マリオットボンヴォイ宿泊記

<ロンドン・マリオット・ホテル・ケンジントン宿泊記>ケンジントン宮殿やV&A博物館へのアクセスも抜群!

こんにちは。RANDYです。9月にイギリスロンドンを訪れました。
イギリスは、ヨーロッパの中でもとても人気があり、その首都であるロンドンは、ヨーロッパ最大の大都市であるにもかかわらず、数々の世界遺産を初めとする歴史ある建物が多く残っており、世界中から観光客が訪れます。

今回、RANDYは、ロンドンの中心部「ケンジントン地区」にある「ロンドン・マリオット・ホテル・ケンジントン」に宿泊しました。

このロンドン・マリオット・ホテル・ケンジントンは、高級ホテルグループ「マリオット・ボンヴォイ」の提携ホテルであるとともに、「マリオット」ブランドのホテルであり、ロンドンを訪れる観光客にとても人気のあるホテルです。

また、ロンドンのホテルは、とても高額であり、中心部ですと、ハイシーズンでは1泊が5万円から8万円ほどすることも多いです。
そんな中、回の「ロンドン・マリオット・ホテル・ケンジントン」は、ロンドンの中でもとても閑静でありながら、ヴィクトリア&アルバート博物館やケンジントン宮殿などの人気観光地も徒歩圏内である好立地であるにもかかわらず、はるかに低価格です。

今回の滞在は、「ベストレート保証」という制度を利用しました。

この「ベストレート保証」とは、一言でいうと、公式サイトからホテルを予約した後に、24時間以内に他のサイトで安い料金で同じホテルが出ていることを申請すると、その安い料金のさらに25%オフか、安い料金にディスカウントされたえで上で5000ポイントがもらえる制度です。

今回の「ベストレート保証」を成功させた実例を、以下の記事で詳細に紹介していますので、ぜひご覧くださいませ!

<SPGアメックス>マリオットベストレート保証で宿泊代割引+5000ポイントゲット!申請方法のご紹介こんにちは。RANDYです。今回は、「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン ・エキスプレス・カード」(通称SPGアメックス)の...
<SPGアメックス>マリオットベストレート保証で大成功!驚異のホテル代60%オフ!申請方法のご紹介こんにちは。RANDYです。今回は、「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン ・エキスプレス・カード」(通称SPGアメックス)の...

また、RANDYは、SPGアメックスを所持しておりますので、最初から「マリオット・ボンヴォイ」の上級会員である「ゴールドエリート」資格を有しています。そのため、予約時から宿泊時に至るまで、上級会員としてのさまざまな特典を受けることができます。

SPGアメックス 特典とキャンペーン情報 (2021年2月) ポイントでホテルも飛行機も無料!旅行をお得に!こんにちは。RANDYです。今回は、RANDYが使用しているクレジットカードの中でも、不動のNo.1である「スターウッド プリファード ...

今回のロンドン・マリオット・ホテル・ケンジントンでの滞在は、「ゴールドエリート」としての滞在でした。

また、RANDYは、このとき、「ゴールドエリート」のさらに上である「プラチナエリート」になるための非公開キャンペーン「マリオット・プラチナチャレンジ」の最中でした。
「マリオット・プラチナチャレンジ」(プラチャレ)とは、マリオット・ボンヴォイの上級会員である「ゴールドエリート」が、より上位の「プラチナエリート」となるために、マリオット・ボンヴォイの系列ホテルにて、短期間(原則3か月)の間に16泊することをいいます。
この「プラチナチャレンジ(プラチャレ)」を達成することにより、本来年間50泊必要な「プラチナエリート」にわずか16泊でなることができ、ゴールドエリートよりも格段に優れた特典を受けることができます。

プラチナチャレンジの方法、全ホテル滞在記録、かかった費用、獲得ポイント数などを、以下の記事にまとめましたので、ぜひご覧くださいませ。

【結果発表】マリオットプラチナチャレンジの全ホテル滞在記録・アップグレード・費用まとめ【SPGアメックス】こんにちは。RANDYです。 今回、RANDYは、6月から9月までの4か月間で、高級ホテルグループ「マリオット・ボンヴォイ」のプラ...

