fbpx
シンガポール PR

ローカル愛される味!シンガポールの名店!黄亜細肉骨茶(NG AH SIO Bak Kut Teh)が提供するバクテーの魅力

シンガポール 黄亜細肉骨茶 NG AH SIO Bak Kut Teh バクテー
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは。RANDYです。5月に、シンガポールを訪れました。

シンガポールには、チキンライス、ホッケンミー、カヤトースト、チリクラブ等々、おいしいグルメがたくさんあります。
中でも、特におすすめは、何と言っても『肉骨茶(バクテー)』で間違いありません。

シンガポール 黄亜細肉骨茶 NG AH SIO Bak Kut Teh バクテー

<バクテーとは>

骨付きの豚肉を、スパイスやたっぷりのニンニクと一緒に長時間煮込んだお料理です。

ホロホロのお肉と、コショウの効いたスープが絶妙で、一度食べるとクセになるほどおいしいです。

シンガポールには、有名チェーン店だけでなく、ローカルだけが知るようなバクテーの名店も数多く存在します。

前回、シンガポールNo.1と名高い『謳南園亜華肉骨茶(Outram Park Ya Hua Rou Gu Cha)』の絶品バクテーをご紹介しました。

https://randy-blog.com/restaurant/bak-kut-teh_outram-park-ya-hua-rou-gu-cha

また、シンガポールNo.1のバクテーチェーンである『松發肉骨茶(ソンファ・バクテーSong Fa Bak Kut Teh)』では、バクテーのほか、絶品の『自家製ノヒョン』もいただくことができます。

ソンファバクテー シンガポール 肉骨茶
シンガポールの大人気チェーン店!ソンファバクテーの魅力に迫るこんにちは。RANDYです。5月に、シンガポールを訪れました。 シンガポールには、チキンライス、ホッケンミー、カヤトースト、チリク...

さらに今回は、数ある名店の中から、『謳南園亜華肉骨茶(Outram Park Ya Hua Rou Gu Cha)』と並び、最高においしいと評判のバクテーの名店『黄亜細肉骨茶(ングアーシオ・バクテーNG AH SIO Bak Kut Teh)』をご紹介します!

なお、当ブログ『RANDY-BLOG』のYoutubeチャンネル『RANDY-VLOG』では、マリオット・ボンヴォイの系列ホテルを中心としたホテル紹介ホテルラウンジレビュー国内や海外を問わず、これまで旅行した場所のご紹介ビジネスクラスやファーストクラスのフライトレビュー空港ラウンジレビューなどを中心に、旅を楽しくするための情報を発信します!
ぜひご覧くださいませ!

また、今回の記事の内容は、すでにYoutubeチャンネル『RANDY-VLOG』でもご紹介しておりますので、ぜひご覧くださいませ!

 

<海外旅行のお供に!おすすめのeSIM>

海外でスマホなどを使うには、追加料金を払って現地でローミングしたり、無料Wi-Fiスポットを探す必要があり、大変面倒です。

そのため、Wi-Fiルータをレンタルしたり、SIMカードを購入したりする方も多いと思います。
しかし、Wi-Fiルータは、毎回の充電が面倒だったり、もし紛失した場合には弁償しなければならず、不安が残ります。SIMカードの差し替えも、細かな作業なので、苦手な方もいらっしゃるでしょう。

しかし、『eSIM』さえあれば、Wi-Fiルータを準備したり、SIMカードを差し替えたりする必要がありませんので、大変便利です!

こちらの『Airalo』は、世界初のeSIMストアで、世界中の200以上の国と地域に対応するデジタルデータパックをダウンロードしてインストールすれば、世界中のどこででも訪問先に到着したその瞬間から接続サービスをご利用いただけます!

その便利さは凄まじく、もう二度とWi-Fiルータをレンタルしたり、物理SIMを差し替えたりすることは無さそうです。
いつものスマホを、いつも通り利用できますので、ぜひ、ご検討くださいませ!

↓海外旅行の前はぜひご検討くださいませ↓

Airalo eSIM




黄亜細肉骨茶(ングアーシオ・バクテーNG AH SIO Bak Kut Teh)の場所

「黄亜細肉骨茶(ングアーシオ・バクテーNG AH SIO Bak Kut Teh)」は、MRT『北東線(ノース・イースト線)』の『Farrer Park(ファーラーパーク駅)』が最寄りです。
『ファーラーパーク駅』から、徒歩10分ですので、のんびり散歩しながら目指しましょう!

