fbpx
空港ラウンジ紹介 PR

<プライオリティパス利用!アンバサダートランジットラウンジ>ライブキッチンもあり!チャンギ空港のおすすめラウンジ!シャワー室も完備!

チャンギ シンガポール アンバサダートランジットラウンジ プライオリティパス
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは。RANDYです。

今回は、アジアを代表する巨大空港であるシンガポールのチャンギ国際空港にあるラウンジ『アンバサダートランジットラウンジ(Ambassador Transit Lounge)』をご紹介いたします!
この『アンバサダートランジットラウンジ』は、出国直後のエリアにあり、とてもアクセスのよいラウンジです。
また、プライオリティパスを所持することによっても利用可能ですし、何と言ってもお料理やアイスなどが充実している素晴らしいラウンジです。

特に、ライブキッチンにて、出来立てのマレー料理のシンガポール風ラーメン『Mee Soto(ミー・ソト)』をいただけるのが特徴です。

また、シャワー室もあり、搭乗の直前に利用するのが良いかと思います。

そこで今回は、こちらの『アンバサダートランジットラウンジ』を詳細にご紹介します。

なお、チャンギ空港第3ターミナルにある、プライオリティパスで利用できるラウンジは、他にも3か所あります!

それら『チャンギラウンジ』、『SATSプレミアラウンジ』、『マルハバラウンジ』は、以下の記事で詳細にご紹介しておりますので、ぜひご覧くださいませ!

<プライオリティパス利用!チャンギラウンジ>シンガポール・チャンギ空港の最新ラウンジ!ラクサがおすすめ!シャワー室もありこんにちは。RANDYです。 今回は、アジアを代表する巨大空港であるシンガポールのチャンギ国際空港にあるラウンジ『チャンギラウンジ...
<プライオリティパス利用!SATSプレミアラウンジ>シンガポール・チャンギ空港のおすすめラウンジ!ホットミールが充実!シャワー室もありこんにちは。RANDYです。 今回は、アジアを代表する巨大空港であるシンガポールのチャンギ国際空港にあるラウンジ『SATSプレミア...
<プライオリティパス利用!マルハバラウンジ>軽食やスイーツが充実!ナシレマもあり!シンガポール・チャンギ空港にあるエミレーツ航空系列ラウンジ!シャワー室もありこんにちは。RANDYです。 今回は、アジアを代表する巨大空港であるシンガポールのチャンギ国際空港にあるラウンジ『マルハバラウンジ...

なお、当ブログ『RANDY-BLOG』のYoutubeチャンネル『RANDY-VLOG』では、マリオット・ボンヴォイの系列ホテルを中心としたホテル紹介ホテルラウンジレビュー国内や海外を問わず、これまで旅行した場所のご紹介ビジネスクラスやファーストクラスのフライトレビュー空港ラウンジレビューなどを中心に、旅を楽しくするための情報を発信します!
ぜひご覧くださいませ!

 

<海外旅行のお供に!おすすめのeSIM>

海外でスマホなどを使うには、追加料金を払って現地でローミングしたり、無料Wi-Fiスポットを探す必要があり、大変面倒です。

そのため、Wi-Fiルータをレンタルしたり、SIMカードを購入したりする方も多いと思います。
しかし、Wi-Fiルータは、毎回の充電が面倒だったり、もし紛失した場合には弁償しなければならず、不安が残ります。SIMカードの差し替えも、細かな作業なので、苦手な方もいらっしゃるでしょう。

しかし、『eSIM』さえあれば、Wi-Fiルータを準備したり、SIMカードを差し替えたりする必要がありませんので、大変便利です!

こちらの『Airalo』は、世界初のeSIMストアで、世界中の200以上の国と地域に対応するデジタルデータパックをダウンロードしてインストールすれば、世界中のどこででも訪問先に到着したその瞬間から接続サービスをご利用いただけます!

その便利さは凄まじく、もう二度とWi-Fiルータをレンタルしたり、物理SIMを差し替えたりすることは無さそうです。
いつものスマホを、いつも通り利用できますので、ぜひ、ご検討くださいませ!