また、当ブログでは、日本にある50を超えるマリオットボンヴォイの系列ホテルを、北海道から沖縄宮古島まで全部ご紹介しています。
ぜひご覧いただき、お気に入りのホテルを見つけるご参考にしてください。

日本全国のマリオットボンヴォイ系列ホテル一覧!北海道から沖縄まで60か所以上を全部紹介!こんにちは。RANDYです。 今回は、日本にあるマリオットボンヴォイの系列ホテルをすべてご紹介したいと思います。 日本には、北は...

それでは、この「ロンドン・マリオット・ホテル・ケンジントン」の「デラックスルーム」の客室紹介をしたいと思います。

ロンドン・マリオット・ホテル・ケンジントンの宿泊は最低価格保証の公式サイトから!
>>マリオットボンヴォイ公式サイトはこちら

マリオット公式サイトにない宿泊プランや口コミはこちらから!
>>Expediaで検索する
>>Agodaで検索する

ロンドン・マリオット・ホテル・ケンジントンの概要

最初に、ホテルの簡単な紹介です。

ロンドン・マリオット・ホテル・ケンジントンは、高級ホテルグループ「マリオット・ボンヴォイ」のグループホテルであり、同グループにおける1~8のカテゴリーのうち、カテゴリー6に属します。

所在地はイギリスの首都ロンドンのケンジントン地区であり、「Gloucester Road(グロスターロード)駅」から徒歩7分という好立地です。

ホテルの周囲には、「ケンジントン宮殿」「ケンジントン宮殿」「ケンジントン宮殿」などの著名な観光地がありますので、徒歩での観光も楽しめます。

ケンジントン宮殿は、広大な敷地内にあり、地元の人だけでなく、観光客も敷地周囲の公園に入ることができます。

こちらはヴィクトリア&アルバート博物館です。
大英博物館やナショナルギャラリーなどとともに、ロンドンを代表する博物館です。

館内には、現代美術や各国の古美術、工芸、デザインなど多岐にわたる400万点のコレクションが展示されています。

入館後すぐに、写真のような彫刻の間があり、手が触れそうなほど間近で貴重な彫刻を見ることができます。

さらに、ホテルのすぐ横には、白を基調とした閑静な住宅が並んでいます。
その中でも、ホテルの真横には、とても有名な映画監督の住んでいた家が残されています。

サスペンス映画の巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督です。

結婚後、ハリウッドに移り住む1940年まで住んでいた思い出の場所です。

このように、ケンジントン地区は、ロンドンの主要な観光地のいくつかが集まっており、いずれも「ロンドン・マリオット・ホテル・ケンジントン」から徒歩で訪問可能です。

ロンドン・マリオット・ホテル・ケンジントンにチェックイン!

ホテルに入ると、目の前に大きなカフェとレストランがあります。

こちらのレストラン「CAST IRON GRILL&BAR」は、朝食会場にもなっており、朝6時30分から深夜11時まで営業しています。

このレストランは、宿泊者でなくても利用することができます。
内装はアンティーク調に統一されており、テーブルやチェアもとてもおしゃれです。

RANDYは、翌朝、こちらで朝食をとりました。
目の前でシェフが作ってくれるキノコたっぷりのオムレツがとてもおいしく、大満足の朝食でした。
こちらは、別途記事にしたいと思います。

フロント付近には、レストラ以外にも、多くのソファやテーブルが置かれています。
どれもアンティーク調のデザインで落ち着きがあります。

こちらは簡易なパソコンコーナーです。
プリンターもありますので、地図や観光情報をプリントアウトすることができます。

創業者のマリオット氏の写真が飾られています。

チェックインカウンターは、4つほどあり、そのうちの1つは、マリオットボンヴォイのエリートメンバー用の優先カウンターでした。

RANDYが到着した際は誰もおりませんでしたので、スムーズにチェックインすることができました。

そして、ドキドキのチェックイン時の無料アップグレードは??

