空港ラウンジ紹介

<ストックホルム アーランダ空港>スカンジナビア航空 SASゴールドラウンジ・SASラウンジのご紹介

こんにちは。RANDYです。今回は、スウェーデンストックホルムにある国際空港「アーランダ空港」の、スカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System, SAS)「SASゴールドラウンジ」「SASラウンジ」をご紹介します。

スウェーデンは、日本でも人気のある北欧4か国の1つでもあり、その首都であるストックホルムは、ノーベル賞の授賞式が行われることでも有名です。
RANDYは、会社の出張で4日間ほど滞在しましたが、ストックホルムはとても魅力にあふれる街でした。
首都であるにもかかわらず、大都市という印象はあまりなく、徒歩圏内に中世ヨーロッパを彷彿とさせる旧市街「ガムラスタン」が残っていたり、おしゃれな北欧の建築物が多数あり、とても人気のある観光地です。

なお、ストックホルムでは、ストックホルムの中心地にある「シェラトン・ストックホルムホテル」と、少し郊外にある「コートヤード・ストックホルム・クンシュホルメン」に宿泊しました。
どちらもSPGアメックスを保有していることにより、最安の部屋を予約したにもかかわらず、上層階の、よりランクの高い客室に無料アップグレードしてもらうことができました!
以下の記事で詳細に紹介しておりますので、ぜひご覧くださいませ!

<シェラトン・ストックホルムホテル宿泊記>ストックホルム駅から徒歩3分!旧市街ガムラスタンも徒歩圏内のラグジュアリーホテルこんにちは。RANDYです。9月にスウェーデンのストックホルムを訪れました。 スウェーデンは、日本でも人気のある北欧4か国の1つでもあ...
<コートヤード・ストックホルム・クンスホルメン宿泊記>観光へのアクセスもバッチリ!緑に囲まれたおしゃれなホテルこんにちは。RANDYです。9月にスウェーデンのストックホルムを訪れました。 スウェーデンは、日本でも人気のある北欧4か国の1つでもあ...

なお、SPGアメックスは、アメックスの中でも唯一のホテル系クレジットカードであり、魅力あふれる特典が満載です。
ご興味のある方は、ぜひご検討くださいませ!

SPGアメックス 特典とキャンペーン情報 (2021年2月) ポイントでホテルも飛行機も無料!旅行をお得に!こんにちは。RANDYです。今回は、RANDYが使用しているクレジットカードの中でも、不動のNo.1である「スターウッド プリファード ...

そして、この「アーランダ空港」は、ストックホルムの中心からとてもアクセスがよく、便利な立地です。
ストックホルム「アーランダ空港」へは、「ストックホルム中央駅」から、高速列車の「アーランダエキスプレス」が便利です。ノンストップの約20分で「アーランダ空港」に到着します。

ストックホルムをはじめとする北欧では、スカンジナビア航空がとても便利です。
スカンジナビア航空は、ANAと同じスターアライアンスに所属しています。

RANDYは、ANAの上級会員であるSFC(スーパーフライヤーズカード)を持っていますので、ANAが所属する航空連合「スターアライアンス」のゴールドメンバーです。
そのため、同じスターアライアンスに属するスカンジナビア航空のラウンジも利用することができます。

SASゴールドラウンジやSASラウンジは、いずれもとてもゆったりとした大規模なラウンジで、北欧名物のスモークサーモンや、スウェーデン発祥のライ麦パン「クネッケブロート」などをいただくことができます。

スカンジナビア航空のSASゴールドラウンジは、はじめて利用しましたが、とてもクオリティが高く、大満足の滞在となりました!
ウィーン空港のオーストリア航空ラウンジもとてもおしゃれでシャワー室や仮眠室も完備された素晴らしいラウンジでしたが、このSASゴールドラウンジやSASラウンジも負けてはいません。

<ウィーン空港>オーストリア航空ラウンジは短時間の乗継でも充分楽しめましたこんにちは。RANDYです。9月にヨーロッパを訪問しました。 目的地はロンドンだったのですが、乗り継ぎのために、オーストリアのウィーン...

なお、アジアではRANDYの一押しは、ダントツでシンガポール航空の「シルバークリスラウンジ)です。これまでシルバークリスラウンジで、満足しなかったことはありません。
たとえば、台湾の台北にある桃園空港のシルバークリスラウンジは、大規模で、豪華なホットミールがたくさん用意されているだけでなく、シャワー室も完備されています。

<桃園空港ラウンジ>シンガポール航空のシルバークリスラウンジは穴場おすすめラウンジこんにちは。RANDYです。6月に台湾・台北を訪問しました。 その際、桃園空港(臺灣桃園國際機場、Taiwan Taoyuan I...