↓海外旅行の前はぜひご検討くださいませ↓

Airalo eSIM

チャンギ空港「アンバサダートランジットラウンジ」の場所

「アンバサダートランジットラウンジ」は、シンガポール・チャンギ空港の『第3ターミナル』の制限エリアにあります。
そのため、出国手続きを終えてからでないと利用することはできませんのでご注意ください。

なお、出国手続き前の一般エリアには、『チャンギラウンジ』というラウンジがあります。

シンガポールのチャンギ空港のチャンギラウンジ、ジュエルの近く

この『チャンギラウンジ』は、チャンギ空港の複合施設『Jewel(ジュエル)』にあり新しいラウンジで、こちらもプライオリティパスで利用することができます。

おそらく、チャンギ空港のラウンジで、最もおいしいラクサを食べることができるのは、この『チャンギラウンジ』です。
『チャンギラウンジ』は、以下の記事で詳細にご紹介しておりますので、ぜひご覧くださいませ!

<プライオリティパス利用!チャンギラウンジ>シンガポール・チャンギ空港の最新ラウンジ!ラクサがおすすめ!シャワー室もありこんにちは。RANDYです。 今回は、アジアを代表する巨大空港であるシンガポールのチャンギ国際空港にあるラウンジ『チャンギラウンジ...

ほかにも、こちらの第3ターミナルの制限エリアには、プライオリティパスで利用できる『SATSプレミアラウンジ』もあります。

シンガポールのチャンギ空港のSATSプレミアラウンジ

こちらの『SATSプレミアラウンジ』も、シャワー室完備ですし、ホットミールが充実したとても居心地の良いラウンジです。
ぜひご利用くださいませ!

<プライオリティパス利用!SATSプレミアラウンジ>シンガポール・チャンギ空港のおすすめラウンジ!ホットミールが充実!シャワー室もありこんにちは。RANDYです。 今回は、アジアを代表する巨大空港であるシンガポールのチャンギ国際空港にあるラウンジ『SATSプレミア...

さらに、その隣には、同じくプライオリティパスで利用可能なエミレーツ航空系列の『マルハバラウンジ』もあります。

チャンギ空港 シンガポール マルハバラウンジ プライオリティパス JGC会員 JAL

こちらの『マルハバラウンジ』も、シャワー室完備ですし、スイーツが充実しており、『ナシレマ』をいただけるのも特徴です。
ぜひご利用くださいませ!

<プライオリティパス利用!マルハバラウンジ>軽食やスイーツが充実!ナシレマもあり!シンガポール・チャンギ空港にあるエミレーツ航空系列ラウンジ!シャワー室もありこんにちは。RANDYです。 今回は、アジアを代表する巨大空港であるシンガポールのチャンギ国際空港にあるラウンジ『マルハバラウンジ...
シンガポールのチャンギ空港のSATSプレミアラウンジ

さて。『アンバサダートランジットラウンジ』へは、まずは出国エリアに入ってすぐのエスカレーターを上ります。
写真に記載のように、『Lounges』と書かれているので、すぐにわかると思います。

こちらは、エレベーターを上ってすぐの案内です。
エレベーターのすぐ近くに、シンガポール航空の『クリスフライヤーゴールドラウンジ』があるのですが、『SATSプレミアラウンジ』は、そのすぐ隣です。

そして、『アンバサダートランジットラウンジ』は、『クリスフライヤーゴールドラウンジ』の右方向に直進し、『マルハバラウンジ』を超えた先にあります。

なお、『クリスフライヤーゴールドラウンジ』も、この後に訪問しましたので、別記事でご紹介したいと思います。

 

チャンギ空港「アンバサダートランジットラウンジ」の営業時間・入室条件

アンバサダートランジットラウンジの営業時間は、

24時間

です。
そのため、早朝便でも深夜便でも利用することができますので、とても便利です。
なお、プライオリティパスを利用する場合、ラウンジの利用時間は最大3時間です。

なお、いくらラウンジ内といっても、セキュリティは万全ではありませんので、もしもチャンギ空港で仮眠をする場合には、『アンバサダートランジットラウンジ』に併設されている、格安でしっかりしたセキュリティの「Ambassador Transit Hotel」がおすすめです。

Ambassador Transit Hotelは、チャンギ空港に直結したホテルです。
実は、このAmbassador Transit Hotelは、この『アンバサダートランジットラウンジ』のすぐ隣にあります。

RANDYは、SFC修行の際にAmbassador Transit Hotelを利用しました。
この時には、深夜にチャンギ空港に到着しましたので、朝の6時まで仮眠しました。
記念すべきSFC修行の最初の宿泊でした。

SFC修行シンガポール編2トランジットホテルにて仮眠から2回の朝食 寺院観光へ!ANA SFC修行の一環として、弾丸シンガポール旅行に行きました。 前の記事では、関空→那覇→成田というOKAタッチを行い、成田で国際...

