなので、迷いことはありません。

シンガポールのチャンギ空港のチャンギラウンジ ジュエルの滝

ジュエルは、レストランやアミューズメント施設などのある複合施設なのですが、その中心には、写真のような大きな滝のモニュメントがあります。

こちらは、夜間にライトアップされるようです。
近くに行くと、水しぶきが飛び、大迫力でした。

ジュエル内にも案内表示があります。
ジュエルは、大きな円形状であり、いくつものエレベーターホールがあります。

その中でも、『チャンギラウンジ』に向かうエレベーターは、『エレベーターホールE』です。
エレベーターを上がるとすぐにチャンギラウンジがあります。

 

チャンギ空港「チャンギラウンジ」の営業時間・入室条件

シンガポールのチャンギ空港のチャンギラウンジ ジュエルの中にあるプライオリティパス利用可能

チャンギラウンジの営業時間は、

朝8時から夜22時

です。
そのため、早朝便でも深夜便でも利用することができますので、とても便利です。
ただし、夜中は閉まりますので、ホテルのように使うことはできませんのでご注意ください。

もしもチャンギ空港で宿泊する場合には、格安でしっかりしたセキュリティの「Ambassador Transit Hotel」がおすすめです。

Ambassador Transit Hotelは、チャンギ空港に直結したホテルです。
RANDYは、SFC修行の際にAmbassador Transit Hotelを利用しました。
この時には、深夜にチャンギ空港に到着しましたので、朝の6時まで仮眠しました。
記念すべきSFC修行の最初の宿泊でした。

SFC修行シンガポール編2トランジットホテルにて仮眠から2回の朝食 寺院観光へ!ANA SFC修行の一環として、弾丸シンガポール旅行に行きました。 前の記事では、関空→那覇→成田というOKAタッチを行い、成田で国際...

 




シンガポールのチャンギ空港のチャンギラウンジ ジュエルの中にあるプライオリティパス利用可能

チャンギラウンジの利用条件は以下のとおりです。

<有料だと誰でも利用可能>
①3時間利用(スナック・ソフトドリンク無料):25シンガポールドル
②3時間利用(①に加えてお料理1品、ビール1杯無料):39シンガポールドル
③3時間利用(②に加えてシャワー利用無料):50シンガポールドル

<プライオリティパス>

①3時間利用(スナック・ソフトドリンク無料+お料理1品、ビール1杯無料)

有料で利用する場合は、各種のクレジットカードに対応しています。

おすすめはもちろん!プライオリティパスです。

プライオリティパスを所持していることにより、このチャンギラウンジでは、有料の50シンガポールドルのコースと同内容のサービスを受けることができます!

そのため、無料のスナックやドリンクのほか、オーダー制のホットミールやビールも無料になりますし、シャワーも無料で利用することができます!

プライオリティパスとは

なお、「プライオリティパス」とは、世界130か国の1200を超える空港に設けられた豪華ラウンジを利用できたり、レストランでの優待を受けることのできるサービスです。

このプライオリティパスは、通常は、99米ドル支払って「プライオリティパス・メンバーシップ」に登録する必要があり、これにより、1回あたり32米ドルを支払うことによって豪華ラウンジに入室することができます。

しかし、一部のクレジットカードには、特典として、プライオリティパスを無料で入手できるものがあるのです!
ただし、このプライオリティパスを取得できるようなクレジットカードは、多くの場合、プラチナカードであるため、非常に高額な年会費(たとえば5万円~15万円など)が必要です。

そこで!RANDYが絶対おすすめなのは、楽天プレミアムカードです。

『楽天プレミアムカード』は、プラチナカードの中でも破格の年会費(11,000円(税込))であり、特典として無料でプライオリティパスを取得できるのです!

また、楽天経済圏の方も多いと思うのですが、楽天では、頻繁にスーパーセールなどが開催されており、とてもポイントを貯めやすいことでも有名です。

年会費が11,000円で、なおかつ、ポイントがとても貯まりやすく、プライオリティパスも付帯しているのは、楽天プレミアムカードのみです。

まだお持ちでない方は、随時、お得な入会キャンペーンを実施しておりますので、ぜひご検討されてはいかがでしょうか。

楽天プレミアムカードを所持していれば、このようなプライオリティパス・メンバーシップに、年会費無料で登録することができます!

