fbpx
SFC修行

SFC修行タイ編2ANAプレミアムエコノミーでバンコクへ マジックフードポイントで本場タイ料理!

こんにちは。RANDです。
ANA SFC修行の一環として、弾丸タイ旅行に行きました。

さて、無事に「OKAタッチ」を終え、成田に到着しました。

SFC修行タイ編1現地滞在24時間の弾丸旅行 出国前の沖縄那覇のOKAタッチこんにちは。RANDYです。 ANA SFC修行の一環として、弾丸タイ旅行に行きました。 この弾丸タイ旅行は、現地滞在時間が24...

いよいよ出国し、バンコクのスワンナプーム国際空港に向かいます。
スワンナプーム国際空港に到着後、夜食として、空港にある格安穴場フードコート「マジックフードポイント」で本場タイ料理を満喫しますよ。

その前に、まずは恒例のポケットWi-Fiをゲットし、ANAの国際線ラウンジを満喫しますよ!

ANAJCBカード

弾丸旅行の必需品 ポケットWi-Fiをお忘れなく!

前回の弾丸シンガポール旅行と同様に、今回の弾丸タイ旅行も分単位のスケジュールで行動します。

そのため、初めて訪れるバンコクで迷わないように、常にGoogle Mapのお世話になります。

RANDYのiPhoneは、SIMフリーではありませんので、ポケットWI-FIが必須です。

Wi-Fiは、当日に空港で借りることもできますが、事前にネットで注文した方が安く借りれるため、今回も手配しました。
成田空港で受け取ることができます。
返却もボックスに入れるだけなので楽です。

今回借りたのは、Wi-Ho!(ワイホー)の1ギガプランです。
この「Wi-Ho!(ワイホー)」は、RANDYが知る限り、最も安いレンタルWi-Fiです。

 

RANDYは、毎回の海外旅行では、必ずこのWi-Ho!(ワイホー)でレンタルWi-Fiを借りています。

成田到着後、そのまま国際線乗り継ぎに進まないように!

ここで、成田で国際線に乗り継ぐ場合、注意が必要です。

成田空港から国際線に乗り継ぐ場合、乗客は、そのまま国際線の乗り継ぎレーンに進むことができます。

でも、RANDYのように成田空港でポケットWi-Fiを受け取る場合、うっかり乗り継ぎレーンに進んでしますと、ポケットWi-F-受け取らずに出国してしまいます。

そのため、乗り継ぎのレーンには進まずに、Pepper君の言うとおり、一度到着ロビーを出ましょう!

無事にポケットWi-Fiを受け取ることができたら、ANAカウンターでチェックインし、出国しましょう。

 

EPOSカード

ANA出国手続きのあとは、お楽しみの国際線ラウンジへ

まずは出国手続きのためにチェックインです。
はやく国際線ラウンジに行きたい気持ちを必至で抑えます。

ANAビジネスクラスカウンターで楽々チェックイン

さて、バンコクへのフライトが17:20発なので、2時間半ほど余裕があります。

次のフライトは、プレミアムエコノミークラスを予約しているので、チェックインではビジネスクラスのカウンターを使用することができます。

ビジネスクラスカウンターを利用できるのは、ビジネスクラスプレミアムエコノミークラスの乗客だけでなく、スターアライアンスのゴールドステータスの乗客や、SFC(スーパーフライヤーズカード)会員であればOKです。

なお、プレミアムエコノミークラスを利用することにより、このように、チェックイン時に優先カウンターを利用できますし、出国後の制限エリアでVIPラウンジを利用することもできます。
また、SFC修行の最大の目的であるプレミアムポイントを、最も効率的に安く獲得することができます。
詳細は以下の記事で紹介しておりますので、ぜひご覧くださいませ!

SFC修行でアジア路線を利用するなら!プレミアムエコノミーが絶対おススメ!こんにちは。RANDYです。国際線を利用して、ANAの上級会員(SFC会員)になるためにSFC修行を行うにあたり、どの搭乗クラスを選択す...