ありませんでした。。。

どうやら、シルバーウィークのど真ん中のロンドンでは、客室に空きがないようです。
おそらくスイートなどは埋まっていない可能性もあるかもしれませんが、ゴールドエリートでは、さすがにそこまでのアップグレードは認められないでしょう。

そして、とても残念なことに、部屋が1階でした。

昨日までの「ロンドン・マリオット・ホテル・メイダヴェール」でも無料アップグレードが叶わず、しかも2階の客室だったので、ロンドンでは二連敗です。

せっかくケンジントン地区の街並みを楽しみにしていたのに、とても残念でした。

仕方ありませんので、部屋に向かいましょう。
ホテルがとても横長なので、長い廊下を渡ります。

途中で、このような簡易なラウンジスペースがありました。

壁際には、2人がけのソファや、カウンターチェアが多数置かれています。

その奥には、何と!クッキーやフリードリンクなどが置かれていました。

ラウンジフロアが別にあるのですが、このように宿泊者全員が利用できるラウンジがあるのはとてもありがたいです。

本格的なドリップマシーンで挽きたてのコーヒーを飲むことができます。

軽食としてチョコチップクッキーが置かれていました。

日によってクッキー以外もあるのでしょうか。

コーヒーのほかに、TWININGSの紅茶が色々用意されています。

隣にはレモンもありますので、レモンティーも作れます。

こちらは焼き立てクッキーでしょうか。先ほどのクッキーを温めることもできそうですね。

他にも、牛乳、豆乳、ミネラルウォーター、炭酸水などもたっぷり用意されています。

さらに、オレンジもありました。

箱には他のフルーツの絵も書かれていますので、日によってリンゴとかもありそうですね。

さて、長い廊下がまだまだ続きます。
少し建物が古いためか、客船の船室のようなデザインです。

到着しました。
一階なので、階数はゼロです。

さっそく入室しましょう。

 

ロンドン・マリオット・ホテル・ケンジントン「デラックスルーム」の室内のご紹介

全体的に木目を基調としたアンティーク調のお部屋です。

少し古い感じがしますが、奥にオットマン付きのチェアが見えたので、嬉しくなりました。

部屋がそれほど広くなく、ベッドとテレビボードとの間が狭いです。

部屋には全体にカーペットが敷かれています。
グレーを基調とした落ち着いたデザインです。

部屋のキャンドルなども味があります。

キングサイズのベッドはとても大きくて、1人で寝るには充分な大きさです。

ベッド上には読書灯があり、間接照明にもなりそうです。

肝心の部屋からの景色ですが、予想どおり、一階なので眺望は無いに等しいです。
できればケンジントン地区の落ち着いた街並みを見下ろしたかったのですが、残念でした。

部屋の奥には、しっかりしたオットマン付きのチェアがありました。

RANDYは、オットマン大好きなので、これがあるのとないのとでは、ホテルの評価が大きく変わります。

今回は、しっかりした硬めのオットマンがありましたので、大満足です。
お風呂上がりに疲れた脚を乗せると、しばらく動けなくなります。

こちらもアンティーク調のビジネスデスクです。

広くはありませんが、とてもシンプルな作りが逆におしゃれです。

ベッドの向かいには、テレビ台とアメニティが置かれていました。

こちらも木製のアンティーク調でおしゃれです。

テレビは42インチの薄型です。

ついつい定番のマリオットチャンネルを見続けてしまいます。
まだまだ泊まってみたいホテルがたくさんあります。次回の旅行の参考にしたいと思います。

 

 