なお、RANDYは、『コートヤード・シンガポール・ノベナ』に滞在しておりました。
この『コートヤード・シンガポール・ノベナ』は、MRT『南北線(ノース・サウス線)』の『Novena(ノヴェナ駅)』と直結しています。
黄亜細肉骨茶(ングアーシオ・バクテーNG AH SIO Bak Kut Teh)は、その『Novena(ノヴェナ駅)』からも徒歩で訪れることができます。

<黄亜細肉骨茶の最寄り駅>

  • 北東線(ノース・イースト線)の『Farrer Park(ファーラーパーク)駅(NE8)』から徒歩10分
  • 南北線(ノース・サウス線)の『Novena(ノヴェナ)駅(NS20)』から徒歩20分
シンガポール 黄亜細肉骨茶 NG AH SIO Bak Kut Teh バクテー

今回は、『ファーラーパーク駅』からのアクセスをご紹介します。

この辺りは、とても中心地の賑やかな雰囲気とは異なり、町はずれの静かなエリアです。

徒歩10分ですが、ひたすらまっすぐなので、迷うことなく到着します。

シンガポール 黄亜細肉骨茶 NG AH SIO Bak Kut Teh バクテー

見えてきました。
こちらが、バクテーの有名店『黄亜細肉骨茶(ングアーシオ・バクテーNG AH SIO Bak Kut Teh)』です。

なお、隣のお店は、ドリアンを大量に売っているフルーツ店です。
近づくと、かなりにおいがしますので、苦手な方はご注意ください。

<黄亜細肉骨茶の営業時間>

朝9時から夜21時まで

です。

定休日はなく、年中無休です!

『黄亜細肉骨茶(ングアーシオ・バクテーNG AH SIO Bak Kut Teh)』は、朝9時から夜21時まで営業されています。

そのため、早朝に朝ごはんとして食べるのは難しそうですが、早めのランチなどで利用するとよいかもしれません。

RANDYは、マリーナベイサンズで仕事があったので、仕事終わりの夕方に来店しました。

 




黄亜細肉骨茶(ングアーシオ・バクテーNG AH SIO Bak Kut Teh)の店内へ

シンガポール 黄亜細肉骨茶 NG AH SIO Bak Kut Teh バクテー

それでは、さっそく「黄亜細肉骨茶(ングアーシオ・バクテーNG AH SIO Bak Kut Teh)」の店内に入ります。

どうやら、最近、改装されたようで、とても清潔感のある外観です。
見た感じ、ローカル脚ばかりのようですが、入りにくい雰囲気は一切ありません。

中は、かなり広そうです。
店に入るとすぐに、スタッフの方が親しげに案内してくれます。

シンガポール 黄亜細肉骨茶 NG AH SIO Bak Kut Teh バクテー 店内

店内には、数多くのテーブルがあります。
夕方の早い時間でしたので、晩ご飯の時間というわけではありませんでしたが、テーブルの7割ほどは埋まっていました。

テーブルには、メニューがありません。
すべて、QRコードを読み込んで、セルフでオーダーするシステムのようです。

なお、お箸とレンゲ、小皿は、テーブルの引き出しの中にぎっしり入ってました。
出しっぱなしよりも、いくらか衛生的なような気がします。

黄亜細肉骨茶(ングアーシオ・バクテーNG AH SIO Bak Kut Teh)のメニュー

それでは、さっそく、QRコードを読み取って、オーダーを勧めたいと思います。

 

まずは、お目当てのバクテーから。
バクテーもいくつか種類があるのですが、今回は定番の『Superior Spare Ribs(スーペリアスペアリブ)』のバクテーをチョイス。

これに、油条とライスもオーダーしました。
バクテーに油条は絶対に欠かせません!

続いて、ドリンクもオーダー。
中国茶の品ぞろえが豊富です。

コーヒーや、プーアル茶などもあるようです。
RANDYは、プーアル茶が大好きなのですが、今回は、冷たいものがよかったので、パスしました。

結局、はちみつ入りのレモンティーをオーダーしました。

<オーダー内容>

  • スーペリアスペアリブのバクテー(9.80シンガポールドル)
  • 油条(2.00シンガポールドル)
  • スモールライス(0.80ドル)
  • はちみつ入りレモンティー(2.50ドル)

の合計15.10ドルでした!安い!