 

ANAJCBカード

お楽しみのANA国際線ラウンジへ

イメージ画像

プレミアムエコノミーの乗客は、出国審査後の制限エリア内にある「ANA国際線ラウンジ」を利用することができます!

ANA国際線ラウンジは、制限エリア内の2階にあります。
入口では航空券とパスポートを見せるだけで入れますよ。

ラウンジ内はとても広く、軽食飲み物が充実しています。

おにぎり、からあげ、サンドイッチ、ソフトドリンク、アルコール類、そして定期的に握りずしがでてきます。

この後の国際線で、機内食を食べた後に、「一風堂の柚子香る鶏豚(トリトン)そばスープ」をどうしても食べたかったので、ラウンジでの食事は控えめにするはずでした。

が、ビュッフェ形式ですので、ついつい多めに取ってしまいます。

この日はマーボーナスがありました。

また、このANA特製チキンカレーがすっごいおいしいんです。

ラウンジ奥のヌードルバーで注文することができますよ。

ヌードルバーでは、カレーのほかに、うどんラーメン等も注文できますよ。
もちろん全部タダです♪

この日は、なぜか食欲旺盛で、チキンカレーの後に、とんこつラーメンも食べてしまいました。。。
なお、この後、機内で「一風堂の柚子香る鶏豚(トリトン)そばスープ」も食べますけどね。

しかも、お腹が膨れてゆっくりしていたら、握りずしのサービスが始まりました。
その場で握ってもらうため、とても新鮮でおいしかったです。

さすがにお腹いっぱいになりました。

さて、いよいよバンコクへのフライトが迫ってきました

 

ANAJCBカード

SFC修行タイ編月24日(土)17:20→22:40 成田からバンコクへの移動

ラウンジでゆっくりした後、いよいよ出国です。
現地滞在24時間の過密スケジュールをこなすために、しっかりと休息を取ろうと思います。

今回も、プレミアムポイントをなるべく多く獲得するためにエコノミークラスではなく、プレミアムエコノミークラスを予約しました。

しかもプレミアムエコノミークラスの最後列にしましたので、リクライニングも全開できます

なお、プレミアムエコノミークラスによって得られるマイルおよびプレミアムポイント(PP)に関しては以下の記事で紹介していますので、よろしければご覧くださいませ。

【保存版】2021年 SFC修行 おすすめ国内線・国際線フライトプラン まとめこんにちは。RANDYです。今日は、2021年にSFC修行をされる方のために、おすすめのフライトプランを紹介いたします。 というの...

プレミアムエコノミークラスの座席について

プレミアムエコノミーは、国内線のプレミアムクラスとは異なります。

プレミアムエコノミーは、ビジネスクラスとエコノミークラスの中間に位置するクラスです。

エコノミークラスよりもシート幅やシートピッチが大きく、フットレストだけでなく、レッグレストも装備されています

リクライニングに関して、単に後ろに倒れるのではなく、後ろに倒れつつ、座面が前にスライドします。

そのため、前の乗客がリクライニングを倒したとしても、それほど自分のスペースが狭くなることがなく、充分なスペースが確保されます。

個人的には、レッグレストが秀逸でした。
というのも、リクライニングを倒すと レッグレストがふくらはぎをサポートし、両足が浮きます(歯医者さんの診察台のような状態です)。

このように両足が浮いた状態になると、とても足への負担が軽減され、リラックスできます。

エコノミークラスの場合は、リクライニングを倒しても足が床面に付いたままですし、そもそも前の座席とのピッチが狭いため、足を斜めにしなければ伸ばすこともままなりません。

これらの面倒がないだけでも、長距離の移動ではとても快適になります。

 