テレビの横には、無料のミネラルウォーターが置かれていました。

部屋に置かれていたのは1本だけでしたが、外出前にフロントに言えば、追加でもらえました。

ちなみに、RANDYは、マリオット ボンヴォイの系列ホテルに宿泊した際は、コースターをコレクションしています。

今回のものは、ホテル名が書かれていなかったのですが、とても綺麗なマリオット エンブレム入りだったので、いただきました。

テレビ台の下には、フリードリンクのアメニティが入っていました。

インスタントコーヒーや、紅茶のほか、「Lotus」のクッキーがありました。

このクッキーは、日本でも輸入食品のお店で買うことができます。コーヒーにも紅茶にも合うのでいつも食べます。

紅茶は、マリオットボンヴォイではおなじみのTWININGSです。

テレビ台の下は、冷蔵庫も設置されていました。

中は空っぽですので、自由に自分のものだけを入れることができ、使いやすいです。

部屋の入り口付近の大きなクローゼットには、アイロン、アイロン台、金庫、ドライヤーがありました。

そして、ズボンプレスもありました。部屋に最初から置いてあるのは珍しいですね。
観光客以外にも、ビジネス目的の宿泊客が多いのでしょうか。

こちらのドライヤーですが、残念ながらとても接触が悪く、使いづらかったです。
どうやら、コードが短すぎて、少し引っ張るだけで、コンセントとの接触が悪くなるようでした。

また、数分でスイッチが勝手に切れるタイプでしたので、頭を乾かすのがとても面倒でした。

 

【外為ジャパンFX】入金

ロンドン・マリオット・ホテル・ケンジントン「デラックスルーム」のバス・トイレ・アメニティ

そして、浴室やトイレのアメニティです。

広幅な洗面台があり、もちろんピカピカでした。

ただ、蛇口が伸びないタイプで、しかも、シンクと少し距離がありました。

そのため、手や顔を洗う際に、手がシンクの壁面に当たりやすく、使いづらかったです。

アメニティは、「ACCA KAPPA(アッカ・カッパ)」でした。

こちらは、創業150年のイタリアの老舗ブランドです。
他のホテルでも、ラウンジフロアのみに置かれているなど、とても高級なものです。

日本のホテルでは、「シェラトン都ホテル大阪」以外では見たことがありません。
なお、この「シェラトン都ホテル大阪」では、プラチナエリートとしての無料アップグレードが大成功し、最安の「コンフォートツイン」を予約していたにもかかわらず、「ジュニアスイート」に泊まることができました!
詳細は、以下の記事で紹介しておりますので、ぜひご覧くださいませ!

<シェラトン都ホテル大阪宿泊記>ジュニアスイートに無料アップグレード大成功!関西でのプラチナチャレンジにも最適!こんにちは。RANDYです。12月に大阪市天王寺区の「シェラトン都ホテル大阪」に宿泊しました。 今回は、マリオット・ボンヴォイの上...

どうやら、「マリオット」ブランドのホテルでは、この「ACCA KAPPA」を採用している場合が多いようです。
この前に滞在した「ロンドン・マリオット・ホテル・メイダヴェール」でも、「ACCA KAPPA」のアメニティが置かれていました。

<ロンドン・マリオット・ホテル・メイダヴェール宿泊記>ビートルズの聖地「アビーロード」近くのスタイリッシュホテルこんにちは。RANDYです。9月にイギリスのロンドンを訪れました。 イギリスは、ヨーロッパの中でもとても人気があり、その首都であるロン...