今回も、RANDYは、楽天プレミアムカードを所持することにより発行した『プライオリティパス』を利用しました。

なお、これまでも、プライオリティパスを利用して、国内外のラウンジを利用しました。
特に、関西空港では国内線の利用時に、出発時だけでなく、到着時も、『ぼてぢゅう』にて、3,400円分までの飲食が無料になります!

以下の記事では、最もお得になるように、3399円を利用した例をご紹介しておりますので、ぜひご覧くださいませ!

<関西空港ぼてぢゅうで3399円!>プライオリティパス利用でもっともお得なオーダーをご紹介こんにちは!RANDYです。 いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。 すでに多くの方がレビューされておりますように、...

また。以下の記事では、成田空港の『大韓航空 KALラウンジ』、バンコク・スワンナプーム国際空港の『オマーンエアラウンジ』をご紹介しておりますので、ぜひご覧くださいませ!

特に、オマーンエアのラウンジは、プライオリティパスで利用できるラウンジとしては最高峰だと思います。
豪華な食事や、シャワールームまで完備されており、とても快適でした!

<プライオリティパスで利用可能>成田国際空港の大韓航空KALラウンジはとっても快適こんにちは。RANDYです。 今回は、成田国際空港の国際線ターミナルにある、大韓航空の『KALラウンジ』をご紹介します! こちら...
<バンコク スワンナプーム空港>プライオリティパスで超快適なオマーン航空ラウンジへ!こんにちは。RANDYです。今回は、珍しくスターアライアンスゴールド のラウンジではなく、プライオリティパスで入室できるラウンジのご紹介...

入り口で航空券とプライオリティパスを提示して、入室です。
おそらく、フライト時間が迫っている場合は、入室を断られる可能性もありますので、必ず余裕を持って訪問してくださいね。

 

チャンギ空港「チャンギラウンジ」の概要

シンガポールのチャンギ空港のチャンギラウンジ ジュエルの中にあるプライオリティパス利用可能

チャンギラウンジ内の様子をご紹介します。
チャンギラウンジは、朝10時ごろに訪問しましたが、利用者はほとんどおらず、ガラガラでした。

高級ホテルのロビーのような、ゆったりとした配置で、多数のソファやテーブルが配置されています。

シンガポールのチャンギ空港のチャンギラウンジ ジュエルの中にあるプライオリティパス利用可能

このような大きなソファも多数用意されていますので、大人数でのツアーなどでも、みんなで利用することができそうですね。

それぞれのソファや椅子の近くには、コンセントやUSBポートが完備されています。
コンセントは、シンガポール用の『Gタイプ』です。
そのため、日本の電化製品を使用する場合は、変換プラグをお忘れなく。

RANDYのおすすめはこちら↓

これ1つで、全世界のコンセントに対応しているだけでなく、USBポートも付いていて、急速充電にも最適です!

 

EPOSカード

チャンギ空港「チャンギラウンジ」のスナック・ドリンクエリア

シンガポールのチャンギ空港のチャンギラウンジ ジュエルの中にあるプライオリティパス利用可能 ホットミール

チャンギラウンジには、有料で利用する場合には最も安価なコースである39シンガポールドルのコースがあるのですが、このようなコースでは、オーダー料理やビールは注文できませんが、その代わりに、スナックやドリンクは無料になります。

スナックといっても、このようにクロワッサンや、デニッシュ、タルトも用意されています。
軽食としては充分ですね。特にタルトがおいしそう

ほかにも、数種類のチョコバーが用意されています。
『APOLLO』ブランドのチョコバーは、海外ではよく見かけます。

その隣には、フルーツもありました。
海外のラウンジでは、リンゴだけ持っていく旅行者などもよく見かけます。
機内で小腹が空いたときなどによさそうですね。

ただし、基本的には、フード類はすべて、ラウンジ内でいただくのがルールですので、ご注意ください。

その隣には、ミックスナッツがありました。
ラウンジのスナックの定番ですね。

小さなクッキーのアソートもありますね。

個人的には、のんびり過ごしたいときは、ミックスナッツとドリンクだけでも充分です。

その隣には、ドリンクやシリアルがありました。

ドリンクは、ミネラルウォーターのほか、オレンジとアップルが用意されています。

その隣のシリアルは、なにやらカラフルですね。
サクサクっぽい外観です。

 