 




アンバサダートランジットラウンジの利用条件は以下のとおりです。

<有料だと誰でも利用可能>

・シャワーあり
①3時間利用(スナック・ソフトドリンク無料):68シンガポールドル
②5時間利用(スナック・ソフトドリンク無料):97シンガポールドル
③10時間利用(スナック・ソフトドリンク無料):175シンガポールドル

・シャワーなし
①3時間利用(スナック・ソフトドリンク無料):55シンガポールドル
②5時間利用(スナック・ソフトドリンク無料):82シンガポールドル
③10時間利用(スナック・ソフトドリンク無料):160シンガポールドル

・シャワーのみ:20シンガポールドル

・仮眠室:6時間で120シンガポールドル

<プライオリティパスなど(スナック・ソフトドリンク・シャワー無料)>

①プライオリティパス
②ダイナースクラブ
③ラウンジ・キー
④Lounge Pass などを提示し、3時間無料で利用可能

このように、いくつかのラウンジサービスと提携されておりますので、そのようなラウンジサービスの会員であれば利用することができます。
スターアライアンス・ANAのSFC会員や、ワンワールド・JALのJGC会員では、利用することができませんので、ご注意ください。

おすすめはもちろん!プライオリティパスです。

プライオリティパスを所持していることにより、このアンバサダートランジットラウンジでは、すべてのお料理やドリンク類をいただけるほか、シャワーも無料で利用することができます!

RANDYは、11時45分に入室しましたので、このように、14時45分まで利用できる旨のシールが渡されます。

プライオリティパスとは

なお、「プライオリティパス」とは、世界130か国の1200を超える空港に設けられた豪華ラウンジを利用できたり、レストランでの優待を受けることのできるサービスです。

このプライオリティパスは、通常は、99米ドル支払って「プライオリティパス・メンバーシップ」に登録する必要があり、これにより、1回あたり32米ドルを支払うことによって豪華ラウンジに入室することができます。

しかし、一部のクレジットカードには、特典として、プライオリティパスを無料で入手できるものがあるのです!
ただし、このプライオリティパスを取得できるようなクレジットカードは、多くの場合、プラチナカードであるため、非常に高額な年会費(たとえば5万円~15万円など)が必要です。

そこで!RANDYが絶対おすすめなのは、楽天プレミアムカードです。

『楽天プレミアムカード』は、プラチナカードの中でも破格の年会費(11,000円(税込))であり、特典として無料でプライオリティパスを取得できるのです!

また、楽天経済圏の方も多いと思うのですが、楽天では、頻繁にスーパーセールなどが開催されており、とてもポイントを貯めやすいことでも有名です。

年会費が11,000円で、なおかつ、ポイントがとても貯まりやすく、プライオリティパスも付帯しているのは、楽天プレミアムカードのみです。

まだお持ちでない方は、随時、お得な入会キャンペーンを実施しておりますので、ぜひご検討されてはいかがでしょうか。

楽天プレミアムカードを所持していれば、このようなプライオリティパス・メンバーシップに、年会費無料で登録することができます!

今回、RANDYは、他のラウンジも訪問する予定でしたので、長居する予定ではありませんでしたので、楽天プレミアムカードを所持することにより発行した『プライオリティパス』を利用しました。

なお、これまでも、プライオリティパスを利用して、国内外のラウンジを利用しました。
特に、関西空港では国内線の利用時に、出発時だけでなく、到着時も、『ぼてぢゅう』にて、3,400円分までの飲食が無料になります!

以下の記事では、最もお得になるように、3399円を利用した例をご紹介しておりますので、ぜひご覧くださいませ!

<関西空港ぼてぢゅうで3399円!>プライオリティパス利用でもっともお得なオーダーをご紹介こんにちは!RANDYです。 いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。 すでに多くの方がレビューされておりますように、...