シャンプー、コンディショナー、シャワーゲル、シャワーキャップが置かれていました。

同じくACCA KAPPAの石鹸も置かれていました。

歯ブラシが置いていなかったので、コンシェルジュに電話して持ってきてもらいました。

海外のホテルでは、最初から歯ブラシが置いていない場合がほとんどですが、マリオットボンヴォイの系列ホテルでは、無料アメニティとしてもらうことができます。

シャワーは、浴槽とセットになっているタイプです。

驚くほど浴槽が大きく、脚を完全に伸ばして入ることができます。

ビニール製のシャワーカーテンが少し古い感じがしましたが、この大きな浴槽はとてもよかったです。

ゆっくり浴槽に浸かって、昼間の観光の疲れをとることができました。

そして、浴室に併設されたトイレです。

さすがに個室トイレではありませんし、ウォシュレットもありません。

ちなみにRANDYは、数年前から特に旅行中は必ず携帯ウォシュレットを持参します。
というのも、日本のトイレがウォシュレット付が多いのですが、海外のトイレでは、ウォシュレットがほとんどありませんし、場合によっては紙も切れているか、使い方のわからないものさえあります。
そんなときに、カバンに入る大きさの携帯ウォシュレットはとても便利です。
値段はピンキリですが、3000円ほどのものが万能でおススメです。

ロンドン・マリオット・ホテル・ケンジントン「デラックスルーム」のまとめ

以上、いかがでしたでしょうか。

今回は、ロンドンのケンジントン地区にあるロンドン・マリオット・ホテル・ケンジントンに宿泊しました。

このロンドン・マリオット・ホテル・ケンジントンは、閑静なケンジントン地区にあり、徒歩圏内に、ケンジントン宮殿やヴィクトリア&アルバート博物館など、ロンドンを代表する観光地がありますので、とても便利です。

ホテル自体は少し古い印象を受けましたが、客室だけでなく、レストランや、フロントのテーブルなども、いずれも木目を基調としたアンティーク調に統一されており、高級感がありました。

また、ロンドンのホテルは、特にシルバーウィークなどもホリデーシーズンはとても高額であり、中心部ですと、ハイシーズンでは1泊が5万円から8万円ほどすることも多いです。
そんな中、今回の「ロンドン・マリオット・ホテル・ケンジントン」は、ケンジントン地区という便利な立地でありながら、2~3万円程度であり、とてもコストメリットもありました。

ぜひ、ロンドン観光の拠点として、ご利用くださいませ!
また、ロンドンのお楽しみとして、英国王室御用達のカフェやアイテムを購入することがおススメです。
RANDYは、今回のロンドンの滞在中、エリザベス女王からの「英国王室御用達(ロイヤルワラント、Royal Warrant)」の称号を得ているカフェ「H.R.Higgins(H.R.ヒギンス)」を訪問し、カフェを楽しみ、お土産にコーヒー豆とフレーバーティーを購入しました。
とても安く、お得に王室御用達の味を楽しむことができますので、おすすめです!

<ロンドン・H.R.ヒギンス>英国王室御用達(ロイヤルワラント)の絶品コーヒーこんにちは。RANDYです。9月にイギリスのロンドンを訪れました。 イギリスは、ヨーロッパの中でもとても人気があり、その首都であるロン...

また、RANDYは、ロンドンにて、アメックスゴールドの特典を利用し、毎晩の夕食代金を20%オフにすることができました。
アメックスゴールドには、年会費に見合った素敵な特典がたくさんありますので、ぜひご興味のある方は、以下の記事をご覧くださいませ!

https://randy-blog.com/travel-overseas/amexgold-benefit-invites

https://randy-blog.com/creditcard/amex-airport-delivery-service

<2021年2月最新版>アメックスグリーンとゴールドはどちらがおすすめ?はじめてアメックスを検討されている方へこんにちは。RANDYです。「アメリカン・エキスプレス・カード」(通称アメックス)は、誰もが知るハイステータスカードです。 アメックス...
<アメックスゴールド>海外旅行も食事も最大限楽しむならアメックスゴールドで間違いなし!こんにちは。RANDYです。社会人になって数年を経過するころ、そろそろ年会費無料のクレジットカードや一般カードだけでは満足できず、ゴール...
<アメックスのゴールドカードはどれがおすすめ?>人気の3種 アメックスゴールド、SPG、スカイトラベラープレミアを徹底比較!こんにちは。RANDYです。「アメリカン・エキスプレス・カード」(通称アメックス)は、誰もが知るハイステータスカードです。 アメッ...