また、バンコクのスワンナプーム空港のシルバークリスラウンジは、豊富なホットミールやドリンクサービスに加え、フレッシュなココナッツジュースも飲めますし、定番のハーゲンダッツアイスクリームも食べ放題です。さらに、シンガポールに行かずとも、名物のカヤトーストを食べることができるのがうれしい!

<シルバークリスラウンジ>バンコク スワンナプーム空港でカヤトーストを食べる!こんにちは。RANDYです。 今回は、アジアを代表する巨大空港であるバンコク スワンナプーム空港にあるスターアライアンスの提携ラウ...

ほかにも、香港のするバークリスラウンジも、大きなバーラウンジがあったり、スタッフに注文してから作られる、出来立て熱々のラクサを食べることができますので、おすすめです。

<香港空港ラウンジ>シンガポール航空のシルバークリスラウンジが超おすすめこんにちは。RANDYです。 今回は、日本からも近くてとても人気の観光地、香港にある香港国際空港の、スターアライアンスの提携ラウン...

今回のスカンジナビア航空のSASゴールドラウンジやSASラウンジは、アジアらしさはほとんどありませんが、北欧らしいおしゃれな雰囲気や食事はとてもおすすめです!
それでは、詳細にご紹介します。

 

【DMM FX】入金

Contents

ストックホルム・アーランダ空港のスカンジナビア航空「SASゴールドラウンジ」、「SASラウンジ」の場所

スカンジナビア航空の「SASゴールドラウンジ」、「SASラウンジ」は、アーランダ空港の国際線ターミナル5にあります。保安検査後の1番ゲート付近から、エレベーターで4階に上がります。

エレベーターを降りると、目の前にラウンジの入り口があります。
奥に、SASゴールドラウンジとSASラウンジがあります。

ストックホルム・アーランダ空港のスカンジナビア航空「SASゴールドラウンジ」、「SASラウンジ」の営業時間・入室条件

SASゴールドラウンジ、SASラウンジの営業時間は、

正確には決まっていません。

その日の最初のフライトの60分前(午前5時ごろ)に営業が開始し、

その日の最後のフライトの30分前に営業が終了します。

そのため、早朝便でも深夜便でも利用することができますので、とても便利です。
ただし、夜中は閉まりますので、ホテルのように使うことはできませんのでご注意ください。

SASゴールドラウンジ、SASラウンジには、

・スターアライアンスゴールドメンバー

・スターアライアンス加盟航空会社のビジネスクラス以上の利用者

であれば利用することができます。
ですので、SFC修行を終えて「スターアライアンスゴールドメンバー」になることができましたら、利用することが可能です。

 

なお、SFC修行とは、ANAの上級会員であるSFC(スーパーフライヤーズカード)会員になるために、1年間で50000プレミアムポイントを貯めることを言います。
SFC修行にご興味のある方は、以下の記事で詳細に紹介しておりますので、ぜひご覧くださいませ!

【2021年にSFC修行をされる方へ】ANA スーパーフライヤーズカード(SFC)会員の特典、SFC入会方法を徹底解説!こんにちは。RANDYです。 今回は、2021年にSFC修行をされる方や、そもそもSFCとは何かよく分からない方に向けて、SFC(スー...
【保存版】2021年 SFC修行 おすすめ国内線・国際線フライトプラン まとめこんにちは。RANDYです。今日は、2021年にSFC修行をされる方のために、おすすめのフライトプランを紹介いたします。 というの...
SFC修行 全16フライトのフライトプランまとめ プラチナメンバーまでの道のりをすべて紹介します!こんにちは。RANDYです。2018年にANAのSFC修行を行い、無事にSFC会員になることができました。 おおまかには、弾丸シン...
SFC修行でアジア路線を利用するなら!プレミアムエコノミーが絶対おススメ!こんにちは。RANDYです。国際線を利用して、ANAの上級会員(SFC会員)になるためにSFC修行を行うにあたり、どの搭乗クラスを選択す...

晴れてSFC会員になることができれば、今回のように、スターアライアンスのゴールドメンバーとして、一生涯にわたり、上級会員として無料で様々なラウンジを利用できたり、優先搭乗やボーナスマイルなどの数々の特典を受けることができます!