また。以下の記事では、成田空港の『大韓航空 KALラウンジ』、バンコク・スワンナプーム国際空港の『オマーンエアラウンジ』をご紹介しておりますので、ぜひご覧くださいませ!

特に、オマーンエアのラウンジは、プライオリティパスで利用できるラウンジとしては最高峰だと思います。
豪華な食事や、シャワールームまで完備されており、とても快適でした!

<プライオリティパスで利用可能>成田国際空港の大韓航空KALラウンジはとっても快適こんにちは。RANDYです。 今回は、成田国際空港の国際線ターミナルにある、大韓航空の『KALラウンジ』をご紹介します! こちら...
<バンコク スワンナプーム空港>プライオリティパスで超快適なオマーン航空ラウンジへ!こんにちは。RANDYです。今回は、珍しくスターアライアンスゴールド のラウンジではなく、プライオリティパスで入室できるラウンジのご紹介...

入り口で航空券とプライオリティパスを提示して、入室です。
おそらく、フライト時間が迫っている場合は、入室を断られる可能性もありますので、必ず余裕を持って訪問してくださいね。

 

チャンギ空港「アンバサダートランジットラウンジ」の概要

それでは、アンバサダートランジットラウンジ内の様子をご紹介します。
アンバサダートランジットラウンジは、お昼前の11時45分ごろに訪問しましたが、利用者はあまりおらず、空いていました。

革張りの立派な1人掛けチェアのほか、2人用のテーブル席なども多数用意されています。
どれもクリーム色を基調とした、落ち着いた雰囲気です。

壁際には、ボックスタイプの半個室仕様のビジネスデスクもありますね。

ほかにも、このようなカウンター席もありました。

革張りチェアのサイドには、コンセントやUSBポートが用意されています。
ほぼすべてのチェアに用意されていますので、電源に困ることは無さそうです。

なお、コンセントは、シンガポール用の『Gタイプ』だけでなく、各国のコンセントが対応しているようです。

なお、RANDYは、海外旅行の際は、必ず、変換プラグを持参しています。
おすすめはこちら↓

これ1つで、全世界のコンセントに対応しているだけでなく、USBポートも付いていて、急速充電にも最適です!

こちらのように、あまり大きくはありませんが、テレビもあり、その近くには、マガジンラックもありました。
窓からは、外の眺めも楽しめます。

 

EPOSカード

チャンギ空港「アンバサダートランジットラウンジ」のフードコーナー

さて。それでは、フードコーナーを見てみましょう。
フードコーナーは、ラウンジ奥の、広いスペースにあります。

ライブキッチンも併設されており、すべてのお料理やドリンクが近い場所にまとめられていますので、とてもアクセスに便利です。

エリアの中心には、ホットミールが多数用意されています。

1つ1つのお料理を開けるのはできませんでしたが、奥から、『チンゲン菜のオイスターソース炒め』、『ローストチキン』、『うずら卵のサンバルソース炒め』、『白身魚のフライ+タイソース』、『トマトソーススパゲティ』、『大豆の甘酢団子』でした。

中華だけでなく、タイ料理やスパゲティなど、バランスの良いホットミールですね。

その奥には、チーズサンドウィッチと、ライスがありました。
先ほどの『チンゲン菜のオイスターソース炒め』や『うずら卵のサンバルソース炒め』などは、白御飯との相性がよさそうです。

続いて、壁際には、サラダコーナーがありました。
サラダは、左から、レタス、キュウリ、チェリートマト、コーン、オリーブ、ポテトサラダ、キムチです。

ドレッシングは、小さなプラカップに小分けにされたものが用意されています。

海外旅行中は、野菜不足になりがちですので、しっかり補いたいと思います。

こちらは、ナッツや、ドライベジタブルのミックスです。
グリーンピースや、ニンジンなどのドライベジタブルが入っています。

続いて、フードエリアの入り口付近には、クロワッサンと食パンがありました。
種類は豊富ではありませんが、軽食としてが充分ですね。

パンの隣には、マッシュルームスープと、チョコマフィンもありました。

さらに、フルーツもちゃんとあります。
ビスケットなどは個包装されていますので、衛生面も安心ですね。

これらは、一応、ラウンジ内で食べるのがルールですが、小腹が空いたとき用に機内に持ち込む方も多いですよね。

 