ロンドン・マリオット・ホテル・ケンジントンの宿泊は最低価格保証の公式サイトから!
>>マリオットボンヴォイ公式サイトはこちら

マリオット公式サイトにない宿泊プランや口コミはこちらから!
>>Expediaで検索する
>>Agodaで検索する

(おまけ)マリオット・ボンヴォイにはSPGアメックスで宿泊代金が大幅に安くなる制度があります!

高級ホテルグループ「マリオット・ボンヴォイ」には、「ベストレート保証」という制度があります。

この「ベストレート保証」とは、一言でいうと、公式サイトからホテルを予約した後に、24時間以内に他のサイトで安い料金で同じホテルが出ていることを申請すると、その安い料金のさらに25%オフか、5000ポイントがもらえる制度です。

他のサイトの最安値からさらに25%オフ または 5000ポイント

RANDYは、この「ベストレート保証」を利用して、シェラトン沖縄サンマリーナリゾートに宿泊した際、元々の公式サイトの宿泊代金から、最終的に60%オフという破格のディスカウントを受けて、家族4人で宿泊することができました。

この「ベストレート保証」は、誰でも利用することができます。
ただし、「ベストレート保証」を成功させるためには、少しだけコツが必要です。

そのような「ベストレート保証」を成功させた実例を、以下の記事で詳細に紹介していますので、ぜひご覧くださいませ!

<SPGアメックス>マリオットベストレート保証で大成功!驚異のホテル代60%オフ!申請方法のご紹介こんにちは。RANDYです。今回は、「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン ・エキスプレス・カード」(通称SPGアメックス)の...
<SPGアメックス>マリオットベストレート保証で宿泊代割引+5000ポイントゲット!申請方法のご紹介こんにちは。RANDYです。今回は、「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン ・エキスプレス・カード」(通称SPGアメックス)の...

(おまけ)マリオット・ボンヴォイではSPGアメックスで無料アップグレードなどの豪華特典あり!

SPGアメックススターウッド プリファード ゲスト アメリカン ・エキスプレス・カード)は、本家アメリカンエキスプレス・インコーポレイテッドが発行するクレジットカードであり、唯一のホテル系のクレジットカードです。

SPGアメックスを所持していることにより、たとえば、

・ホテルグループ 「マリオットボンヴォイ」のゴールドエリート資格

ANAJALを含む40社以上の航空会社のマイルと交換できるポイント制度

・カード継続時に1泊4万円以上の超高級ホテルに宿泊できる無料宿泊特典

・空港ラウンジの利用、スーツケース無料宅配サービス、手厚い海外旅行保険

などなどの数え切れないほどの優れた特典があります。

SPGアメックス 特典とキャンペーン情報 (2021年2月) ポイントでホテルも飛行機も無料!旅行をお得に!こんにちは。RANDYです。今回は、RANDYが使用しているクレジットカードの中でも、不動のNo.1である「スターウッド プリファード ...

中でも、「マリオット・ボンヴォイ」のゴールドエリート資格が得られる特典は、SPGアメックスの最大の特典です。

「ゴールドエリート」会員は、ホテル宿泊時に以下の特典が得られます。

「ゴールドエリート」で得られる特典

・エリート専用予約ライン

25%ポイントボーナス

・客室アップグレード

・14時までのレイトチェックアウト

・ウェルカムギフト(ポイント)

です。

ただし、ゴールドエリート資格を得るためには、通常であれば、年間25泊以上する必要があります。

しかし、このような上級会員資格が、SPGアメックスを持っているだけで得られるのです!

RANDYが以前宿泊した「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」では、ゴールドエリート資格によって、もっとも安い低層階(2~4階)の眺望が制限されている「パーシャルツイン」を予約したにもかかわらず、

スイートの次に高額な、高層階(8階)の絶景「ハイフロアデラックス」に無料でアップグレードされました!