スターアライアンスゴールドメンバーの特典・メリットを徹底解説!世界中の空港ラウンジを利用可能こんにちは。RANDYです。飛行機に乗るとき、航空会社の名前(たとえば全日空(ANA)等)だけでなく、「スターアライアンス」等の名前も聞...

SFC修行として、RANDYが実際に行った修行ルートは、以下に詳細に紹介しています。
かなり効率的にプレミアムポイントを貯めることがができ、時間のあまりない方にもおすすめです。

SFC修行シンガポール編1OKAタッチからのプレミアムエコノミーでチャンギへこんにちは。RANDYです。 RANDYは、ANAの上級会員になるためのSFC修行の一環として、弾丸シンガポール旅行に行きました。...
SFC修行タイ編1現地滞在24時間の弾丸旅行 出国前の沖縄那覇のOKAタッチこんにちは。RANDYです。 ANA SFC修行の一環として、弾丸タイ旅行に行きました。 この弾丸タイ旅行は、現地滞在時間が24...
シドニータッチ(SYDタッチ)のご紹介 ANA SFC修行 半日でシドニー観光を網羅するおすすめ最短ルートこんにちは。RANDYです。 今回は、シドニーを半日で完全網羅するおすすめ観光ルート(SYDタッチ)を提案したいと思います。 ...

なお、このSASゴールドラウンジは、プライオリティパスでは入室できませんので、ご注意ください!
「プライオリティパス」とは、世界130か国の1200を超える空港に設けられた豪華ラウンジを利用することのできるサービスです。
通常は、年会費を支払って取得することができますが、一部のクレジットカードを所持していることにより、このプライオリティパスの年会費を支払わなくても、プライオリティパスを取得することができます。

たとえば、RANDYは、アメックスゴールドを所持しています。
アメックスゴールドを所持していれば、このようなプライオリティパス・メンバーシップに、年会費無料で登録することができます!
そして、アメックスゴールドの場合、年2回までは、無料でラウンジを利用することができます!

そのため、今回、RANDYは、アメックスゴールドを所持していることにより発行できたプライオリティパスを利用して、バンコクのスワンナプーム空港にあるオマーン航空ラウンジに入室することができました。

<バンコク スワンナプーム空港>プライオリティパスで超快適なオマーン航空ラウンジへ!こんにちは。RANDYです。今回は、珍しくスターアライアンスゴールド のラウンジではなく、プライオリティパスで入室できるラウンジのご紹介...

なお、プライオリティパスの無料取得を含め、アメックスゴールドには数々の優れた特典があります。

ご興味のある方は、以下の記事で詳細に紹介しておりますので、ぜひご覧くださいませ。

<アメックスゴールド>海外旅行も食事も最大限楽しむならアメックスゴールドで間違いなし!こんにちは。RANDYです。社会人になって数年を経過するころ、そろそろ年会費無料のクレジットカードや一般カードだけでは満足できず、ゴール...
<アメックス2枚持ちのメリットは?>アメックスゴールドとSPGアメックスで特典を最大化!こんにちは。RANDYです。「アメリカン・エキスプレス・カード」(通称アメックス)は、誰もが知るハイステータスカードです。 それぞ...

https://randy-blog.com/creditcard/priority-pass-for-family-amexgold

https://randy-blog.com/creditcard/amex-airport-delivery-service

https://randy-blog.com/travel-overseas/amexgold-benefit-invites

なお、アメックスゴールドへのご入会は、紹介制度を利用することが最もお得なのですが、当ブログでは、以下のリンクより、公式サイトへ移動して入会すれば、紹介制度と利用して入会する場合と、まったく同じ条件で、お得に入会することができます。
RANDYに個人情報などが送信されることは決してありませんので、ご安心くださいませ。

アメックスお申込ページ(公式サイトへ移動)

ストックホルム・アーランダ空港「SASゴールドラウンジ」、「SASラウンジ」の概要

エレベーターを降りて左側が、SASゴールドラウンジです。
一方、右側がSASラウンジです。
前にはコンシェルジュもいますが、直接、ゲートにフライトチケットをかざすことにより入室することができます。

なお、シャワー室の有無や、キッズスペースの有無を除き、食事サービスはSASゴールドラウンジとSASラウンジでほぼ同じです。

 

SASゴールドラウンジのラウンジ内

SASゴールドラウンジ内はとても広く、いくつものエリアに分かれています。
各エリアには、ソファやテーブルがたくさん配置されています。
この点はSASゴールドラウンジの方が、SASラウンジよりもよいですね。