 




黄亜細肉骨茶(ングアーシオ・バクテーNG AH SIO Bak Kut Teh)の看板メニュー!バクテー到着!

シンガポール 黄亜細肉骨茶 NG AH SIO Bak Kut Teh バクテー

注文後、5分ほどでしょうか。
続々と注文したお料理が到着しました!

さっそくいただきます!

こちらが絶品『バクテー』です!
お値段は、9.8シンガポールドルですので、約1000円ほどです。

バクテーのお供は、絶対に、『油条(ゆじょう、揚げパン)』決まりです。

油条は2.0シンガポールドルでした。

あと、ライスも忘れずに注文しました。
ライスは0.8シンガポールドルです。

めっちゃ安くて、量もちょうどいいぐらいです。

まだ夕方の暑い時間帯でしたので、ドリンクは、はちみつ入りレモンティーで(2.5シンガポールドル)を注文しました。
海外あるあるだと思うのですが、ドリンクは、かなりボリュームがあります。

シンガポール 黄亜細肉骨茶 NG AH SIO Bak Kut Teh バクテー

バクテーは、前回の『謳南園亜華肉骨茶(Outram Park Ya Hua Rou Gu Cha)』のバクテーと比べて、肉質がしっかりしていて、コショウがとても効いていました。

https://randy-blog.com/restaurant/bak-kut-teh_outram-park-ya-hua-rou-gu-cha

とはいっても、硬いわけではなくて、簡単に骨と肉が分離して、とても食べやすかったです。

なお、スープは、少なくなると、無料で(そして無言で)お代わりを足してくれます。
断らない限り、何度でもお代わりできるようなので、それだけでもお腹いっぱいになります。
スパイシーなスープには、油条をしっかりと漬けて、ジュクジュクにして食べると最高です!

ごちそうさまでした!

なお、入り口近くには、バクテーの素や、チリクラブのスナックなどが売っています。
こちらのチリクラブのスナックを買って帰りました。

ローカルのスナックは、ついつい買ってみたくなります。




黄亜細肉骨茶(ングアーシオ・バクテーNG AH SIO Bak Kut Teh)のまとめ

シンガポール 黄亜細肉骨茶 NG AH SIO Bak Kut Teh バクテー

いかがでしたでしょうか。

「黄亜細肉骨茶(ングアーシオ・バクテーNG AH SIO Bak Kut Teh)」は、ローカル客が賑わう中で、絶品のバクテーがいただけます!

改装されたばかりのため、店内はとても広く清潔で、過ごしやすいです。

最寄り駅の『ファーラーパーク駅』は、『リトルインディア駅』の隣ですので、観光に盛り込んで訪れるのもよいかもしれません。
ぜひおすすめです。

また、今回の記事の内容は、すでにYoutubeチャンネル『RANDY-VLOG』でもご紹介しておりますので、ぜひご覧くださいませ!

 

<海外旅行のお供に!おすすめのeSIM>

海外でスマホなどを使うには、追加料金を払って現地でローミングしたり、無料Wi-Fiスポットを探す必要があり、大変面倒です。

そのため、Wi-Fiルータをレンタルしたり、SIMカードを購入したりする方も多いと思います。
しかし、Wi-Fiルータは、毎回の充電が面倒だったり、もし紛失した場合には弁償しなければならず、不安が残ります。SIMカードの差し替えも、細かな作業なので、苦手な方もいらっしゃるでしょう。

しかし、『eSIM』さえあれば、Wi-Fiルータを準備したり、SIMカードを差し替えたりする必要がありませんので、大変便利です!

こちらの『Airalo』は、世界初のeSIMストアで、世界中の200以上の国と地域に対応するデジタルデータパックをダウンロードしてインストールすれば、世界中のどこででも訪問先に到着したその瞬間から接続サービスをご利用いただけます!

その便利さは凄まじく、もう二度とWi-Fiルータをレンタルしたり、物理SIMを差し替えたりすることは無さそうです。
いつものスマホを、いつも通り利用できますので、ぜひ、ご検討くださいませ!

↓海外旅行の前はぜひご検討くださいませ↓

Airalo eSIM