このハイフロアデラックスは、沖縄の海の真正面であり、8階でしたので、毎日、真っ青な海を眺めることができました。

ほかにも、ゴールドエリートの特典で、「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」では、駐車場が無料になりました。

ですので、「マリオット・ボンヴォイ」のグループホテルに宿泊する際は、必ずSPGアメックスを事前に所持し、最初からゴールドエリート資格を取得するのが絶対にお得です。

現在、アメリカン・エキスプレスでは、SPGアメックスに関して、30,000ポイントが獲得できる新規入会キャンペーン中です。

そして!当ブログからの紹介でSPGアメックスに入会された場合、

合計39,000ポイント

が得られます!

39,000ポイントあれば、初年度から「軽井沢マリオットホテル」や「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」などの高級ホテルに無料宿泊することができます。

SPGアメックスにご興味のある方は、以下のリンク(公式サイト)をご確認くださいませ。当ブログからの紹介扱いとなり、バナー広告等から入会するよりも最もお得にご入会いただけます。

SPGアメックスお申込ページ(公式サイトへ移動)

入会方法でお困りの方は、以下の記事で、最大39000ポイントを確実に得るための手順を写真付きで分かりやすくご説明しております。
ぜひご覧くださいませ。

<SPGアメックス>入会方法完全ガイド!審査申込から確実に39000ポイントを得るための手順をご紹介!これでマリオットボンヴォイのゴールドエリートに!こんにちは。RANDYです。 当ブログでは、これまでマリオット・ボンヴォイの系列ホテルに関する宿泊記を多数ご紹介しております。 ...

ぜひ紹介キャンペーンを利用して、お得にご入会くださいませ。

LION FX ヒロセ通商

(おまけ)ゴールドエリートのさらに上のステータスを目指すなら。。。

「マリオット・ボンヴォイ」の会員ステータスは、「一般」、「シルバーエリート」、「ゴールドエリート」、「プラチナエリート」、「チタンエリート」、「アンバサダーエリート」の6種があります。

これらの中でも、SPGアメックスを所持することによって自動的に得られる「ゴールドエリート」では、毎回の宿泊によって得られるポイントが増えたり、レイトチェックアウトすることができたり、無料で客室アップグレードされる等の優れた特典が得られます。

そして、「ゴールドエリート」の上位である「プラチナエリート」では、スイートルームを含む部屋にアップグレードされたり、VIPラウンジを利用できたり、さらなるレイトチェックアウトが認められたり、通常は数千円を要する朝食が無料であったり等、「ゴールドエリート」からさらに一線を画した素晴らしい特典が得られます。

ただし、「ゴールドエリート」の上位である「プラチナエリート」資格を得るためには、1年間に50泊の宿泊実績が必要です。

ただし、マリオット・ボンヴォイには、非公開のキャンペーンとして、

プラチナチャレンジ

というキャンペーンがあります。

この「プラチナチャレンジ」をうまく利用すれば、「プラチナエリート」資格を獲得することが可能です。

「プラチナチャレンジ」では、チャレンジ期間が限定されています。
通常は、チャレンジ期間は3か月なのですが、最大で4か月まで延長する方法があります。
そのような方法を、以下の記事で紹介しておりますので、ご興味のある方は、ぜひご覧くださいませ!

<マリオットプラチナチャレンジの新常識>チャレンジ期間を4か月にする方法<SPGアメックス>こんにちは。RANDYです。高級ホテルグループ「マリオット・ボンヴォイ」では、宿泊数に応じてステータスが付与されます。 「マリオッ...

また、プラチナチャレンジの方法、全ホテル滞在記録、かかった費用、獲得ポイント数などを、以下の記事にまとめましたので、ぜひご覧くださいませ。

【結果発表】マリオットプラチナチャレンジの全ホテル滞在記録・アップグレード・費用まとめ【SPGアメックス】こんにちは。RANDYです。 今回、RANDYは、6月から9月までの4か月間で、高級ホテルグループ「マリオット・ボンヴォイ」のプラ...

 

ANAJCBカード

RELATED POST