とてもリラックスできそうです。長時間のフライト前や、長い乗り継ぎの待ち時間にも利用しやすいです。

1人掛けのソファが大きな窓側に配置されており、離発着する各国の飛行機を眺めることができます。

1つ1つの家具にも北欧らしさが出ているように感じます。
なんというか、フォルムが独特です。

どの座席もとてもゆったりと設けられています。
とても清潔感があり、居心地抜群です。

よく見ると、椅子の下にUSBケーブルのタップとコンセントがあります。
コンセントの形状は日本のものとは異なりますが、USBタップがあれば、スマートフォンなどの充電もできますね。

窓側に配置されたカウンターテーブルには、二台のパソコンが設置されています。

プリンターにも接続されていますので、簡単な調べ物などにも便利です。

 

SASラウンジのラウンジ内

一方、SASラウンジ内は、SASゴールドラウンジよりは小規模ですが、狭くはありません。こちらもいくつものエリアに分かれています。

各エリアには、比較的簡易なテーブルや椅子がたくさん配置されています。

短時間の滞在でしたら、SASラウンジの方が居心地がよいかもしれません。
さきほどのSASゴールドラウンジは、ソファなどが気持ち良すぎて、ついつい長居してしまいます。

 

ストックホルム・アーランダ空港のスカンジナビア航空「SASゴールドラウンジ」には、シャワー室があります!

SASゴールドラウンジには、シャワー室が完備されています。
利用には、ラウンジ入口にてコンシェルジュにその旨を伝えます。

パスポートとチケットを提示すると、スタッフがドアを開けてくれます。

今回は時間の関係上、利用することができませんでしたが、これから長時間のフライトが控えている場合などには、ぜひ利用したいと思います。

やはりSASゴールドラウンジは、比較的空き時間の長い方におススメかもしれません。
シャワーを浴びて、快適なソファでのんびりしたり、食事をいただけます。

ストックホルム・アーランダ空港のスカンジナビア航空「SASラウンジ」には、キッズスペースがあります!

SASラウンジは、SASゴールドラウンジよりもカジュアルな印象のラウンジです。
キッズスペースもありますので、ファミリー層にも適しています。

キッズスペースには、いくつかぬいぐるみやキャラクターもののクッションなどが置かれており、幼児というよりは赤ちゃんを連れたファミリー層に向いているように思います。

 

ストックホルム・アーランダ空港のスカンジナビア航空「SASゴールドラウンジ」の食事サービス

ストックホルム・アーランダ空港のSASゴールドラウンジやSASラウンジでは、充分な食事サービスがあります。
乗り継ぎ時にお腹が空いていても、早朝や深夜などでは、あまりレストランが開いていない場合があります。
そのような場合であっても、SASゴールドラウンジやSASラウンジでは、ブッフェ形式の食事をいただくことができます。

まず最初に、こちらのトマトスープが、とってもおいしかったです。
トマトの味がとても濃厚です。
おそらくホールトマトを使って長時間かけて作られているように思います。

フランスパンなどのシンプルなパンや、サラダともとても合います。

スウェーデンといえば、サーモンです。
とても大きなスモークサーモンがあります。

RANDYは、サラダボウルにグリーンサラダを盛り付けて、サーモンをトッピングしました。
トマトスープとの相性もばっちりです。

サラダ類も豊富です。たっぷりのミニトマトや、ブロッコリー、茹でたニンジンなど、色合いも綺麗ですね。

葉物もキャベツやレタスだけでなく、色々とミックスされています。

こちらは、サラダにかけるドレッシングやシーズニングです。
バジルや白ゴマ、ヒマワリの種など、ヘルシー志向なシーズニングが用意されています。

こちらはチーズのスライサーです。
初めてみましたので、最初、使い方がよくわかりませんでした。

上のハンドルを回し、好みの厚みにチーズをスライスできます。

 

ストックホルム・アーランダ空港のスカンジナビア航空「SASゴールドラウンジ」のおすすめ!
スウェーデンでしか食べられないライ麦パン「クネッケブロート」

SASゴールドラウンジやSASラウンジには、食パンやフランスパンなども数種類用意されています。

中でも、RANDYの一押しは、スウェーデン発祥のライ麦パン「クネッケブロート」です!