プレミアムエコノミークラスの機内食について

プレミアムエコノミーは、機内食そのものはエコノミークラスと同じです。

ただし、エコノミークラスよりもテーブルが大きく、座席が広いので、窮屈な中で食べる必要がありません。

また、エコノミークラスのドリンクメニューに加えて、スパークリングワイン、日本酒、ワイン、特製かぼすジュース等の色々なドリンクが提供されます

RANDYはアルコールを飲みませんので(前回のシンガポール旅行では、数年ぶりにシャンパンを飲みました)、炭酸水をもらいました。

おつまみもいただけます。

機内食の後は、好きな時間に軽食をもらうことができます。

プレミアムエコノミーでは、なんと!ビジネスクラスのデザートがもらえるんですね。
とっても濃厚なチーズの風味と酸味が合わさって、おいしかしかったです。

最初は誰も注文していませんでしたが、RANDYが注文すると、続々と周りの乗客も注文していました。

 

おまちかねの軽食 一風堂監修の「柚子香る鶏豚そばスープ」

プレミアムエコノミークラスでは、軽食として、うどんやスープなどをいただくこともできます。

そして、すでに上でも紹介しておりますように、一風堂が監修している「柚子香る鶏豚そばスープ」(略して、とりとん)が有名です。
前回のシンガポール旅行では、残念ながら、満腹過ぎて食べることができませんでしたので、今回はリベンジです。

サイズにとても驚きました。
普通のカップラーメンよりも一回りほど小さいんですね。
これだったら機内食を食べた後でも丁度いいサイズです。

柚子の風味が効いたスープがとてもおいしかったです。
飲み干しました。

ANAの場合、ソフトドリンクのカボスジュース等もありますね。
機内での柑橘類の風味は、リラックス効果も期待できるのでしょうか。

さて、さすがに満腹になりました。
そのあとは熟睡できました。
レッグレストがいいですねー。

その後、フライトは順調に進み、映画も2本見たところで、いよいよタイ バンコクのスワンナプーム国際空港が近付いてきました。

着陸前には、軽食がでます。
ブルーベリージャムがたくさん入ったクリームパンですね。

丁度小腹がすいており、おいしくいただきました!

ほどなくして、バンコクのスワンナプーム国際空港に到着しました。

やっぱりプレミアムエコノミーはいいですね。

足を伸ばして浮かせた状態で寝れるので、長時間のフライトでも身体に負担がかかりにくいです。

 

SFC修行 タイ編 3回目のフライト詳細

最後に、今回の成田→バンコクの航空券、マイルおよびプレミアムポイントの詳細情報です。

搭乗便 NH807

成田空港→スワンナプーム国際空港 17:20発 22:40着

搭乗クラス プレミアムエコノミー

獲得マイル 2869マイル

獲得プレミアムポイント 4703PP

航空券価格 0円(3月26日のバンコク→成田便に含まれているため)

ANAJCBカード

SFC修行タイ編月24日(土)22:50 入国審査が長蛇の列

さて、定刻にバンコク スワンナプーム国際空港に到着しました。

ここからは時間との戦いですので、足早に入国審査に向かいます。

が、ここで誤算。。。

さすがスワンナプーム国際空港はアジア最大級のハブ空港ですね。
夜遅いのに、入国審査が長蛇の列でした

急ぐこともできないんで、ひたすら列に並んで順番を待ちます。

前回のシンガポール旅行では、到着後に入国審査を受ける前に宿泊可能なトランジットホテルに6時間泊まったので、早朝に入国審査を行いました。
そのため、この時は、一切並ばずにスムーズに入国できました。

SFC修行シンガポール編2トランジットホテルにて仮眠から2回の朝食 寺院観光へ!ANA SFC修行の一環として、弾丸シンガポール旅行に行きました。 前の記事では、関空→那覇→成田というOKAタッチを行い、成田で国際...