最後にドリンクコーナーです。

ソフトドリンクのドリンクサーバーがありますね。
炭酸水のほか、定番のファンタやコーラ、スプライトもあります。

その隣には、ネスカフェの全自動のコーヒーメーカーもあります。
いつでも曳きたてのおいしいコーヒーがいただけます。
もちろん、ラテやエスプレッソなども作ることができます。

先ほどの『SATSプレミアラウンジ』や『マルハバラウンジ』では、Dilmah(ディルマー)の紅茶でしたが、こちらの『アンバサダートランジットラウンジ』では、リプトンの上位ブランド『サー・トーマス・リプトン』の紅茶です。

『サー・トーマス・リプトン』は、黄色ラベルの『リプトン』よりも、さらに特別な茶葉を厳選した上位ブランドです。

5種類ほどあり、フレーバーティーなども用意されており、色々と楽しめそうです。

そして、フレッシュジュースは、オレンジとアップルです。
奥のアップルの色が珍しいですね。最初見たときは、お茶かと思いました。

なお、RANDYが見落としただけなのか分かりませんが、この『アンバサダートランジットラウンジ』には、アルコール類が見当たりませんでした。。。
ラウンジの方針なのか、時間帯の問題なのか分かりませんが、ありません。

ラウンジでは、よく、冷蔵庫にソフトドリンクやビールが置いてあるイメージですが、こちらの『アンバサダートランジットラウンジ』では、先ほどご紹介しましたように、ソフトドリンクもジュースサーバーで提供されています。

ですので、もしかすると、ドリンクを提供するような冷蔵庫がないのかもしれません。。。

 

チャンギ空港「アンバサダートランジットラウンジ」のシャワールーム

このアンバサダートランジットラウンジには、立派なシャワールームが完備されています。
ラウンジ入り口のスタッフに声をかければ、利用することができます。

しかも!シャワー室は10か所!
そのため、混みあうことはなく、おそらくいつでもすぐに利用することができそうです。

シャワー室は、縦長の構造です。
トイレはありませんが、その分、10か所という多数のシャワー室があるのはうれしいです。

ちゃんと洗面台も完備されています。

洗面台は、四角くて、深さのあるボウルですね。
蛇口との間に充分な空間がありますので、顔を洗ったり、使いやすそうです。

シャワー室はとても大きく、通常のシャワーヘッドのほかに、オーバーヘッドシャワーがあります。

オーバーヘッドシャワーは、自然落下に近い水圧が得られるため、肌にも優しく、両手が空くのでおすすめです。

シャワーやボディソープも、ちゃんとあります。
また、写真のように、シャワー室の上の方に、青いタオルが用意されていますね。

清潔で、とても使い勝手のよさそうなシャワー室でした。

チャンギ空港「アンバサダートランジットラウンジ」のオーダー制ホットミール

さて。『チャンギラウンジ』や『SATSプレミアラウンジ』には、ラクサがありましたし、『マルハバラウンジ』には、ナシレマがありました。
こちらの『アンバサダートランジットラウンジ』はいかがでしょうか。

<プライオリティパス利用!チャンギラウンジ>シンガポール・チャンギ空港の最新ラウンジ!ラクサがおすすめ!シャワー室もありこんにちは。RANDYです。 今回は、アジアを代表する巨大空港であるシンガポールのチャンギ国際空港にあるラウンジ『チャンギラウンジ...
<プライオリティパス利用!SATSプレミアラウンジ>シンガポール・チャンギ空港のおすすめラウンジ!ホットミールが充実!シャワー室もありこんにちは。RANDYです。 今回は、アジアを代表する巨大空港であるシンガポールのチャンギ国際空港にあるラウンジ『SATSプレミア...
<プライオリティパス利用!マルハバラウンジ>軽食やスイーツが充実!ナシレマもあり!シンガポール・チャンギ空港にあるエミレーツ航空系列ラウンジ!シャワー室もありこんにちは。RANDYです。 今回は、アジアを代表する巨大空港であるシンガポールのチャンギ国際空港にあるラウンジ『マルハバラウンジ...

何と!こちらの『アンバサダートランジットラウンジ』では、ライブキッチンにて、マレー料理である『Mee Soto(ミー・ソト)』が提供されていました!
『Mee Soto』は、鶏のダシが効いた、シンガポール風のラーメンとでも言いましょうか。

シンガポールなどの東南アジアの名物料理です。

残念ながら、すでにラクサなどの食事を、他のラウンジで済ませてしまっていたので、いただくことはできませんでしたが、写真からも明らかなように、とても本格的な『Mee Soto(ミー・ソト)』をいただけるようでした!