こちらは、海外のホテルでもよく見かける、Dilmah(ディルマ)のティーバッグですね。

ディルマは、スリランカ発の紅茶ブランドです。
世界100か国以上に展開されているらしく、ホテルだけでなくラウンジでもよく見かけます。

フレーバーティーなどもあり、色々な種類が用意されています。

こちらは、ラウンジで見かけることは珍しいのですが、オーツミルクです。

好みが分かれるかもしれませんが、アーモンドミルクよりも、オーツミルクの方が甘みがあり、飲みやすい場合が多いです。

ドリップコーヒーは、もちろん全自動です。
いつでも挽きたてのおいしいコーヒーがいただけます。

ほかにも、ラテやエスプレッソなど、数種類に対応しています。

冷蔵庫には、色々なソフトドリンクのほか、ミルクなどが用意されています。

シンガポールでは、どこに行ってもコカ・コーラとスプライトがありますね。
真ん中のシーズンズと書かれたドリンクは、よく分かりません。おそらくフルーツっぽいテイストだと思います。

ミルクの隣は、ヨーグルトです。
ローファットと書いてありますので、低脂肪のヘルシーなもののようです。

このように、冷蔵庫の中も、なかなか種類が豊富ですね。

チャンギ空港「チャンギラウンジ」のオーダー制ホットミール

チャンギラウンジには、いくつかのホットミールをオーダーすることができます。

プライオリティパスを利用すると、オーダー制のお料理が一品無料ですので、とてもお得です。

シンガポールのチャンギ空港のチャンギラウンジ ジュエルの中にあるプライオリティパス利用可能 オーダーラクサ

オーダーできるお料理は以下の通りです。

<チャンギラウンジのオーダーメニュー>

(軽食)

  • ベジタリアンサモサ
  • 点心プレート
  • バーメニュープレート

(キッズメニュー)

  • ナゲット&フライ
  • チキンウィング&フライ

(ホットミール)

  • シンガポールラクサ
  • トムヤムヌードル
  • ビーフラザニア
  • チリクラブ饅頭

キッズメニューまで含め、色々ありますね。

ラウンジ内のディスプレイによれば、どうやら『シンガポールラクサ』と『ラザニア』がおすすめのようです。

そして、事前にチャンギラウンジのことを調べておりましたところ、どうやらラクサがとってもおいしいとのことでした。
RANDYは、ラクサが大好きなので、迷わずラクサを注文しました!

注文後、ブザーを渡されて、しばし待ちます。
レシートもいただきましたが、お会計はゼロ円です。

 




シンガポールのチャンギ空港のチャンギラウンジ ジュエルの中にあるプライオリティパス利用可能 オーダーラクサ

5分ほどで、すぐに完成。
カウンターまで取りに行き、好きな席でいただきます。

なかなかのボリュームです。
このサイズで無料なのは素晴らしいですね。
プライオリティパスを持っていて、本当によかった!

ラクサは、店によってはとても辛いのですが、このチャンギラウンジのラクサは、ほどほども辛さでちょうどよく、とてもまろやかです。

サンバルは少なめといった感じですが、ココナッツの風味がとても良いです。

麺はヌードルタイプ。
一般的な細麺ですね。

海老(プラウン)や、かまぼこが入っているのも定番です。

それにしても、おいしい。
今回のシンガポール滞在中には、合計で4~5回はラクサを食べましたが、おそらく1番おいしかったです。

この後に、シンガポール航空の『クリスフライヤーゴールドラウンジ』も訪問したのですが、こちらの『チャンギラウンジ』のラクサの方が、RANDYはおいしいと思いました。

他のメニューもおいしそうでしたが、次回、チャンギラウンジに来た時も、絶対にこのラクサをオーダーすると思います。
それほど、ここのラクサはおいしい!