ストックホルムには4日間滞在しましたが、このクネッケブロートが最高においしいんです。
ホテルの朝食会場だけでなく、どこのレストランに行ってもかならずあります。
ライ麦パンですので、とてもヘルシーですし、何よりも、カリカリでとってもおいしいです。

直径30センチほどの大きな状態で提供されている場合もあり、各自で手づかみで割って持っていきます。
1枚丸々でも難なく食べれるほどおいしいです。

濃厚なトマトスープやサラダともとても合います。

 

ストックホルム・アーランダ空港のスカンジナビア航空「SASゴールドラウンジ」の豊富な軽食・ドリンクサービス

SASゴールドラウンジやSASラウンジには、豊富なドリンク類が準備されています。
特に、ワインやウォッカ、ウイスキーなどの種類が豊富です。

冷蔵庫には、ミネラルウォーターやスパークリングウォーターも置かれています。

各種ソフトドリンクやミネラルウォーターなどが置かれています。
ほかにも、瓶ビールやアルコール類を割るための炭酸水なども多くあります。

先ほどのリキュール類と合わせて自由にカクテルなどを調製できます。

フレッシュオレンジジュースのほかに、ビールのサーバがあります。

この「NORRLANDS GULD」というビールは、スウェーデンでとても有名です。
「NORRLANDS」はスウェーデン北部、「GULD」はゴールドという意味です。

トナカイやスウェーデン北部の景色の描かれたデザインもおしゃれですね。

こちらは全自動のコーヒーメーカーです。
その場でコーヒー豆が挽かれますので、いつでも新鮮な香り豊かなコーヒーをいただけます。

ストックホルム滞在中に飲んだコーヒーは、ホテルでも街中のカフェでも、どこで飲んでも不思議とおいしかったです。
こちらで飲んだカフェラテもとてもおいしかったです。

ティーバッグは、Liptonです。
イングリッシュブレックファストや、アールグレイ、カシスなどのフレーバーティーも豊富です。

ラウンジ内には、いくつかの場所に、フルーツやクッキーなどのスナックが置かれています。

堅めのポテトチップスや、細長いプレッツェルのようなスナックがあります。

北欧では、この形状のプレッツェルをよく見ます。
ストックホルムで宿泊したシェラトンストックホルムのラウンジでも置いてありました。

クッキーも3種類あります。
しっかりした食事ではなく、カフェのような利用にも便利です。

また、フード類の置かれたエリアから離れた位置に座っていても、すぐに取りに行くことができます。

ソフトドリンクは、各自で自由に調製できます。

個人的にはLingonという味のジュースを初めて飲みました。
リンゴンベリー(Lingonberry)は、スウェーデンが原産の果物のようです。

程よく酸味が効いていておいしいです。

 

ANAJCBカード

ストックホルム・アーランダ空港のスカンジナビア航空「SASゴールドラウンジ」の盛り付け例

最後に、盛り付け例を載せています。
あまりお腹が空いていませんでしたが、SASゴールドラウンジとSASラウンジの両方で、ほとんど同じものを食べました。
というのも、スモークサーモンのサラダがめちゃくちゃおいしかったですし、ライ麦パン「クネッケブロート」も外せなかったためです。

海外旅行中は、野菜が不足しやすいため、2回ともグリーンサラダをとりました。
これでフライト前にビタミン補給が完了です。

このように、SASラウンジ内のフォークやナイフは、木製です。
おそらく、廃材を利用していると思いますので、エコといえばエコですね。

ちなみにSASゴールドラウンジのフォークやナイフは金属製でした。

 

EPOSカード

ストックホルム・アーランダ空港のスカンジナビア航空「SASゴールドラウンジ」、「SASラウンジ」のまとめ

以上、いかがでしたでしょうか。

今回の「SASゴールドラウンジ」「SASラウンジ」は、さすが北欧を代表するスカンジナビア航空のラウンジだけあって、もとても大きな敷地面積を誇っており、サービスもとても充実しています。
「SASゴールドラウンジ」「SASラウンジ」の食事サービスはほとんど同じです。

シャワー室の有無やキッズスペースの有無が異なるのみのように思います。
また、どちらかいうというと、SASゴールドラウンジの方がゆったりとしたソファの配置などになっており、長時間の滞在にも向いているのに対し、SASラウンジは、カフェのような簡易な作りなので、短時間の滞在に向いているように思います。

食事サービスは、どちらもほとんど同じで、すばらしいです。
特に、やはり北欧で食べるスモークサーモンライ麦パン「クネッケブロート」はおいしいですね。

スターアライアンスのゴールドメンバーであればいつでも利用できますし、朝6時から深夜までほぼ一日のいつでも利用することができますので、大変おすすめです。

特に、北欧を離れる前に、最後に北欧の雰囲気を楽しむために、ぜひご利用くださいませ!

 

【DMM FX】入金

RELATED POST