チャンギ空港「アンバサダートランジットラウンジ」の盛り付け例

盛り付け例というほどではないのですが、すでにラウンジ訪問も4か所目で、お腹が空いていませんでしたので(正確には、次に訪問する、シンガポール航空『クリスフライヤー・ゴールド・ラウンジ』のために、お腹のスペースを空けていたかったので)、チョコチップの入ったアイスのみをいただきました。

この『Magnolia(マグノリア)』は、カナダの有名なアイスクリームです。
マンゴーや、ハロハロ、ウベなどの、南国フレーバーの展開が豊富なのですが、このチョコチップもとてもおいしかったです!

さて。最後の5軒目のラウンジに行きましょうか。

チャンギ空港「アンバサダートランジットラウンジ」のまとめ

以上、いかがでしたでしょうか。

今回の「アンバサダートランジットラウンジ」は、誰でも有料で利用できるのですが、何と言ってもプライオリティパスを発行することにより、無料で利用することができますので、おすすめです。

ラウンジ内は、とても広々としており、豊富なホットミールが用意されています。
また、他のラウンジにはない、シンガポール名物のマレー料理『Mee Soto(ミー・ソト)』を食べることができるのもおすすめです!

24時間営業ですし、隣には『アンバサダートランジットホテル』もありますので、深夜便を利用する場合や、空港での乗り継ぎ時間が長い場合などには、ぜひおすすめです。

それでは、ぜひ皆様も、プライオリティパスを取得した際には、ぜひこの『アンバサダートランジットラウンジ』をご利用くださいませ!

なお、繰り返しになりますが、プライオリティパスを発行できるクレジットカードの中で、RANDYが絶対おすすめなのは、楽天プレミアムカードです。

『楽天プレミアムカード』は、プラチナカードの中でも破格の年会費(11,000円(税込))であり、特典として無料でプライオリティパスを取得できるのです!

また、楽天経済圏の方も多いと思うのですが、楽天では、頻繁にスーパーセールなどが開催されており、とてもポイントを貯めやすいことでも有名です。

年会費が11,000円で、なおかつ、ポイントがとても貯まりやすく、プライオリティパスも付帯しているのは、楽天プレミアムカードのみです。

まだお持ちでない方は、随時、お得な入会キャンペーンを実施しておりますので、ぜひご検討されてはいかがでしょうか。

なお、当ブログ『RANDY-BLOG』のYoutubeチャンネル『RANDY-VLOG』では、マリオット・ボンヴォイの系列ホテルを中心としたホテル紹介ホテルラウンジレビュー国内や海外を問わず、これまで旅行した場所のご紹介ビジネスクラスやファーストクラスのフライトレビュー空港ラウンジレビューなどを中心に、旅を楽しくするための情報を発信します!
ぜひご覧くださいませ!

 

<海外旅行のお供に!おすすめのeSIM>

海外でスマホなどを使うには、追加料金を払って現地でローミングしたり、無料Wi-Fiスポットを探す必要があり、大変面倒です。

そのため、Wi-Fiルータをレンタルしたり、SIMカードを購入したりする方も多いと思います。
しかし、Wi-Fiルータは、毎回の充電が面倒だったり、もし紛失した場合には弁償しなければならず、不安が残ります。SIMカードの差し替えも、細かな作業なので、苦手な方もいらっしゃるでしょう。

しかし、『eSIM』さえあれば、Wi-Fiルータを準備したり、SIMカードを差し替えたりする必要がありませんので、大変便利です!

こちらの『Airalo』は、世界初のeSIMストアで、世界中の200以上の国と地域に対応するデジタルデータパックをダウンロードしてインストールすれば、世界中のどこででも訪問先に到着したその瞬間から接続サービスをご利用いただけます!

その便利さは凄まじく、もう二度とWi-Fiルータをレンタルしたり、物理SIMを差し替えたりすることは無さそうです。
いつものスマホを、いつも通り利用できますので、ぜひ、ご検討くださいませ!

↓海外旅行の前はぜひご検討くださいませ↓

Airalo eSIM