今回は、空港内のホテルに泊まりますが、入国審査を通過した後にあります。

ですので、ある程度予想はしていましたが、まさか30分以上ロスするとは思っていませんでした

こればかりは仕方ないですね。
その後、なんとか入国審査を通過し、両替所を探しました。

あとで調べておりましたら、このスワンナプーム国際空港では、入国審査が混むのはいつものことなんですね。

昼の混雑する時期では、1時間以上は普通にかかるようです。

夜中でしたので、両替所がほとんど閉まっていました。
そのため、レートがよいかどうかわかりませんでしたが、この後に、いまから早速タイバーツを使用する予定があります♪

また、24時間の滞在では10000円も使いませんので、わずかなレート差は誤差に過ぎません。 さっさと1万円分を両替しました

 

SFC修行タイ編月24日(土)23:30 ようやく入国 まずは空港内の格安穴場レストラン マジックフードポイント(Magic Food Point)へ

さて、もう夜中ですので、街中に繰り出すことはできません。
そのため、24:00から6時間だけ仮眠するためのホテルを予約してあります

ホテルのチェックインまで30分ほどありましたので、早速、本場のタイ料理を味わうことにしました。

ここマジックフードポイント(Magic Food Point)は、空港内の片隅にある、格安レストラン(フードコート)です。

本来は空港職員のためのフードコートですが、一般人でも利用することができます

空港内の他のレストランは、街中に比べると、どこも割高ですが、ここだけはとてもリーズナブルで、しかも24時間営業です。
ほとんどの有名なタイ料理を食べることができるので、絶対おすすめです。

 

マジックフードポイント(Magic Food Point)の場所

マジックフードポイント(Magic Food Point)は、スワンナプーム国際空港の1階にあります。

東側の奥で、8番出口の近くです。

空港職員用のため、入り口はある程度狭いのですが、大きな看板に英語表記で「AIRPORT STREET FOOD」と書かれているので、見落とすことはないと思います。

まずは食券(チケット)を買いましょう 現地通貨のタイバーツが必要です

中はフードコートになっており、多くの店が軒を連ねています。

昼間はかなり混雑しており、スーツケースなどの持ち込みが制限されることがあるようです

RANDYが訪れたときは夜中でしたので、写真のとおりガラガラでした。

入り口を入ってすぐに、食券(チケット)を買うためのカウンターがあります。

どの店も値段が安くてボリュームがありますので、一人100バーツ(多くとも200バーツ)で充分です。

なお、このチケットは、日付のスタンプが押されます。

当日しか使用できないため、残ったら必ず現金に戻してもらいましょう。

このように、チケットは、10バーツ等のチケットが束になっています。

各店で注文後、チケットを切り取って支払います。

RANDYは、さすがにそれほどお腹が空いていなかったですし、明日からは本場タイ料理を食べまくる予定でしたので、スープにしました。

注文は、中にいる店員さんに直接行います。
メニューを指で示しても伝わりますし、番号が振られているので、番号のみを伝えてもOKです

このスープの名称はよくわからなかったのですが、トロトロの豚肉と、鶏肉と、お米から作ったホウトウのような麺と、ゆで卵、厚揚げなどが入っていました。

写真を見ると、「Paste rice flour with steamed chicken/egg」と書かれていますね。

甘めのダシで味付けされており、とても胃にやさしい感じでした。

さて、バンコクに到着しました。

これから、空港内の格安ホテルにて6時間仮眠し、いよいよ弾丸旅行がスタートします。

まずは、バンコクの観光は後回しして、午前中を利用してアユタヤに向かいます!

最後までご覧いただきありがとうございました!

よろしければ続きをご覧くださいませ。

SFC修行タイ編3女性も安心!オートロック付き空港併設ホテルに宿泊 午前中に古都アユタヤ観光!こんにちは。RANDです。 ANA SFC修行の一環として、弾丸タイ旅行に行きました。 さて、成田空港にてANA国際線ラウンジを...

 

ANAJCBカード

RELATED POST