 

チャンギ空港「チャンギラウンジ」のシャワールーム

『チャンギラウンジ』には、シャワールームが完備されています。
3室ほどあったのですが、完全予約制ですので、利用する際は、ラウンジ入室時にフロントで時間を予約しましょう。

シャワー室内はとても大きく、立派なシンクや、トイレも完備されています。

シンクは四角形で、大きさも充分です。
洗面台の天板が大きいので、パウダールームとしても充分に機能しますね。

アメニティも一通り用意されています。

シャンプーやリンス、ボディウォッシュのほか、歯磨きセット、髭剃りセット、シャワーキャップもあります。

右端のミラーは、中にドライヤーがありました。
パナソニック製のドライヤーで、風量はちょうどよい感じです。

ダイソンのような高級品ではありませんが、充分に快適でした。

トイレも使いやすく、海外にしては珍しく、ウォシュレットも完備されています。
言葉が通じない場合に備えて、イラストで説明されているのも便利ですね。

シャワー室もとても大きく、使いやすいです。
通常のシャワーヘッドのほか、オーバーヘッドシャワーもあります。

オーバーヘッドシャワーは、両手が空きますし、自然落下に近い水流が得られるので、心地よいですよね。

この『チャンギラウンジ』のシャワールームは大満足でした!

 

チャンギ空港「チャンギラウンジ」のまとめ

シンガポールのチャンギ空港のチャンギラウンジ ジュエルの中にあるプライオリティパス利用可能

以上、いかがでしたでしょうか。

今回の「チャンギラウンジ」は、誰でも利用できる有料ラウンジなのですが、プライオリティパスを発行することにより、無料で利用することが可能です。

ラウンジ内は、とても広々としており快適ですし、スナック類やドリンク類だけでなく、シンガポールラクサなどもオーダー制のホットミールもいただくことができます。

さらに、とても清潔で使いやすい大きなシャワールームも完備されており、大満足です。

そのため、プライオリティパスを利用できるラウンジの中では、おそらく最高峰のクオリティのラウンジといえるのではないでしょうか。

それでは、ぜひ皆様も、プライオリティパスを取得した暁には、ぜひこの『チャンギラウンジ』をご利用くださいませ!

なお、繰り返しになりますが、プライオリティパスを発行できるクレジットカードの中で、RANDYが絶対おすすめなのは、楽天プレミアムカードです。

『楽天プレミアムカード』は、プラチナカードの中でも破格の年会費(11,000円(税込))であり、特典として無料でプライオリティパスを取得できるのです!

また、楽天経済圏の方も多いと思うのですが、楽天では、頻繁にスーパーセールなどが開催されており、とてもポイントを貯めやすいことでも有名です。

年会費が11,000円で、なおかつ、ポイントがとても貯まりやすく、プライオリティパスも付帯しているのは、楽天プレミアムカードのみです。

まだお持ちでない方は、随時、お得な入会キャンペーンを実施しておりますので、ぜひご検討されてはいかがでしょうか。

なお、当ブログ『RANDY-BLOG』のYoutubeチャンネル『RANDY-VLOG』では、マリオット・ボンヴォイの系列ホテルを中心としたホテル紹介ホテルラウンジレビュー国内や海外を問わず、これまで旅行した場所のご紹介ビジネスクラスやファーストクラスのフライトレビュー空港ラウンジレビューなどを中心に、旅を楽しくするための情報を発信します!
ぜひご覧くださいませ!

 

<海外旅行のお供に!おすすめのeSIM>

海外でスマホなどを使うには、追加料金を払って現地でローミングしたり、無料Wi-Fiスポットを探す必要があり、大変面倒です。

そのため、Wi-Fiルータをレンタルしたり、SIMカードを購入したりする方も多いと思います。
しかし、Wi-Fiルータは、毎回の充電が面倒だったり、もし紛失した場合には弁償しなければならず、不安が残ります。SIMカードの差し替えも、細かな作業なので、苦手な方もいらっしゃるでしょう。

しかし、『eSIM』さえあれば、Wi-Fiルータを準備したり、SIMカードを差し替えたりする必要がありませんので、大変便利です!

こちらの『Airalo』は、世界初のeSIMストアで、世界中の200以上の国と地域に対応するデジタルデータパックをダウンロードしてインストールすれば、世界中のどこででも訪問先に到着したその瞬間から接続サービスをご利用いただけます!

その便利さは凄まじく、もう二度とWi-Fiルータをレンタルしたり、物理SIMを差し替えたりすることは無さそうです。
いつものスマホを、いつも通り利用できますので、ぜひ、ご検討くださいませ!

↓海外旅行の前はぜひご検討くださいませ↓

Airalo eSIM